就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳が難しいと感じるママへ。解決策やサポートグッズを紹介

添い乳が難しいと感じるママへ。解決策やサポートグッズを紹介

赤ちゃんをずっと抱っこしながら授乳していると、だんだんと腰が痛くなってくることがありますよね。前かがみになりやすいので首や肩が凝ってくることも。授乳時間は赤ちゃんとの触れ合いであると同時にママのリラックスタイムです。親子で気持ちよく過ごせるような添い乳の方法や工夫、便利なグッズをご紹介します。

新生児からできる!添い乳について知ろう

添い乳ってどんな授乳方法?

添い乳とは、ママが寝ながら赤ちゃんと向かい合っておっぱいをあげる授乳方法です。横向きになった赤ちゃんがおっぱいを吸いやすいようにママが腕枕してあげたり赤ちゃんの頭の下にタオルや枕を敷いたりして調節しながら、お互いにストレスがかからない位置を探し出していきます。

慣れてくると手軽で便利だというママも多いですが、窒息の危険などのデメリットもあり、赤ちゃんの性格やママの体形や寝方、考え方などにより必ずしもそれが合っているとは限りません。けれども、忙しい育児中に添い乳をしたらかなり楽になったという声もよくあり、夜間だけ取り入れているママは多いようです。

添い乳には賛否両論がありますが、メリットデメリットをよく理解した上で、行いましょう。

添い乳のメリットはなに?

この授乳スタイルのメリットはママの体が楽なことでしょう。一日に何度も赤ちゃんを抱っこして授乳していると腕も疲れ肩が凝り、長時間座っていると腰も痛くなってきます。

寝ながら授乳すれば体の辛さが和らぎ、疲れが癒されますよね。ママの体の痛みが緩和されれば授乳中の赤ちゃんとのコミュニケーションもより充実するでしょう。

寝かしつけるのにも便利です。抱っこで寝かしつけた後に布団に寝かせようとすると起きてしまうことがありますが、寝ながら授乳すればそのままですみます。

夜中の授乳でも、ママは布団から出ないので労力が少なくなります。赤ちゃんもママと同じ布団でママの体温や匂いに包まれながら眠れるので、赤ちゃんの情緒が安定しやすいのです。

添い乳のデメリットはなに?

添い乳のデメリットは窒息の危険があることです。ママが寝てしまい赤ちゃんに覆いかぶさってしまうと大変危険ですし、げっぷをさせないで寝ると睡眠中におっぱいを喉に詰まらせる可能性もあります。

添い乳は寝かしつけが楽ですが、おっぱいをやめたときにほかの入眠方法を探す必要があります。また、おっぱいのくわえ方が浅くなりがちで、少しずつしか飲めずに満腹感がないので、眠りが浅くなり夜泣きして、なかなか夜まとめて眠りにくくなることがあります。

同じ向きで授乳するので、乳腺も同じところだけ多く吸われて、吸われないところが詰まって乳腺炎を起こすこともあります。そのほかにも、吐いたおっぱいが耳に流れて中耳炎を起こしたり歯が生えてくれば虫歯の心配があったりします。

添い乳が難しい場合の解決策とは

最初は吸い付くのが下手。練習あるのみ

添い乳は乳首を浅くくわえがちなので、まずは深く吸いつく練習をしましょう。ポイントは赤ちゃんとママがお互いに横向きになって向かい合い密着することです。

赤ちゃんの背中を抱いて、顔だけおっぱいを向くのではなく、体ごと横向きになるようにします。吸い付く練習としては、ママが赤ちゃんの頭をもって、口に乳首を近づけてあげるのもよいですが、新生児でもおっぱいに吸い付く本能があるので、近づくのを待ってみるのもよいでしょう。

赤ちゃんは、おっぱいに近づくと口を大きく開けるので、そのタイミングで乳首を乳輪まで深く含ませてあげるとうまくいきます。上下の唇がめくれていると深く吸えているということです。もし唇が中に入っていたらママがやさしく指でめくってあげるとよいですよ。

赤ちゃんとママの授乳姿勢に気をつけよう

向かい合ったときに赤ちゃんの位置が低いとうまくおっぱいに吸い付けませんので、ママが腕枕をして吸い付ける位置まで赤ちゃんの頭を上げてもよいでしょう。ママの腕がしびれてしまうときは、枕やタオルで赤ちゃんの位置を調節してもよいですね。

ママも枕を使うと、赤ちゃんがよく見えてきちんと吸えているか確認しやすいだけでなく、コミュニケーションも取りやすく疲れにくいです。ママは自分の枕の下に床側の腕を曲げて入れるとしびれにくいですよ。

上側のおっぱいは慣れないと授乳しにくいですし、赤ちゃんに覆いかぶさって窒息させる可能性があります。ママが赤ちゃんの反対側に寝直して授乳するか、一回ごとに左右違うおっぱいで授乳して、片方のおっぱいに偏らないようにしましょう。

嫌がる場合は普通の授乳スタイルで!

赤ちゃんによっては添い乳を嫌がることがあります。横向きに寝ながらだとおっぱいを吸いにくい子もいますし、抱っこでおっぱいを飲むのが好きで寝かされるのは嫌な子もいます。

添い乳を始めたばかりは、赤ちゃんがいつもと様子が違うことで嫌がる場合もありますが、そのうち慣れることも多いです。けれどもいつまでたっても慣れずに嫌がる場合は、普通の授乳スタイルにした方がよいでしょう。添い乳だと寝かしつけが楽という意見も多いですが、抱っこでないと寝ない子もいます。

何度か試しても赤ちゃんが嫌がるときは、赤ちゃんなりの、されると不快なことがあるかもしれません。無理に続けると、ママの負担がよけいに大きくなる場合があるので、赤ちゃんの様子を見ながら行いましょう。

楽に添い乳するためのサポートグッズ

巻いたバスタオル、枕、クッション

巻いたバスタオルなどは、ママと赤ちゃんの添い乳の体勢を補助するのに使えます。たとえば、赤ちゃんを横向きにする場合は、それらを赤ちゃんの背中に沿うように置いて支えにするとよいですね。

赤ちゃんの口がママの乳首の高さにくるように、頭の下にバスタオルや枕を敷いて調節することもできます。ただし、赤ちゃんの顔が沈み込む柔らかいクッションなどは窒息の恐れがあるので避けましょう。

ママの体勢の補助としては、頭の下の枕のほかに、背中から腰にクッションをあてがって支え、少し曲げた両脚の間に大きめのクッションを挟むと、骨盤への負担や腰痛を緩和できます。楽そうな添い乳ですが、長時間横向きに寝ると、腰や肩が痛くなるので体を支えるものがあるとよいですよ。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC