就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子ども部屋のインテリアにおしゃれなテントを!選び方と簡単な作り方

子ども部屋のインテリアにおしゃれなテントを!選び方と簡単な作り方

おしゃれなテントがある子ども部屋は子どもにとって憧れですよね。テントの中をお気に入りのおもちゃでいっぱいにして、あっという間に自分だけの秘密基地のできあがりです!テントを置いてあげたいけど、部屋が狭いからとあきらめているパパやママ、いませんか?きっとお家にぴったりのテントが見つかりますよ!

子ども部屋にぴったりなテント選びのコツ

置き場所や使う人数に合った大きさを考える

キッズテントは基本的に室内で遊ぶときに使います。1人で自分だけの隠れ家を作ったり、兄弟や友だちとごっこ遊びをしたり、テントがあるだけで盛り上がりますよね。

そんなキッズテントにはいろいろな大きさのものがあります。複数人で一緒に入れるものや、なかには1人用のコンパクトなサイズもあります。

まずはテントを広げる場所や中に入る人数、いつもテントを広げたままにしておくか、使うたびに片づけるかを考えながらテントの大きさを決めるのがおすすめです。

テントを広げる場所は平らで段差のないところを確保してくださいね。お部屋の照明器具の形によっては、テントとぶつかってしまうので、高さにも十分気をつけながらテントを選ぶようにしましょう。

使わないときはコンパクトに収納できる

テントを広げる部屋が狭いときや、普段はテントを広げたままにしたくない場合には簡単にたためて収納ができるテントがおすすめです。気分によってテントを違う部屋に移動させることも、簡単にできますよ。

コンパクトにまとめることができて、収納がしやすいのはティピーテントです。ティピーテントはもともとアメリカのインディアンが住居として使っていたものです。狩りをしながら移動していたので持ち運びが簡単にできるように作られています。数本の支柱と布、紐があれば好きな大きさ、好きなデザインで手作りすることもできますよ。

ほかにも簡単にたためて、ワンタッチで広げることができるキッズテントもたくさん販売されています。お気に入りのものを探してみてくださいね。

部屋のインテリアに合うデザイン

子どものおもちゃはカラフルなものやキャラクターの絵がついているものが多いですよね。確かに子どもたちはとても喜ぶのですが、特にリビングなどでは部屋の雰囲気に合わないからできれば見えないように収納したいと思っているママも多いのではないでしょうか。

そんなときにもキッズテントは役に立ちます。子どもたちが遊んだあとは、おもちゃをテントの中にしまうようにするとお部屋もすっきり片付きます。インテリアに合うデザインのテントを選べば、テントを出したままにしておいても気になりませんね。

子ども部屋など、子どもらしい雰囲気の部屋におすすめなのは、車やお店屋さん、サーカスなどがデザインされたテントです。トンネルがついているものもありますよ。

インテリアにもなるおしゃれなテント3選

ハンガーラックにもなる「2wayテント」

テントを購入しても使うのは子どもが小さい間だけだし、すぐに邪魔になってしまうのでは?というママの心配を解決してくれるキッズテントもあるんです!

阪和Sifflus(シフラス)の2WAYテントは、三角屋根のキッズテントとしても、ハンガーラックとしても使えます。これならキッズテントとして使わなくなってからも、洋服をかけるラックとして長く活用できますね。

テントの骨組みがそのままハンガーラックとして使用できるので、工具などを使わずに簡単にテントにもハンガーラックにも変えることができます。雨の日の部屋干しにも役立ちそうですね。

テントには子どもが喜ぶ小窓やポケットがついており、カーペットとクッションまでセットになっています。

2タイプから選べる「シンプルテント」

子ども部屋だけでなく、リビングなどのインテリアにも馴染むデザインをお探しであれば、LOWYA(ロウヤ)のティピーテントがおすすめです。とてもシンプルなキッズテントで、無地タイプと柄タイプから選ぶことができます。

無地タイプはアイボリーとデニムの2色、柄タイプはシェブロン柄(ホワイトとグレー)とボーダー柄(ホワイトとブラック)の2柄で全部で4種類あり、どのタイプも綿100%なので汚れたら気軽に洗うことができます。

入口は閉めていても親がそっと覗けるように絶妙な隙間があるデザインになっており、子どもがずっとテントの中で遊んでいても見守ることができて安心です。

簡単に組み立てることができて、コンパクトに収納できるところも嬉しいです。

楽しい仕かけがいっぱい「リトルティピー」

ぱっと見はシンプルでありながら、子どもが喜ぶ仕かけがたくさんついているのが阪和Sifflus(シフラス)のリトルティピーです。アイボリーの無地の生地と木製のポールでできているので、ナチュラルで落ち着いた雰囲気のティピーテントです。

テントには、開けたり閉めたりできる丸い窓と四角い窓や、ポケットがついていています。外側の窓の上にはベルがついているので、呼び鈴に使ってお店屋さんごっこもできますね。

入口の上にはネームカードがついています。何度も取り換えることができるので、自由にデコレーションして楽しむこともできます。シンプルなので男の子にも女の子にも合いますし、秘密基地にしたりお店屋さんにしたり、いろいろな使い方ができますね。

子どもと工作気分で簡単に作れるテント

アレンジするとかわいいティピーテント

いろいろな種類のキッズテントについて紹介しましたが、せっかくなので手作りしてみるのはいかがでしょうか。子どもと一緒に作ると、より愛着もわいておすすめです。

まずは、収納や移動もしやすく、インテリアにも馴染みやすいティピーテント。先ほども少し紹介しましたが、4~6本の支柱と紐、布地があれば作ることができます。

簡単に説明すると、支柱をまとめて上部を紐でしっかり結び固定します。紐は綿ロープを使うと固く結べます。支柱の下部を好きな幅まで均等に広げて、布地を支柱に被せるだけです。余裕があれば支柱に合わせて布地でカバーを作るとより安定します。

ポケットをつけてお気に入りのぬいぐるみを入れたり、ガーランドやライトを飾るとかわいいですね。

新聞紙でも作れるAフレームテント

次におすすめするのはAフレーム型のテントです。Aフレーム型のテントは入口部分の支柱がアルファベットの「A」の形のような三角形に組まれているテントで、先ほど紹介した、ハンガーラックにもなる2wayテントの形です。

新聞紙でも作れるテントというと、布の代わりに新聞紙を使うと思われるかもしれませんが、実は支柱を新聞紙で作ることができるのです。新聞紙を1枚大きく広げて、角の部分からきつめにくるくる巻いて筒を作ります。長くしたいときは新聞紙をもう1枚ずらしながら重ねて巻いていきます。

たくさんの新聞紙が必要になりますが、支柱ができたら三角柱の形に組み立ててテープでしっかり固定してくださいね。上から好きな布を被せたら完成です。

天井から吊るすフラフープテント

最後に紹介する手作りテントはフラフープを使ったものです。高い位置に設置したフラフープに好きな布をかけるだけで、まるでお姫様の天蓋のような素敵なテントができるんです。

主な材料はフラフープと布地、紐です。布地をフラフープにつけるとき、縫いつけない場合には安全ピンを使って留めることもできます。また、天井から吊るすのでフックがついた画鋲のようなものもあると便利です。

簡単な作り方は、フラフープに紐を5~6本均等に結びつけます。紐を一つにまとめて結び、円錐のような形になったら天井から吊るします。ここまでできたら、好きな布やチュール、リボンをフラフープに飾り付けたら完成です。

屋外でも木の枝からフラフープを吊るして作ることができますよ。

まとめ

キッズテントの選び方や作り方について紹介しました。いかがでしたでしょうか。家の中にテントがあるだけで子どもたちの遊びの幅も広がります。秘密基地のような自分だけの空間ができると嬉しくてわくわくしますよね。

手作りする場合には、綿ロープやフラフープ、フック付きの画鋲など百円均一で揃えられるものもたくさんあります。古くなったシーツを使ったり、新聞紙で支柱を作ったりするとお金をかけずに作れて嬉しいですね。

ガーランドやクッションなどを飾ってお気に入りのテントにしてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj