就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

喪中に入学祝いをして大丈夫?正しいマナーを知ってお祝いしよう

喪中に入学祝いをして大丈夫?正しいマナーを知ってお祝いしよう

祖父母や親兄弟が亡くなった場合、喪中や忌中の間はお祝いなどには参加しないことがマナーです。それでは、入学祝いはどのようにすればよいのでしょうか。このような悩みをお持ちのママのために、喪中や忌中についての正しい考え方と入学祝いを贈る方法についてご紹介します。

喪中のとき避けておくことと大丈夫なこと

喪中と忌中の違いを把握しておく

普段よく耳にする「喪中」や「忌中」という言葉ですが、意味をなんとなくしか理解していない人が多いようです。喪中や忌中の考え方を理解していないと礼を欠く行動をとるかもしれませんので、気をつけましょう。

喪中とは、祖父母や親兄弟などの近親者が亡くなったときに、その死を悲しんで身を慎む期間のことをいいます。年末に喪中ハガキを受け取ることがよくありますよね。喪に服する期間は故人との関係によって異なりますが、一般的には最大で死後一年間とされています。

忌中は故人のために家にこもってお祈りし、穢れを祓う期間のことをいいます。喪中よりも厳しく喪に服する期間が、忌中だと考えてもよいでしょう。期間は仏式では四十九日、神式では五十日が一般的です。

パーティーや派手なお祝いは避ける

喪中であっても、家族の誕生日や知り合いの結婚式などのお祝い事がありますよね。このような場合には、どうしたらよいのでしょうか。

一般的には、喪中は慶事を避けた方がよいといわれています。ママ友を大勢呼んで派手なパーティーを開いたり、ホテルなどで大規模なお祝いをしたりするのは控えた方がよいでしょう。

しかし、喪中に対する考え方もおおらかになり、厳格さをあまり求められなくなってきています。地域や家族によって考え方がそれぞれ違っているようですが、小規模であれば家族や親しいお友だちを呼んでお誕生日のお祝いをしてもよいと考える人が増えてきています。結婚式に出席しても、問題はないでしょう。

節分やお歳暮などは大丈夫

節分の日に豆まきをしたり、親戚や職場の上司などにお中元やお歳暮を贈ったりしているママやパパは多いですよね。それでは、喪中のときはどのようにしたらよいのでしょうか。

節分とは「季節を分ける」という意味で、立春や立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。今では2月3日だけが節分として定着していますが、本来は季節の変わり目に生じた邪気を祓って無病息災を祈る儀式でした。このように節分はお祝い事ではないので、問題ありません。

また、お中元やお歳暮は日頃お世話になっている人に感謝を伝える贈り物です。したがって、喪中に贈っても大丈夫ですよ。もし気になるようでしたら、時期をずらして「暑中御伺」「寒中御伺」として贈ってもよいかもしれません。

入学祝いについて知っておくとよいマナー

入学祝いは入学式の一週間前までには贈る

我が子が小学校に入学するときは、喜びと感動で胸がいっぱいになりますよね。我が子に限らず、親戚の子どもや親しいママ友の子どもが入学するときにも、プレゼントを贈って一緒にお祝いをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

入学祝いを渡すタイミングは、3月初旬から中旬ごろがふさわしい時期です。事情がある場合でも、入学式の一週間前までには贈るようにしましょう。

入学祝いを渡すときのマナーは、基本的には入学する本人に直接手渡しすることになっています。しかし、小学校への入学祝いについてはご両親に渡すのが一般的です。

もし遠くに住んでいてなかなか会えないときには、年末年始などで集まったときに渡しても失礼にはなりません。

のしや水引は用途に合わせて

入学祝いは日常的に贈るプレゼントではありませんので、のしや包装をきちんと整えて贈ることが正しいマナーです。たとえ親しい関係であっても、お祝い事は伝統に則って行いましょう。

入学祝いでは、のし袋に現金を入れて渡すことがあります。のし袋の種類はたくさんあって、紅白や白黒の紐が結ばれていたり印刷されていたりするので、用途に合わせて用意しましょう。

のし袋の紐のことを水引と呼び、お祝いのときには紅白の水引を使います。水引の結び方には「蝶結び」「結び切り」「あわじ結び」の3種類がありますが、入学祝いは「蝶結び」を使いましょう。蝶結びは結び目を何度でも結び直せることから、何度あってもよいお祝いのときに使う水引です。

贈って喜ばれる入学祝いとは

小学校の入学祝いを贈るときには、親も子どもも喜ぶようなものを選びたいですよね。贈る相手のことを考えて、入学祝いの品物を選びましょう。

入学祝いでは、現金が喜ばれるようです。小学校への入学準備で出費が多くなってしまうので、現金は素直に嬉しいですよね。もし現金が贈りづらいときには、図書カードやクオカードでもよいでしょう。

また、小学校で毎日使う文房具セットも人気です。小学校入学と同時に我が子に自分で起きる習慣をつけようと考えているママが多いので、目覚まし時計も喜ばれるかもしれません。

そのほかにも、男の子には図鑑、女の子にはハンカチが喜ばれるようです。一般的には、実用的でいくつあっても邪魔にならないものが好まれています。

喪中のときに入学祝いを贈る方法

喪中のときに贈ってよいが忌中では避ける

入学祝いを贈りたいけど、贈る相手が喪中のときにはどのようにしたらよいのか悩んでしまいますよね。

入学祝いは、贈る側や贈られる側が喪中であっても避ける必要はありません。喪中は亡くなった辛さから祝い事を控える期間ですが、子どもをお祝いする気持ちを優先しても構わないとされています。実際には喪中といっても喪中ハガキを出すくらいで、日常生活の中で身を慎むような行動をしている人は少ないですよね。

しかし、近親者が亡くなった直後の忌中のときは避けた方がよいでしょう。このようなときには、無理をせずに落ち着いてから入学祝いを贈る方法もあります。入学祝いの時期が過ぎて5月に入ったとしても、贈る側と受け取る側の気持ちが通じ合えば問題はないでしょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事