就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後1週間の赤ちゃんの特徴って?健康チェックとお世話のポイント

生後1週間の赤ちゃんの特徴って?健康チェックとお世話のポイント

生まれてすぐの赤ちゃんは、ママのお腹の中とはまったく違う環境の中で育っていきます。初めての子育てであれば、戸惑うことばかりですよね。そんな生後1週間の赤ちゃんの発達の様子や健康状態をご紹介します。生後1週間の赤ちゃんのお世話ポイントもまとめました。

生後1週間の赤ちゃんの特徴を知ろう

赤ちゃんの生活リズムはまだ定まらない

初めて赤ちゃんを授かったママやパパにとっては、生まれてすぐの赤ちゃんの健康面がとても気になるところです。母乳やミルクの量、睡眠時間などわからないことばかりです。

生後4週間までの赤ちゃんを「新生児」と呼びます。新生児期の中でも特に生後1週間までは生命の危険性が高い期間です。

この時期の赤ちゃんは、一般的には2~3時間おきに目を覚まし、ミルクや母乳を飲んではまた眠ることを繰り返しています。ただし、睡眠時間は赤ちゃんによってバラバラで、1日の生活リズムはまだ定まってはいません。

生まれてすぐの赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたときと同じように昼夜の区別なく眠ったり、起きたりしています。その後家族の生活リズムに少しずつ適応しながら成長していきます。

おしっことうんちの回数が多い

生まれてすぐの赤ちゃんは、消化器官が十分には発達していません。おしっこやうんちを溜める機能がまだまだ未熟です。

そのため、おしっこやうんちは私たち大人と比べると回数が多いのが一般的です。ただし、個人差もみられ、1~2日に1度しかうんちをしない赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの肌はとても敏感で、おしっこやうんちをした後にそのままにしておくとかぶれたり赤くなったりすることがあります。皮膚トラブルを起こさないために、お尻はきれいにしてあげましょう。

もしお尻が皮膚トラブルを起こしてしまったときには、おしっこやうんちが出るたびにぬるめのお湯で汚れを落としてください。その際、お尻をこすらず、優しく軽く叩くように拭き取るようにしましょう。

目の機能が発達して少し見えるように

赤ちゃんは、お腹の中にいるときでも明暗を区別しています。生まれてすぐの赤ちゃんの目は、焦点が定まらずにぼんやりと見える状態ですが、その後さまざまな刺激を受けて急速に発達をしていきます。

生後1週間くらいになると、20~30cmくらいの距離であれば焦点を合わせられるようになってきます。これは抱っこをしたときのママと赤ちゃんとの距離と同じです。

また成長するにしたがって、徐々に周りの動きに反応するようになり、ママの顔をじっと見つめるようにもなってきます。

赤ちゃんにとって、生まれた直後から急速に視力が発達する大切な時期です。授乳の際はもちろん、日常生活の中でも赤ちゃんの目をしっかり見て微笑んであげましょう。

赤ちゃんの健康状態を把握しよう

生後1週間は体重が減っていても大丈夫

生まれたばかりの赤ちゃんは、生後数日すると体重が減っていくことがあります。母乳やミルクに関わらず、5日目までに体重が3~7%程度減ってしまうのが一般的です。

これは、母乳やミルクを上手に飲むことができないからです。飲む量よりも、おしっこやうんち、汗として体外に排出される量の方が多くなってしまいます。

赤ちゃんの体重が減ってしまうと、心配になるかもしれません。でも、体重減少は生理的なものなので、あまり心配をする必要はありません。生後7日頃には生まれたときの体重に戻っていきます。

ただし、生まれたときの体重より10%以上減少しているときには、体調に問題が起きていることもありますので、病院で診てもらった方がよいでしょう。

生後1週間のうんちの頻度と状態

赤ちゃんのうんちは、健康のバロメータとしてとても大切です。うんちを見れば健康状態がある程度わかります。ただし、赤ちゃんのうんちは、回数やにおい、色、柔らかさなどが私たち大人とは大きく異なります。

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんちは、水っぽいのが大きな特徴です。ですから、うんちがゆるいからといって心配する必要はありません。

また、赤ちゃんは1日に5~7回程度うんちをします。10回以上うんちをする赤ちゃんもいますよ。赤ちゃんのうんちは黄色や茶色、緑色をしており、ほんのりと酸っぱいにおいがします。

生まれてすぐの赤ちゃんは真っ黒なうんちをすることがあります。でも、ママのお腹の中で羊水を飲んだことによるものなので、問題はありません。

生後1週間までの健診でチェックすること

赤ちゃんは、生まれてから産婦人科を退院するまでにいくつかの検査を受けます。この間に受ける検査を「新生児健診」といいます。

出生直後は、身長・体重・頭囲などを測り、心臓や呼吸の音、反射など全身の様子もチェックをします。さらに生後5日前後に、かかとから採血をして先天性の代謝異常の検査も行います。

また、病院によっては退院後1週間目に健診を行っているところもあります。この健診は、赤ちゃんの体調とともに、ママの体の様子や母乳に関しても行います。

健診の内容は、赤ちゃんについては体重や身長、へその緒や関節などの確認です。ママについては、尿や血液の検査、子宮の収縮状況や乳腺炎の有無など乳房の状態を検査するのが一般的です。

生後1週間の赤ちゃんのお世話ポイント

生後1週間はわずかな母乳でも大丈夫

赤ちゃんを生んで10日くらいまでのママからは、とろりとしていて黄色みを帯びた母乳が出ます。これは「初乳」と呼ばれ、栄養と免疫成分が豊富に含まれていて、赤ちゃんにとっては特別な母乳です。

初乳を少しでも多く赤ちゃんに与えるために、おっぱいをあげる時間や回数を決めたりせずに、欲しがるだけあげてください。初乳をたっぷりあげることで、おっぱいの出がよくなり、赤ちゃんの吸う力も強くなっていきます。

生まれてすぐの赤ちゃんは、おっぱいを上手に飲むことができません。初乳もわずかしか出ないことも多くあります。でも、心配をすることはありません。生後1週間くらいは、わずかな母乳でも赤ちゃんは問題なく成長をしていきます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC