就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の食べ方が汚くても大丈夫!ママも笑顔になれるしつけのコツ

3歳の食べ方が汚くても大丈夫!ママも笑顔になれるしつけのコツ

「子どもが3歳になっても食べ方が汚くて困る」「もっと上手に食べられるようになるには、どうすればいいの?」など、子どもの食べ方に悩むママもいますよね。ここでは、3歳ごろでも食べ方がうまくならないのはどうしてなのかや、食事のマナーの教え方などをご紹介します。

3歳の子どもの食べ方が汚くなるわけ

口や舌を上手に使えていない

1、2歳のころは食事のときにご飯をボロボロこぼしていても「片付けが大変だけれど、自分で食べることは大切だよね」とおおらかな気持ちで見守っているママが多いのではないでしょうか。しかし、3歳ごろになっても同じようにボロボロとこぼしていると「いつになったらきれいに食べてくれるの?」とイライラするときもありますよね。

食べ方が汚い子どもの多くは、口や舌がまだ上手に使えていない可能性が高いです。口に入れた食べものをこぼさずに飲み込むためには、口をしっかり閉じる必要があります。また、口を閉じるだけでなく、舌を上顎につけて飲み込むことが大切です。

食べものが口からこぼれやすい子どもは舌が前に出ているため、食べものも前に押し出されているのでしょう。

遊び食べが続くと汚れやすくなる

子どもは遊ぶことが大好きですが、食事の時間にも食べものやスプーンなどで遊んでしまうと汚れやすくなりますよね。赤ちゃんのころは、手でぐちゃっと離乳食を握ったり、器をひっくり返したりなど、食べもので遊ぶ光景もよく見られます。

しかし、1歳、2歳と成長していくにつれて「食べもので遊んではダメ」「しっかり食べないと片付けられちゃう」など、マナーを覚えていくため、食事の時間に遊ぶことが減っていくでしょう。3歳ごろになっても遊びながら食べている場合は、まだ食事のマナーが覚えられていない可能性があります。

遊びながら食べると、ママは食事のたびに片付けに時間や手間がかかってしまいますね。子どもが食事に集中しやすい環境を作るとよいですよ。

食材や皿によって食べにくさが増す

「料理によってはこぼさずに食べている」「この皿を使っているときはあまりこぼしていないな」など、食材や皿よって食べ方のきれいさに違いが出ているときもあるかもしれませんね。3歳ごろは上手に食べられない子も多いので、子どもが食べやすいように工夫することも大切です。

たとえば、ミートソーススパゲティを作るとき、普通のパスタだとフォークでくるくる巻いて食べるのが難しく、パスタやミートソースがこぼれてしまう子も多いですよね。マカロニやペンネだとフォークで刺して食べられるので、小さな子どもでもこぼさずに上手に食べられますよ。

皿も平べったいものだとスプーンですくいにくいので、ふちが立ち上がっているものを使ってみましょう。

幼児期からしつける食事のマナー

3歳の食事マナーの基本

赤ちゃんのころは立ったまま食べる、遊びながら食べる、手で食べる、食べものをこぼすなど、マナーができていなくても「ちゃんと食べなさい」と、叱るパパやママは少ないですよね。しかし、3歳ごろになると「幼稚園に入ったときに、こんな食べ方をしていたら恥ずかしいな」「もう少し上手に食べられないのかな」など、子どもの食べ方に成長が見られないと不安になる方は多いでしょう。

3歳の食事の基本的なマナーは、自分の席にしっかり座って食事をする、食べものをボロボロとこぼさずにきれいに食べられる、この二つができるように練習するとよいですよ。

子どもが集中して食べられるように、子どもの食事をする席を決めておく、テレビを消すなど、工夫してみてくださいね。

スプーン、箸の使い方を学ぶ

2歳ごろまではスプーンや箸を持つことはできても、まだまだ手で食事をする様子も多く見られる時期です。しかし、3歳ごろになっても手で食べていると「ちょっと心配だな」「外食に行ったときに恥ずかしいな」など、子どもの成長が気になってしまいますよね。

スプーンや箸を使って食べられるようになるためには、パパやママが使い方を丁寧に教えることも重要です。大人のように最初から正しい持ち方をするのは難しいので、まずはスプーンから使えるように練習してみましょう。

大人はスプーンを下から持ちますが、使い始めるときは上から握るように持つ簡単な持ち方から始めましょう。スプーンが上手に使えるようになってから箸に挑戦するとスムーズですよ。

親が手本になり、褒めて伸ばそう

子どもに食事のマナーを教える前に、まずはパパとママが食事中のマナーができているかどうかを見直すことも大切です。子どもはパパやママのことをよく見ているので、手本となれるように行動しましょう。

たとえば、子どもが食べ終わっていないのに、食事中にウロウロしていませんか?パパやママが食事の途中で席を立って移動していると、子どもは「食べている途中でも動いていいんだ」と思います。大人が先に食べ終わっても、子どもが食べ終わるまでは静かに待ってくださいね。

また「席に座って静かに食べて偉いね」「こぼさずに上手に食べているね」などと、ささいなことでも褒めることも大切です。子どもは褒められると「もっと上手になりたい」と頑張れるので、たくさん褒めて伸ばしましょう。

食事マナーを遊びや体験で教えよう

絵本で楽しく取り組もう

3歳ごろの子どもに食事のマナーを教えたいと思っても、「難しい言葉は理解できないだろうし、どうやって教えればいいの?」と悩むママは多いですよね。食事のたびに「きれいに食べて」「ちょっとこぼれているよ」など、ママが細かく注意をすると、子どもはストレスが溜まり食べることが嫌いになる恐れがあります。

子どもが自分から「きれいに食べたい」「こぼさずに食べるぞ」とやる気が出るように、食事のマナーについて描かれている絵本を読んでみてはいかがでしょうか。絵本では食事のマナーについてのお話が、子どもの興味を引く絵とともにユニークに描かれていますよね。

絵本を見たあとに「絵本のくまさんみたいに頑張って食べられるかな?」などと、声掛けしてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC