就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の急な発熱に慌てない!病院受診の目安と自宅ケアの方法

乳児の急な発熱に慌てない!病院受診の目安と自宅ケアの方法

子どもはいろいろな病気を経験して体を強く成長させていきます。特に発熱は体に入った悪い菌やウイルスと戦っている証拠だともいいますが、実際に熱が出た乳児をみるとママはとても心配になりますよね。今回は乳児の急な発熱に慌てないために病院受診の目安や自宅ケアの方法をまとめてみました。

病気以外にも!乳児が熱を出す理由

着せすぎや水分不足でも熱が出る

乳児の場合には病気とは関係のない場合にも発熱をする場合があります。よくあるケースとして服の着せすぎや水分不足がある場合です。

大人であれば暑い、寒いと訴えることができますし、状況に応じて服を脱いだり着たりすることもできますよね。しかし、乳児の場合には自分の気持ちをママに伝えることができません。特に寒い時期になると子どもが寒いのではないかと思い何枚も服を着せていることがあります。

まるで着ぐるみのように服を着せられた乳児の体は汗でびっしょりだったということもめずらしくありません。乳児は体温調節もまだまだ未熟ですし、大量に汗をかくと水分不足になり脱水状態になる恐れもあります。

こうした症状が続いたときに発熱する場合もあるのです。

6カ月~1歳の乳児なら突発性発疹かも

6カ月1歳の乳児の発熱の場合には突発性発疹が原因の発熱の可能性もあります。生まれてまもなくは赤ちゃんの体にママの免疫力が備わっていますが、その免疫も徐々に薄れていくようになります。

このときにヒトヘルペスウイルスに感染すると突発性発疹を発症します。38℃から39℃前後の高い熱が3日から5日ほど続きます。

熱が高くても機嫌や元気がある場合が多いようです。解熱後には全身に赤いポツポツが広がりますのでこの時点で突発性発疹の診断が確定します。

解熱後に赤ちゃんの機嫌が悪い日が続いて大変だったというママの声も多くありますが、それ以外には特に気をつけることはなく、発疹を治す治療薬の必要もありません。

38℃以上の熱は病気の可能性が高い

乳児の場合には大人とは違って普段の体温が少し高めです。ですので、37.5℃以上の場合には発熱していると考えられます。ただ、長時間グズグズが続き大きな声で泣いていたり、分厚い布団をかぶって寝ていた直後や、授乳を終えた直後などは37.5度以上に体が熱くなることもあり、発熱しているのではと勘違いしてしまう場合もあります。

ただ、少し様子を見て体の熱が取れれば発熱とはいいません。しばらくの間様子をみていても38℃以上の熱が続くときには病気のせいで熱が出ている可能性が高いので注意が必要です。

突発性発疹をするまでは風邪などの病気にならないと勘違いしているママも多くいますが、絶対に病気にならないというわけではありません。

乳児の熱で受診するかどうかの判断の方法

食欲もあって元気なときは様子を見て

乳児に限らず、子どもが発熱した場合にはすぐに病院に行くべきなのか迷うというママがたくさんいます。かかりつけの病院が休診日の場合もありますし、ママの仕事の都合がつかず病院に行くことが難しいこともありますよね。

そんなときには子どもの様子をしっかりと観察してみて受診の判断をしてみましょう。まずチェックしておきたいのが食欲があるかどうかです。

一番よいのは食事が普段と変わらないくらい食べられる、もしくは少し食欲は落ちているけれどある程度なら食べることができているということです。

もう一つは元気があるかどうかです。家の中で走り回ったり遊ぶことができていればすぐに病院を受診せずに様子を見てもよいかもしれません。

診療時間内なら38℃以上は受診がおすすめ

小さな子どもの発熱は小学生くらいの年齢になるまでは頻繁に起きるものです。色々な病気を経験して免疫を作り体が強くなっていきます。

初めての発熱では解熱するまでは心配で仕方がないというママも多いでしょうし、とにかく病院を受診しなくてはと焦ることもあるでしょう。しかし、発熱する経験を重ねるごとにすぐ病院に行くべきか、様子を見るべきか迷うようになることが増えてきます。

元気があって食欲がある場合には、緊急性はない場合がほとんどですが、38℃以上の発熱が確認された時点でかかりつけの病院が診療時間内である場合には念のために受診しておくことをおすすめします。発熱してすぐは大丈夫そうであってもその日の夜に症状が悪化しては大変ですからね。

夜間で眠れていれば診療時間まで待っても

子どもが発熱したら、たとえ元気があっても念のために病院を受診するようにしているというママもたくさんいます。診察を受けることで子どもの様子も直接医師に診てもらえますしママの不安も軽減できますよね。

ただ、発熱した場合が夕方の診療が終わった後や深夜の場合にはどうしたらよいのか困ってしまいますよね。近くに24時間365日診療をしている救急外来のある病院があればそちらを受診するべきか悩むところです。

こんなときには子どもが眠れているかという点をチェックしてみてください。発熱をしていても眠ることができていれば次の日の診療時間まで待ってもよいかもしれません。

逆に、眠れない場合には体が辛いサインなので救急外来を受診してみましょう。

夜間でも受診する?すぐに診察が必要な症状

3カ月未満で38℃以上の熱があるとき

3カ月未満の赤ちゃんが38℃以上の発熱をした場合には注意が必要です。3カ月未満の赤ちゃんでも風邪などのウイルス感染により発熱をするケースは珍しくありません。

しかし、風邪などの症状でも重症化する恐れもあることや、重篤な病気が隠れていることもあります。発熱以外の症状がない場合やしっかりと眠れている場合でもすぐに病院を受診しましょう。

また、場合によっては診察後にそのまま入院治療になるときがあります。母子手帳、おむつや着替えと普段よりも少し多めのお金を持っていくことをおすすめします。

3カ月未満の赤ちゃんが発熱するとパパもママもパニックになりがちですが、冷静に状況を判断することを心がけましょうね。

熱以外にけいれんなどの症状が出たとき

子どもの発熱時には体温だけに注目するのではなく、けいれんなどの症状がないかもチェックしておく必要があります。熱が一気に高くなるときに起きやすいけいれんを熱性けいれんといいますが、子どもの年齢が低い場合に起きやすい症状です。

熱性けいれんは両手両足をピーンと伸ばし、体をこわばらせてピクピクとけいれんします。目は白目をむき口から泡をふく場合もあります。けいれん自体は5分以内で落ち着くことがほとんどで、その後意識がしっかりしていれば大丈夫です。

しかし、パパママもとてもびっくりすると思います。また、熱性けいれんだと思っていても何か違う理由でけいれんを起こしている可能性もありますので、この場合は夜間であってもすぐに病院へ向かいましょう。

受診に迷うときは小児救急相談に電話を

夜間には発熱に限らず嘔吐やケガをした場合であっても救急外来を受診するべきか悩むことがあると思います。熱が高すぎて子どもの意識が朦朧としている、何度も嘔吐をしていて水分をまったく摂取できないなど、誰が見ても緊急性が高いと分かるときにはすぐに病院へ行こうとも考えますが、そこまでの症状がない場合もあります。

とはいっても、ママは万が一のことを考えてしまい、朝を迎えることが怖くて仕方がないというときもあるかもしれません。そんなときには小児救急相談に電話をしてみましょう。

小児救急相談は♯8000に電話をかけます。小児科医や看護師につながりますので、子どもの状態を伝えましょう。必要に応じて処置の方法や病院の受診必要有無を聞くことができます。

発熱時に自宅で様子を見るときにすること

受診時に役立つ!熱を測ったら記録する

子どもの体が熱っぽいなと感じたら、まずはすぐに体温を計測しましょう。37.5℃以上の場合には発熱とみなしますが、少しだけ熱があるかなと思った場合にも時間と一緒に記録をしておきます。

その後もこまめに熱を測り、記録をつけておくことをおすすめします。発熱後、初めて病院を受診する際には、問診で何時頃から何度の熱が出ているか、ほかの症状の有無を確認されることがほとんどですので、しっかりと答えられるようにしておくとよいでしょう。

病院受診後も定期的に体温を計測しておくことで、再度受診したときの参考になります。熱の動きを見ながら薬の調節をしたり点滴や血液検査を実施することもありますので大切な判断材料だともいえます。

暑そうなら室温調節して薄着にしてみる

熱が出たらとにかく厚着をして体を温め続けなければいけないと考える人もいるようですが、これは状況によっては行うべきではない場合もあります。

熱の上がり始めには、寒気を感じて布団や毛布を使ってもブルブルと体を震わせることもあります。この場合にはさらに厚着をして体を温めるのが正解です。しかし、その後寒気がおさまり、暑そうにしている場合には室温を調節して薄着にしてあげましょう。

特に小さい子どもの場合には、布団や服で体を覆いすぎると体の中に熱がこもってしまう恐れがあります。熱がこもった状態のままだと体力を消耗する原因にもなり回復が遅れてしまう可能性もあります。

子どもの表情や汗のかき具合などを見て上手に調節してあげましょう。

発熱以外の症状が出ていないか確認する

風邪やインフルエンザなど、子どもは本当に多くの病気にかかります。病気のスタートが発熱だけで徐々に鼻水や咳などが出てくるパターンと、その逆で鼻水や咳などの症状からスタートして数日後から発熱するパターンと様々です。

最近では、発熱だけの場合には薬を使わず自分の力で治癒するのを待つ方がよいという考え方の医師も増えてきました。しかし、発熱以外の症状がある場合にはそれにあった薬を使った方が回復が早くなる場合もあり投薬してもらえる場合もあります。

咳や鼻水以外にも、体の湿疹や口の中の状態なども細かくチェックしてくださいね。何度も繰り返す嘔吐や下痢がある場合には脱水の心配もありますので特に注意が必要です。

乳児が発熱したときの自宅ケアの方法

汗をかいたらこまめに着替えて

発熱すると最初のうちは寒気を感じ、ある程度熱が上がるまではガタガタと体を震わせる場合があります。その場合には体を温めるように布団や毛布を増やしてあげましょう。

熱が上がりきってからは今度は汗を体から出して熱を下げようとします。ですので、暑さを感じたり、汗をびっしょりとかくようになります。

汗でベタベタの状態だと不快感もありますし、症状をさらに悪化させる恐れがあります。汗で服が濡れているなと気づいたときにはこまめに着替えをさせてあげましょう。

お風呂に入れないくらいぐったりしている場合には、このときに濡れタオルで体を拭いてあげるのもよいですね。こまめに着替えをしてあげて清潔な状態をキープできるようにしてあげてください。

脱水状態にならないように水分補給を

熱が出ている間は、想像以上の汗が体から出てしまっている状態です。しっかりと水分を取らないと脱水症状を起こす恐れがありますので注意が必要です。

発熱と一緒に下痢や嘔吐の症状がある場合には特に気を付けなくてはいけません。口や舌、肌の状態を見る、おしっこの回数や量が極端に減る場合にはすぐに病院へ受診しましょう。

発熱時の脱水を予防するためにはとにかくこまめな水分補給がポイントです。お茶やお水などでもよいですが、一番理想なのが電解質が入っている飲み物、スポーツドリンクや経口補水液がおすすめです。

子ども用に飲みやすい味の経口補水液も販売されていますので、急な発熱時に備えて何本かストックしておくと安心ですね。

お風呂は機嫌がよければシャワーで

熱があるときにはお風呂に入らない方がよいのではという意見も多くありますが、子どもの機嫌がよい場合には入ること自体は問題ありません。しかし、湯船に入るのではなくシャワーを浴びるだけにしておきましょう。

体の調子がよいときに湯船に入ると体もポカポカしますし気持ちもリラックスできます。しかし、発熱しているときには、湯船に入ること自体でかなりの体力を消耗する恐れもありますので避けた方が無難です。

特に小さい子どもの場合には大人以上の体力を使いますので注意しましょう。短時間で済ませられるシャワーでしたらそれほど体力の消耗もしませんし、体の不快感も軽減できます。

お風呂の後も湯冷めしないように素早く体を拭いて十分な水分補給を心がけましょう。

乳児の発熱時の体の冷やし方のポイント

冷やすのは手足が温かくなってから

発熱時にはアイスノンや氷枕で体を冷やす人も多いと思います。しかし、体を冷やすタイミングを間違えると効果が期待できないこともありますので注意が必要です。

体を冷やすベストタイミングは子どもの手足を触って確認することが大切です。発熱して間もないタイミングで手足を触ってみると、ひんやりと冷たさがあると思います。

手足が冷たくて体をガクガク震わせている状態であれば熱がまだ上がる途中なので、布団や毛布を追加して温かくなるまでしばらく待ちます。手足がポカポカ温かくなってきたら体を冷やし始めてもよいでしょう。

あっという間に体が温まるときもあれば、時間がかかるときもあります。こまめに体を触って様子を見てあげてくださいね。

嫌がらないなら脇や足の付け根を冷やす

体を冷やす部位は脇や足の付け根が効果的です。脇や足の付け根の部分はリンパの集まる部位ですので、この部位を冷やすことで熱を逃がしやすくします。

ただ、発熱時には子どももグズグズしていることが多く、アイスノンや氷枕を嫌がる可能性もありあます。嫌がって泣くだけでも体力の消耗につながりますので、この場合には無理に体を冷やすことは避けた方がよいかもしれませんね。

どうしても体を冷やしたいという場合には、ぐっすりと眠っているタイミングがおすすめです。このときに注意したいのが、長時間同じ部位を冷やしすぎないこととタオルなどを使って直接肌に触れないようにすることです。

低温やけどの恐れもありますので注意してくださいね。

冷えぴたを使うときはかぶれや事故に注意

子どもが発熱したときに、冷えぴたを使うママもいると思いますが、冷えぴたをおでこに張ること自体では、熱を下げる効果はあまり期待できません。

あくまでも熱を吸収させてひんやりと気持ちよくするのが目的です。冷えぴたを使う際にはかぶれや事故に注意する必要があります。

長時間同じ位置に使用しているとかゆみや赤みがなどのかぶれ症状が出ることがあります。体調によってもかぶれが起きるときと起きないときがありますのでその都度、肌の状態をしっかりとチェックしましょう。

また、冷えぴたで起こりうる事故の例として窒息があります。最初はおでこに張っていたものの、何らかの衝撃で口元を覆ってしまい窒息する恐れもありますので注意しましょう。

発熱時の過ごし方と乳児の薬について

外出は控えて自宅で安静に過ごす

発熱時には必要以上の外出を控えて自宅で安静に過ごすことが大切です。たとえ子どもが元気そうな様子であったとしても外出することで体力を消耗してしまう恐れがあります。

発熱にはのパターンとして、日中は解熱し、夜にまた熱が上がるというケースが多く当てはまります。これは夜になるにつれて体力が消耗していることも関係しているといわれています。

ですから、できるだけ安静に過ごす時間を増やして体力を温存させましょう。ただ、子どもの場合調子がいいときには大人しく寝ていることが難しいこともあります。

遊ぶことができる状態であれば無理に安静にさせる必要はありません。ただ、自宅内で遊ぶことと、激しすぎる遊びは極力控えるようにしましょう。

乳児は市販薬よりも処方された薬を

パパやママの中には、自分が体調を崩したときにドラッグストアにある市販薬を飲んで様子をみるという人も多くいます。病院に行くことが一番だとは思っていても、待ち時間が長すぎて行くことをためらってしまうこともありますよね。

しかし、乳児の場合には市販薬ではなく病院で薬を投薬してもらうことをおすすめします。新しく使用する薬でアレルギーの症状が起きてしまう恐れもありますし、体重に合わせて細かい量の調整が必要な場合もあります。

そもそも、乳児の場合には病気の診断自体が難しく様々な症状を考慮したうえで薬の選択をしています。こんな症状だからこの薬で大丈夫かなというママの判断で薬を選ぶことはときには症状を悪化させる恐れもあります。

解熱剤は使い方に気をつける

少し前までは、熱が出たらとにかく解熱剤を使って熱を下げた方がよいという考え方が多くあり、病院でも座薬や頓服などの解熱剤の投薬がありました。しかし、最近では、熱は体の中で菌やウイルスと闘っているときに出るものなので、むやみに下げるべきではない、熱を下げてしまうと回復までに時間がかかるという意見もあります。

解熱剤を使用する目安は熱のせいで子どもが眠れないときです。しっかりと眠ることができないと余計に体もつらくなりますので、しばらくの間熱を下げて眠れるようにしてあげましょう。

高熱になると脳に障害が残るのではと不安になる人もいますが、その点は安心してください。大きな病気が隠れている場合を別として、熱だけでは脳に障害を残す恐れはありません。

急な乳児の発熱で慌てないためのポイント

赤ちゃんの普段の平熱を知っておこう

赤ちゃんの場合、ある日突然発熱することがあります。季節の変わり目や風邪が流行する時期は特に注意が必要です。

急な発熱に慌てないためにも日頃から赤ちゃんの平熱を把握しておくことが大切です。子どもの場合、発熱は37.5℃以上ではありますが、その子によって平熱が37.5℃近くある子もいますし、36℃台の子もいます。

平熱が低い子にとって、38℃くらいの熱が出るとぐったりしてしまうこともありますが、平熱が高い子の場合には40℃近く熱が上がってもケロッとしている子もいます。どのくらいの平熱でどの程度発熱するとぐったりしてしまうのか記録をつけておくと今後の発熱時の目安になるかもしれませんね。

毎日熱を計測する習慣をつけるのもおすすめです。

普段から発熱時に必要なものを備えておこう

子どもが発熱すると、熱以外にもさまざまな症状が出ることがあります。下痢や嘔吐、食欲不振などが例としてあげられますが、食事どころかひどい場合には水分を受け付けなくなることもあります。

この場合、無理に口にさせる必要はありませんが、脱水症状は起こさないように最低限の水分摂取だけは心掛けなくてはいけません。ジュースでもスポーツドリンクでも、何でもよいです。

子どもが好きなものを用意してあげましょう。ただ、熱がある子どもを連れて買い物に行くことも難しいですよね。

そうならないためにも、普段から発熱時に必要なものを備えておくことが大切です。ペットボトルの飲み物やゼリーなどは賞味期限の長いものもありますのでストックしておきましょう。

ママの直感も大事!不安なときは相談しよう

子どもの発熱は、何の前触れもなく発症することもありますし、熱が出る前に機嫌が悪かったり、食欲を一切受け付けなかったりと体調不良の前触れのような仕草をみせることもあります。このような小さな変化を察することができるのがママです。

少し様子がおかしいかもと思ったときは、ママの直感を信じてみるのも大切です。明らかな体調不良の症状が出ていない場合、こんなことで病院を受診して迷惑ではないかと思うこともあるかもしれません。

しかし、本格的な発熱が始まる前に受診することで症状が悪化するまえに処置できる場合もあります。その後何の症状も出なければ出ないでよいですし、出たとしてもママに心の準備があるので看病もしやすいですよね。

まとめ

乳児の発熱はよくあることではあるものの、発熱する度にとても心配になるママがほとんどだと思います。高熱がでたり、高熱にともなう熱性けいれんや脱水症状といろいろな症状が出る可能性もあります。

これらの症状が起きたときの対処法や知識を身につけておくことで、ママの不安も軽減することができます。子どもの様子や症状によってすぐに病院へ受診するべきなのか、様子見でよいのかなどは、かかりつけの医師に相談したりインターネットの育児サイトなどでチェックしておくことも大切ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018