就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子ども服についたハンガーループは便利?園グッズでのループの活用法

子ども服についたハンガーループは便利?園グッズでのループの活用法

子どものズボンのウエスト部分やシャツの肩のあたりに、細いループ状の紐がついているのを見たことがあるママはいると思います。子ども服だけではなく、パパやママの服にもついていることがあるあの紐は「ハンガーループ」といいますよ。使ってみると便利なハンガーループの使い方や活用法をご紹介します。

園グッズで見かける「ハンガーループ」とは

干す場所がないときに引っ掛けられる

ズボンやスカートのウエスト部分やシャツの肩の裏側に、1mm程度の幅のループ状の紐がついているのを見たことがあるママは多いと思います。この紐の正体は「ハンガーループ」というもので、ハンガーにかけて服を保管するときに、ハンガーのフックの部分に引っ掛けてズレを防止する目的でつけられています。

雨が続き洗濯物がたくさんたまってしまうと、洗濯をしたとき干し場がなく困ることがありますよね。このようなときにハンガーループをフックに引っ掛けることで場所を取らずに干すことができますよ。一つのハンガーで2着分の服を干すこともできますね。

見た目は華奢なハンガーループですが、強度があるため濡れた洗濯物を干しても切れる心配はありません。

園で着る上着についていると便利

保育園や幼稚園では、自分のものは自分で片付けることになります。園に着て行った上着や、園での活動で着用するスモッグなどの上着も、自分で片付けますよ。

ただ、自分で片付けるといっても幼い子どもが服をたたんで収納することは難しいですよね。多くの園では上着の片付け方法として「フックにかける」という方法をとっています。

フックにかけるためには、上着にかけ紐をつける必要が出てきますよね。ですが、上着にもともとハンガーフックがついていれば、かけ紐を付ける手間がいりません。

ハンガーループだけではなく、上着のブランドタグがループ状につけられている場合もありますよ。園で着る服を選ぶときにチェックするとよいですね。

ループつきタオルは園生活に欠かせない

毎日の持ち物として、ハンカチやティッシュのほかに「ループつきタオル」が必要な保育園や幼稚園は多いですよね。園生活ではこまめに手を洗うことが多く、手を拭くためにハンカチよりもループつきタオルを使うことの方が多いのです。

園ではタオルをフックにかけておくことで、子どもがタオルを使いやすいよう工夫をしています。手を洗ったら、自分の指定の位置にかけられたループつきタオルを使いますよ。

ループつきタオルも登園後自分でかけることになります。タオルにつけたループが短いとフックにかけるのが難しいため、ループはある程度長さが必要です。5cm以上あるとよいですが、フックの場所によっては床にタオルがついてしまいます。適度な長さを園に聞くとよいですね。

園生活で活躍するループつきの子どもグッズ

子ども服ブランドの防寒着が使いやすい?

子どもは寒い時期でも外遊びは大好きですよね。寒さもお構いなしとはいえ、冬の外遊びには防寒着は欠かせません。普段家で使う防寒着であれば、デザイン性や機能性を優先的に考えて選ぶとよいですよね。ですが、保育園や幼稚園で使う場合は、使いやすさを重視することが必要です。

子ども服ブランドの防寒着は、幼い子どもが着ることを前提として考えられています。防寒という機能はもちろんですが、子どもが自分で片付けられるような工夫もされていることが多いのです。

怪我防止のためにフードが収納できたり、飾り紐はつけない工夫などがありますよ。さらに、フックにかけられるようにハンガーループが付けられた上着も多いのです。かさばる防寒着も楽に片付けられますよ。

キャラクターや乗り物、花柄のスモッグ

園での活動で、服を汚れないように着るものとしてスモッグの用意が必要になることがあります。指定のスモッグが用意されている園もありますが、自分で好きなスモッグを用意する園もありますよね。

自分でスモッグを用意するときには、子どもが喜んで着るための工夫や片付けやすい配慮があるものを選ぶとよいですね。

子どもが喜んで着るためには、着脱しやすいことや自分が好きなキャラクターや乗り物が描かれたものがおすすめです。おしゃれな女の子なら、花柄のスモッグも素敵ですね。

片付けの際はやはり首元にハンガーループがあると便利ですよ。服の上に着るのがスモッグの基本的な着用法なので、直接肌に触れることは少ないです。大きめのループがついていても気になりにくいですよ。

タオルは名入れやネームタグつきを選んで

園での生活で欠かせないもの一つがループつきタオルですよね。子どもが使うことも多いアイテムの一つといえます。多くの子どもが一斉に使うループつきタオルは、同じ年代の子どもが使うこともあり、同じようなものがずらりと並ぶことが多く、隣り合うループつきタオルが全く同じ柄ということもあり得ます。

自分のループつきタオルであることが一目でわかるように名前の記載が必要ですね。ただ、タオルに油性ペンなどで記名をするのは難しいものです。そのため、ループつきタオルを用意するときには刺繍で名入れをしてもらったり、記名しやすいネームタグつきのものを選んだりするとよいですよ。

子どもが自分で分かりやすいよう、目印になるマークがあるとよりよいですね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版