就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の子の性格はどうして決まる?育て方の工夫や性格診断の方法

1歳の子の性格はどうして決まる?育て方の工夫や性格診断の方法

1歳ともなると、生まれたばかりの泣いているだけだった赤ちゃんのころと比べ感情も豊かになり、笑ったり怒ったりとその子なりの性格が見え隠れしてきます。子どもの性格とは、いつから、どのような形で決まるのでしょうか。今回は1歳の子どもの性格について、タイプや育て方の工夫など詳しく見ていきましょう。

1歳の性格形成に影響を与えているもの

遺伝など生まれ持った先天的な要因

わが子の言動、行動を振り返って「この子はパパによく似てるね」「ママにそっくりの性格だね」と家族同士で話に花が咲くのはよくある光景ですね。実際、子どもの性格形成には遺伝的な要素が関わってくるので、子どもがママ・パパのどちらかに性格が似ているというのはあり得ることなのです。

では、どのくらいの割合で両親の遺伝が子どもの性格に影響するのかというと、およそ50%の確率といわれています。この遺伝による性格は先天的なもので、とくにまだ脳がきちんと完成されていない幼少期によくみられます。

子どもがまだ幼いうちは直感的に本能のまま行動することが多いので、表面に出てくる性格も元々備わっている先天的なものが表れやすくなります。

育て方や家庭環境など後天的な要因

では、子どもの性格は両親の遺伝により決定するのかといえば、決してそうではなく、周りの環境などにより変わってくることも十分あります。子どもの性格が両親に似ているのは遺伝が主な原因と思われがちですが、実は遺伝よりも環境に左右されることが大きいのです。

子どもの遺伝子は、ママとパパの遺伝子が半々ずついり交じり新たな遺伝子として誕生するため、厳密にいえば完璧に両親の性格を受け継ぐとはいえません。

せっかちな両親にずっと育てられていれば、日常生活でも常に急かされる環境にいるため自然と子どももせかせかした気質になっていきます。また、神経質な両親と一緒にいれば細かいことに気を使う性格になるでしょう。このように環境で性格が形成されることもあるのです。

保育園での刺激など社会的な要因

最後に、育て方や環境と近いものがありますが、家庭以外の場所で受ける刺激も性格の形成に影響をもたらします。とくに保育園は、幼稚園と違い0歳から通えるということもあり、より幼いうちにママ・パパ以外の人たちと関わりを持つことができます。

子どもそれぞれで個人差もあるため一概にはいえませんが、小さなころより保育園で集団生活に慣れていると、そうでない子と比べて人見知りが少なく落ち着きのある子になるということもあるそうです。

保育園は基本的に、両親が就労のため日中の保育に欠けるお子さんが預けられています。ママ・パパがフルタイムで働いていれば、平日の昼間は保育園で過ごす時間の方が圧倒的に多くなるので、子どもの性格への影響もあるといえますね。

性格診断で我が子のタイプを知ろう

様子や行動パターンから診断する方法

まだ小さなお子さんは話すことはできませんが、毎日の様子や行動にそれぞれの性格が見え隠れすることがあります。

例えば夜眠るときや食事のとき、知らない人に抱かれたときやおもちゃで遊ぶとき、わが子はどのような反応を見せるでしょうか。何にでも順応するタイプもいれば、一筋縄ではいかないタイプの赤ちゃんもいるでしょう。こういった行動で大まかにお子さんの個性を分類することもできます。

ちなみにお子さんの行動や様子を当てはめてみる際は、ママ1人ではなくパパやおじいちゃん、おばあちゃんなどと一緒にやってみることをおすすめします。1人ですと偏った答えになりがちですので、子どものことをよく知る人が複数いる方がよりお子さんの性格を詳しく診断できますよ。

名前や生年月日から診断する方法

一方で、名前や生年月日から性格を診断する方法もあります。こちらは子ども自身の行動や様子から性格を考えるやり方と比べると、占いに近いものですね。

「赤ちゃんともち」というサイトでは、名前・生年月日・出生時間を入力すると無料で子ども自身の性格と元より持っている才能を診断することができます。子どもの長所やその子に合った育て方を導きだすのがこのサイトの特徴です。

実際に名前や誕生日で性格が確実に決まるということは、まずありえないことでしょう。しかし、子どもの性格がいまいち掴めず接し方に悩んでいるのでしたら、こうした診断結果を一つの目安とするのもよいかと思います。わが子がどのような資質をもっているのか、一度気軽に診断してみてはいかがでしょうか。

心理テストでチェックする方法

子どもに本来備わっている資質や個性をチェックできる有名な心理テストで「マシュマロ・テスト」というものがあります。

子どもの目の前にマシュマロ(好物の菓子)を一つおき「今すぐに食べても構わないけど、一定時間がまんできたらもう1個あげる」と約束し、子どもがどこまでがまんできるかを見るというものです。提示されたルールを理解し、目先のものにとらわれずがまんした先にある利益を見出だしているか、という子どもの自制心を問うテストです。

ちなみにこのテストに一番適している年齢は4歳です。3歳以下ですとルールを理解できない場合が多く、逆に5歳以上ではがまんできる知恵がつきすぎているため、本来の資質を見るためには4歳児がベストといわれています。

子どもの性子どもの性格によって工夫したい育て方格によって工夫したい育て方

おとなしい性格の子にはたくさんの経験を

様々な性格の子どもたちの中でも目立つのはよくも悪くも元気があり騒がしい子どもですね。そのためあまり泣かず静かにしていることが多いおとなしい性格の子どもを持つご両親は「育てやすくてうらやましい」と思われがちです。

しかし、おとなしい子は元気がなく物事に対して消極的だったり、自分の意見をしっかり言えず友だちをなかなか作れなかったりと、育てていくにつれ不安になってしまう面も多くあるでしょう。

そんなおとなしいお子さんには、できるだけたくさんの経験をさせるとよいでしょう。経験といっても大がかりなことに挑戦するのではなく、着替えや食事など日常の中でできたことをたくさんほめてあげることにより、成功体験を積ませ自信を身につけさせることができます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事