就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の育児に疲れてしまったママへ!原因や息抜きの方法を知ろう

乳児の育児に疲れてしまったママへ!原因や息抜きの方法を知ろう

長い子育て生活の中で、「赤ちゃん」と呼べる期間はほんのわずかです。特に「乳児期」は0歳の1年間だけ。小さくてやわらかくて、本当に愛らしい存在ですが、乳児の育児はストレスとの闘いの日々でもありますよね。この記事では、育児に疲れてしまったママへ、イライラの原因や息抜きの方法を紹介してきます。

乳児の育児にイライラしてしまう理由

乳児の育児は24時間休みがないから

乳児の育児に「イライラ」はつきものです。望んで授かった赤ちゃんなのに、イライラしてしまう自分が嫌になるママも少なくないでしょう。しかし乳児の育児にイライラしてしまうのには、理由があります。ママは悪くないのです。自分を責めないでくださいね。

イライラの一番の原因は、「育児は24時間休みがないから」といえるのではないでしょうか。0歳児はおむつ替えや授乳が頻回で、ただでさえママのやることは多いですよね。さらに言葉が話せない分、泣いてアピールしてきます。

どんなに可愛いわが子でも、忙しいのにひたすら泣かれると、イライラして当然です。そして夜も授乳や夜泣きで、ママが心休まることはないでしょう。、赤ちゃんが生まれた瞬間から、お世話で24時間大忙しになるのです。

産後はホルモンバランスが乱れがちだから

産後に乱れたホルモンバランスが元の状態に整うには、産後1~2年ほど時間がかかるといわれています。産後は抜け毛や肌荒れ、むくみなど、様々なマイナートラブルがありますが、精神的に不安定になるのもその一つです。

また、母乳育児をしているママは、通常の約2倍も攻撃性が高まるという研究データもあるようです。子どもを育てるために強くなるよう、太古の昔からインプットされているのですね。

イライラするのは、自分ではコントロールが難しい「生理的なもの」だととらえると、気持ちも楽になると思います。いずれホルモンバランスが整えば気持ちも改善してくるので、育児も前向きにとらえられるはずです。今はあまり心配しないようにしてくださいね。

話し相手がおらず孤独を感じるから

最近では「ワンオペ育児」などという言葉がよく聞かれますね。核家族、帰宅の遅いパパ、頼れる親族も近くにいない…そんな状況で言葉の通じない乳児と1日中2人きりで過ごすことで、「孤独」を感じるママは多いようです。

話し相手はだれでもよいというわけではなく、今の状況を理解してくれて、共感してくれるような人でなければ、逆にストレスになってしまうこともあるでしょう。例えば、すでに育児の大変な時期を過ぎた先輩ママに「今だけよ~」と軽く流されて、「その今が大変だから悩んでるのに!」と感じることもあるかもしれません。

できれば同じくらいの月齢の子どもがいるママ友と、悩みを共有したいですよね。解決しなくても、「大変なのは自分だけじゃない」と知るだけでも救われますね。

「育児が疲れた」と感じるタイミング

パパが乳児の育児を楽だと思っているとき

乳児の育児というのは本当に大変で、ママは常に疲れを感じているといっても過言ではないと思います。ところが、疲れた心と体に追い打ちをかけるのが、パパの「家にいて赤ちゃんのお世話だけしてるのって、楽そうだよね」という、理解のない言葉。

24時間お世話をした経験がないパパからすると、「乳児はいつも寝ていて、やることは授乳とおむつ替えくらい」と思えるかもしれません。実際はそんな甘いものではないと、ママは身をもって感じていることでしょう。

一番そばにいて、一番理解してほしいはずのパパから心無い一言をいわれると、ママはどっと疲れてしまうと思います。パパにどこまで理解を求めるかは、ママ次第です。一度、パパに「24時間育児」を体験してもらうのもよいかもしれません。

育児が楽しそうな人のブログを読んだとき

乳児の育児をしていると、外出も気軽にできないですよね。情報収集のため、家事育児の合間に、ほかのママのブログを読むというママも多いのではないでしょうか。

人気ブロガーさんの中には、ママも赤ちゃんもオシャレで、いつ見ても育児が楽しそう、そんなキラキラしたママがたくさんいます。イライラしたり、引きこもったりしている自分と比べて、よけいに疲れが増してしまうことがあるかもしれませんね。

でもきっと、そんなブロガーさんも、育児で疲れたり悩んだりすることがあるはずです。ブログに公開されている、よい部分だけを見て自分の育児と比べてしまうのは、あまりよくないですね。人のブログを読んで落ち込んでしまうときは、一度閲覧をやめてみてもよいかもしれませんね。

子どもが風邪でいつもより機嫌が悪いとき

赤ちゃんは免疫力が弱く、ちょっとしたことで発熱したり湿疹ができたりして、いつもより不機嫌になることがよくあります。季節によっては、外出先で風邪などをもらってきてしまい、ずっとグズグズ機嫌が悪くて、ママの疲れがいつもよりも増してしまうこともあるでしょう。

子どもの体調が悪いと、夜寝ていても「苦しくないかな?」「痛くないかな?」と、ママはいつも以上に気が張り詰めてしまいます。ときには、ママまで体調を崩してしまうこともあるかもしれません。

子どもが体調不良になったときに、ママが心がけたいのは「冷静でいること」です。焦らずに、いつもとの違いをよく観察して、受診した際医師に説明できるよう、メモしておくとよいですね。

育児中の上手な息抜きの方法を知ろう

家事は後回し!意識して休息時間を取ろう

まじめで一生懸命なママほど、育児でストレスを感じやすく、悩みを抱えてしまいがちだといわれています。子どもを育てるというのは、非常に責任のある大変な作業です。その大変な育児をしながら、いつも通り家事も完ぺきにこなす、というのはなかなか難しいのではないでしょうか。

自分が手を抜くのが苦手だなと思っているママは、意識して休息時間を作ることをおすすめします。たまには家事を後回しにして、子どもと一緒にたっぷりお昼寝することも大切です。

少しくらい家の中が散らかっていても大丈夫!夕飯が昨日と同じメニューでも大丈夫!ママが疲れているときは、上手に手を抜いて、体力回復を優先させた方が、赤ちゃんのためになると思いますよ。

周りと比べるのはやめてリラックスしよう

育児は1人ひとりが違ったやり方で、正解はどこにもないですよね。それでも不安になったとき、周りのママはどうしているのか、自分の育児は間違っていないのか、子どもの成長はほかの子と比べてどうか、つい比べてしまいたくなるものです。

しかし、ほかの子と比べたところで、自分の子どもが変わるわけでもないですし、逆にママが落ち込んでしまうケースの方が多いと思います。周りと比べるのではなく、情報を聞いて「そういうこともあるのか」くらいにとらえ、自分は自分、うちの子はうちの子、と思ってのんびりと構える姿勢が大切です。

ママが焦ったり、不安に感じたりしていると、その気持ちが子どもに伝わってしまいます。リラックスして赤ちゃんに接するよう心がけたいですね。

子どもは大好きなママの気持ちに敏感

言葉の意味が理解できない、話ができないという乳児でも、なぜかママの気持ちには敏感ですよね。それはきっとママのことが大好きだからだと思います。赤ちゃんにとってママは、自分を愛して守ってくれる存在。

言葉はわからずとも、いつでもママのことを見て、感じているのです。昔から「子は親を映す鏡」といわれますが、ママがイライラしていれば、赤ちゃんも機嫌が悪く泣いてしまいます。表情や声のトーン、態度などで、ママの気持ちを理解しようとしています。

逆にママが楽しそうに笑っていれば、赤ちゃんも嬉しくてご機嫌になることが多いでしょう。疲れているときこそ、自分が今どんな顔をしているか、鏡で確認してみることをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんは可愛いけれど、育児はきれいごとだけでは済まされないというのが実情です。「可愛いからずっとこのままでいて!」と思うときと、「大変だから早く大きくなって!」と思うときが交互にやってくるのではないでしょうか。

愛おしく思うのも、イライラするのも、程度の差はあれ、どのママにも起こる感情だと思います。疲れた心と体を癒してくれるのが、赤ちゃんの笑顔だったりもしますよね。ママは育児疲れやイライラと、うまく付き合っていく方法を見つけることが大切です。今しかない乳児の育児を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018