就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママを悩ませる脂性肌を改善しよう!原因と改善スキンケア

30代ママを悩ませる脂性肌を改善しよう!原因と改善スキンケア

小さな子どもがいると家事や育児で忙しく、スキンケアをする余裕すらなくなりがちです。特に30代に入ると肌がテカテカしたり、シミや小じわができたり肌トラブルに悩まされるママも多いようです。今回は30代ママを悩ませる脂性肌の原因と手軽にできる改善スキンケアを紹介します。

肌がテカテカとベタつく脂性肌の原因は?

出産や加齢によるホルモンの影響や遺伝

肌の状態には、皮脂の分泌を促進するのがテストステロンとプロゲステロン、皮脂の分泌を抑制するエストロゲンが大きく関わっています。

テストステロンは男性ホルモンですが、女性の卵巣でも作られているホルモンです。遺伝的にテストステロンの分泌量が多い女性は脂性肌になります。

また、エストロゲン分泌は10代から活発になり、20代に分泌量がピークに達したあと、30代から減少しますが、テストステロンの分泌量はあまり減少しません。これが30代になると脂性肌が起こる原因です。

さらに、産後の脂性肌は妊娠中に増加したエストロゲンの分泌量が、産後は急激に減少することが関係しています。生理前にプロゲステロンが増えることで脂性肌になることもありますよ。

皮脂の分泌に悪い影響を与える食生活

脂性肌はホルモンバランスのほかに、食生活が影響していることがあります。

皮脂の分泌を増加するといわれている中性脂肪になりやすい食品、皮脂の分泌を促進するインスリンの分泌量を増やす「高GI食品」は、脂性肌だけではなく肥満やニキビの原因になる可能性があります。

バターや脂身の多い肉といった動物性脂肪の多い食品、ジャガイモや小麦粉、パンなどの炭水化物、糖分を多く含む食品は注意が必要です。子どもと一緒に食べ過ぎているママも多いかもしれませんね。

また、皮脂の分泌をコントロールするビタミンB2、B6、Cが不足すると脂性肌の原因になります。ビタミンB類はレバーや青魚、ビタミンCはパプリカやケールに多く含まれていますので、積極的に摂取するとよいでしょう。

ストレスや睡眠不足などの生活の乱れ

睡眠中は疲労やストレスから体を回復させるために、さまざまなホルモンが分泌されます。睡眠時間が短いと必要な量のホルモンを分泌できなくなるため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

慢性的な睡眠不足でホルモンバランスが乱れると起こるのが脂性肌やニキビなどの肌トラブルです。睡眠時間や食事の時間が不安定な生活もホルモンバランスの乱れを招くので注意しましょう。

また、精神的ストレスが原因でテストステロンの分泌が過剰になると、皮脂の分泌量も増えて脂性肌になります。

育児期間中は睡眠や食事の時間が不規則になりやすく、ストレスも感じやすくなります。1日のうち数分でもリラックスする時間を作り、心と体だけではなく、肌の健康を守れるとよいですね。

育児中のママができる脂性肌改善スキンケア

脂性肌に適した添加物の少ない洗顔料を選ぶ

「皮脂」というと肌のテカりやニキビの原因といったマイナスイメージがありますが、肌を乾燥や紫外線から守るという役割も持っており、肌の健康を保つためにも皮脂は必要不可欠です。

脂性肌だと皮脂を落とす力が強い洗顔料を選びがちですが、強すぎる洗顔料は必要な皮脂まで洗い流す可能性があります。

皮脂を溶かす働きを持つ鉱物油や界面活性剤といった成分が少ない洗顔料を選ぶとよいでしょう。成分がシンプルな固形石鹸タイプがおすすめですよ。

強い洗顔料で必要な皮脂まで洗い流すと肌が乾燥し、保護のために皮脂が分泌されて脂性肌が悪化します。また、乾燥と皮脂の過剰分泌を繰り返すとインナードライ肌になってしまいますので注意してください。

入浴後は子どもと一緒に手早くスキンケア

入浴をすると肌の角質が水分を含んで膨張し、緩んだ角質の隙間から肌の潤いを保つ成分が流れ出すといわれています。また、ボディソープや熱いお湯で皮脂も流されるため、入浴後は肌が乾燥しやすい状態です。

肌が乾燥すると肌を守るために皮脂が分泌されるのですが、脂性肌の人は分泌量が多いため余分な皮脂が出てしまいます。そのため、皮脂の量をコントロールするためには肌を乾燥させないことが重要です。

入浴後は子どもと一緒に手早くスキンケアをしましょう。子どもが体を拭いている間などにサッと保湿ケアをするだけで肌の状態がよくなりますよ。

また、お風呂やシャワーの温度を低めに設定する、ナイロンたわしなどを使ってこすらないなどの方法で肌の乾燥を防ぐのもよいでしょう。

しっかり保湿して肌の潤いを閉じ込める

皮脂の過剰分泌にはさまざまな原因がありますが、乾燥が脂性肌の原因になっていることがあります。肌の乾燥と皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、保湿ケアをしっかり行うとよいでしょう。

脂性肌は表面を皮脂の膜がおおっている状態ですので、保湿成分が浸透しにくいという特徴があります。保湿成分をたっぷり含んだ浸透性の強い化粧水を使ってくださいね。

「加水分解コラーゲン」、「アセチルヒアルロン酸」、「ヒト型セラミド」、「リピジュア」は保湿成分の分子が小さいため、肌に浸透しやすいといわれています。「ナノ化」「低分子」と書かれた化粧水もおすすめです。

「ビタミンC」や「クエン酸」などを配合している化粧水なら、皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できますよ。

30代に最適な脂性肌対策スキンケア商品

これ一つでケア完了「メディプラスゲル」

「ELLE」や「CLASSY」などの女性雑誌に数多く掲載され、モンドセレクション5年連続金賞受賞など、多数の実績を誇る「メディプラスゲル」は、忙しいママでも手軽につかえるオールインワンタイプのスキンケアゲルです。

保湿成分として「密着型ヒアルロン酸」や、従来のコラーゲンの1/1000サイズで浸透力が強い「スーパーコラーゲン」、高濃度の「ヒト型セラミド」が配合されています。

また、肌の潤い成分「スクワラン」やニキビの改善に効果的な「グリチルリチン酸2K」のほか、「アーチチョーク葉エキス」「加水分解シルク」などの美容成分を含み、まさに脂性肌に最適なスキンケア商品です。

防腐剤や界面活性剤などを含んでいないので、低刺激なのも魅力ですね。

ベタつき抑制「キュレル皮脂トラブルケア」

花王「キュレル」は、乾燥性敏感肌のために開発されたスキンケアブランドで、洗顔料、化粧水、保湿ジェル、手軽なミニセットが販売されています。

脂性肌にとって乾燥は皮脂の分泌過剰の原因となるため、乾燥肌対策は非常に重要です。なかでも「キュレル皮脂トラブルケア」は肌のベタつきを抑制する成分とセラミド配合で保湿と皮脂対策に効果が期待できます。

敏感肌用なので弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーなど低刺激にこだわっているため、肌トラブルの原因になりにくいのも魅力です。

殺菌・抗炎症作用がある「ユーカリエキス」配合で、ニキビ対策にも適しています。皮脂の分泌量が多く、1日中皮脂でベタついているというママにおすすめです。

肌環境を整える「ノブACアクティブ 」

「NOV」は臨床皮膚医学に基き、敏感肌のために開発されたスキンケアブランドです。なかでも「ノブACアクティブ」はニキビ肌を積極的にケアするシリーズとして生まれました。

洗顔料や保湿クリームなどが展開されていますが、特に注目されているのが化粧水の「ノブ ACアクティブ フェイスローション」です。

さっぱりした使い心地の「ノーマル」と、乾燥が特に気になる人向けの「モイスト」の2種類があり、どちらもテカりやベタつきを抑える「ビタミンC誘導体」「ビタミンB2」が配合されています。

また、どちらも保湿成分として「AHA」と「リピジュア」を含んでいますが、さらに「ヒアルロン酸Na-2」が配合されている「モイスト」は高い保湿力を期待できます。
30代になると女性ホルモンの分泌量が減少するため肌トラブルが起こりやすくなります。なかでも育児中のママは出産や睡眠不足、ストレスなどがたまりやすくホルモンバランスも乱れがちです。

脂性肌は肌トラブルを深刻化しやすいので、食事や生活習慣の改善、毎日の洗顔と保湿ケアで脂性肌を改善できるとよいですね。

スキンケアをする余裕なんてない!と思うかもしれませんが、10年後、20年後の肌のためにも、今からしっかりケアをしていきましょう。

まとめ

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018