就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳にはそろそろスプーンやフォーク?練習の進め方やコツとは

1歳にはそろそろスプーンやフォーク?練習の進め方やコツとは

子どもが1歳を迎えたころに「そろそろご飯を食べるときに、スプーンなどを使えるようになったほうがいいの?」と、子どもの食事の仕方が気になるママもいますよね。子どもがひとりで食べられるようになるために、スプーン、フォークを使い始める時期や注意することなどをご紹介します。

スプーンとフォークを始める時期や準備は?

練習スタートは離乳食の完了期を目安に

赤ちゃんに離乳食を与えていると、赤ちゃんが成長していくにつれてママの持っているスプーンに興味を示すことがありますよね。赤ちゃんが自分の手で持ちたそうにしていると「もうスプーンの練習を始めたほうがいいのかな?」と悩むママもいるでしょう。

赤ちゃんのころは手や指の発達が未熟なため、スプーンなどを使って離乳食をひとりで食べるのは難しいです。1~1歳半ごろになると奥歯が生えてくる子も多く、食べものをうまく噛んで飲み込むこともできるようになると離乳食完了期に入ってくるでしょう。

手指の発達が進む、普通食に近い硬さの離乳食が食べられるなど、少しずつ幼児へと成長していくのでスプーンなどを使う練習をスタートするとよいですよ。

練習までに手づかみ食べをしっかりと

赤ちゃんのときは食事の介助をママがするので、口を開けるだけで食事をすることができますよね。待っているだけでおいしいご飯が食べられると分かっていると、スプーンをいきなり渡しても使おうとしない子も多いでしょう。

まずは、自分で食事をする楽しさを知るために、赤ちゃんが自分の手で食べものを口に持っていけるようになることが大切です。手づかみ食べをするときは、目で食べものの大きさや位置を確認してから手で持って食材の硬さなどを知りますよね。最初は上手に食べられなくても、練習をしていくうちに口に入る量を学びます。

手づかみ食べをすると赤ちゃんの脳が刺激されて鍛えられたり「自分で食べられる」と自信が持てたりするため、スプーンの練習にもスムーズに進みやすいですよ。

練習に必要な物や環境を整えよう

練習を始めるためには、スプーンとフォークの準備が必要です。子どもが落とさずにしっかり持つことができ、口まで食べものを運んでいけるように、手や口のサイズに合ったものを選びましょう。

練習したてのころは使い方に慣れていないため、スプーンなどを口の奥まで入れてしまうことがあるかもしれません。ステンレスのものだとケガをする可能性もあるので、当たってもケガをしないようにプラスチックタイプのものから練習を始めるとよいですよ。

子どもが食事に集中しやすいように、食事中はテレビを消す、大人が食事の途中で立ち歩かないことが大切です。食べものやスプーンなどが落ちてしまうこともありますが、イライラせずに優しく見守りましょう。

スプーンとフォークの練習の進め方

まずはママがお手本を!口に運んであげよう

大人はスプーンやフォークの使い方が分かって当たり前ですが、使ったことがない子どもにいきなりスプーンとフォークを渡しても上手に使えませんよね。練習を始めるときも、いきなり子どもに「これで今日から食べてね」と渡すのではなく「こうやって使うんだよ」と説明しながら実際に口に運んでみましょう。

1歳ごろはママの真似っ子をするのが好きな子が多く、ママを見てたくさんのことを吸収しています。ママが食事をする姿(フォークで食べものを刺す、スプーンですくうなど)を目の前で見せると、子どもも興味を持って真似をするようになりますよ。

言葉だけでは理解してもらえないことも多いので、お手本を見せて楽しく練習を進めていきましょう。

次は食べものを乗せて持たせてみよう

子どもはママやパパの食べ方を日ごろからよく観察していますし、ママがスプーンとフォークの使い方のお手本をゆっくり披露すれば、なんとなく覚えてくれるでしょう。

しかし、初めから思うように食べものをすくったり刺したりするのは難しいですよね。まずは、食べものをスプーンやフォークに乗せた状態で子どもに自分で持ってもらい、ママが軽く手を添えて子どもの口に誘導するということを繰り返しましょう。

ひとりで口へ運ぶ動作はできるようになっても、食べものと自分の口との距離感をつかめずにほっぺたやおでこにぶつけてしまうことが多いです。なかなか口に入れられなくて困っているときもママが誘導して距離感を覚えられるようにしてくださいね。

初めは「上手持ち」からでOK

初めから正しい持ち方を教える必要はありませんよ。まずは、おもちゃをつかんだり手づかみで食べたりするときに子どもがよくやる、手の甲を上にしてグーで握る上手持ちでOKです。

上手持ちで食べものを口に運ぶ練習や落とさないようにバランスをとる練習をすると、だんだんコツをつかんできます。「初めにこんな持ち方で練習するとクセになるのでは」と心配されるママもいるかと思いますが、練習を繰り返すことで学んでいくのであまり神経質になる必要はありませんよ。

上手持ちができてきたら、手のひらを上にしてグーで握る下手持ちにしてみましょう。フォークで刺すときは下手持ちのほうが案外うまくできることもありますよ。下手持ちの次は、ママと同じように鉛筆持ちにチャレンジしましょう。

使い方が上達するためのコツと注意点

握りやすくこぼれにくいスプーンとフォーク

子どもがスプーンとフォークを持ちにくく食べにくいと感じたら、持つことを嫌がるかもしれませんよね。持ちたいと思ってもらえるように、子どもが握りやすくこぼれにくいタイプを選びましょう。

使い始めの子どもには、持ち手に滑り止めがついているものや滑り止め加工がされているものがおすすめです。子どもはスプーンやフォークを放して、たびたび反対の手でつかんで食べることもあります。ベタベタの手でも滑りにくそうなものがよいですね。

また、スプーンはやや深さのあるものにすると、食べものを口に運ぶまでにこぼれても多少は残ります。フォークは先端が少し細くなっているものや、引っ掛かりやすいような溝のついたものを選ぶと麺類でもキャッチしやすいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC