就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

20代主婦に人気の趣味とは?子どもと楽しむ趣味や時間の取り方

20代主婦に人気の趣味とは?子どもと楽しむ趣味や時間の取り方

毎日、家事や育児に頑張るママこそ、息抜きとして趣味に没頭する時間を持つことは大切です。今回は「何か趣味を持ちたい」と考えている20代主婦に、おすすめの趣味をピックアップしてみました。忙しい毎日の中で、趣味の時間を確保する方法もあわせてご紹介していきますね。

20代主婦におすすめの人気の趣味とは

ストレス発散にジム通いやヨガの運動系

運動をすることにより、脳内でセロトニンやエンドルフィンという物質の分泌が促されます。これらの物質には、幸福感を与えて疲れを取り除く作用があるとされています。つまり、ストレスの発散には、運動系の趣味を持つことがおすすめだといえるでしょう。

もともと運動が苦手というママでも始めやすいのがヨガです。ゆっくりとした動きでありながら、普段使わない筋肉を鍛えることができるでしょう。また、いろいろなトレーニングマシーンや、プログラムに取り組めるようジムに通うのもよいですね。

平日の昼間なら、低価格で利用できるジムやヨガスクールなどもあります。会員になれば、インストラクターの的確なアドバイスのもと、集中してトレーニングができますよ。

自分の好きな空間を作り出すDIY

インテリアに興味があるママにおすすめな趣味はDIYです。DIYというと、日曜大工のような大掛かりな作業をイメージして「素人には無理」と思っているママは多いでしょう。しかし、小さめの木材パーツやグルーガンなど、DIYの材料は100円ショップなどでも手軽に入手でき、主婦にも簡単にDIYが楽しめますよ。

たしかに、大きな家具を自分の力だけで、一から作り上げるのは大変なことです。しかし、小さな棚などであれば、既製品を上手に利用しカスタマイズすることで、市販品にはない自分好みのアイテムを作れるでしょう。

手持ちの家具をアレンジしたり、オリジナルの作品を作ったりして、自分の好きな空間を作り出せるのがDIYの醍醐味といえますね。

販売することもできる刺繍や裁縫の作品作り

それほどスペースを必要とすることなく、手軽に取り組める趣味を持ちたいのなら刺繍や裁縫などがよいでしょう。特に、刺繍の中でも「刺し子」と呼ばれる日本に伝わる伝統的な刺繍に、夢中になっている20代主婦は多いようですよ。

刺繍は「細かい作業で何となく難しく、面倒くさいもの」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、刺し子は図案のとおりになみ縫いをするだけなので、それほど複雑なものではありません。必要な道具も布と針と糸だけなので、空いた時間を利用して手軽にできます。

ミシンが得意なママなら、ポーチなどの小物を作ったり、子どもの洋服を作ったりするのも素敵ですね。完成した作品を、フリマアプリなどで販売するという楽しみ方もありますよ。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

子どもと一緒に楽しめる趣味を紹介

子どもと散歩という名のウォーキング

子どもと一緒に過ごす時間の中で、ママの趣味としても楽しめそうなのが「散歩」という名のウォーキングです。歩きやすいスニーカーさえあれば、ほかに特別な道具は不要ですし、子どもとの散歩の延長として親子で取り組めるでしょう。

1日30分程度のウォーキングを週に3日ほど続ければ、ストレスを感じにくい体に変化するともいわれています。歩いて自然や社会に触れることは、子どもの五感のトレーニングにも役立ちますよ。

本来、子どもは歩くことが大好きなので、まずは近所の2kmくらいの距離を一緒に歩いてみましょう。散歩をしながら、雲の形や花の色など自然を楽しみ会話することは、親子のコミュニケーションの促進にも役立ちますね。

子どもも大好き土いじりのガーデニング

子どもは、土で遊ぶことが大好きです。そんな子どもと一緒に、ガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

雑草を抜いたり水やりをしたり…と毎日自然と触れ合い、季節を感じながら植物の世話をすることで、植物への愛着も湧いてきて、子どもの「自然を慈しむ心」が育めるでしょう。また、野菜を育てる場合には、自分たちで大切に育てた野菜を食べる喜びを体感することもできますし、苦手な野菜でも「自分で育てた野菜だから頑張って食べてみよう」と、積極的に口にするきっかけになるかもしれません。

種や土、プランター、肥料など、ガーデニングに必要な道具は、100円ショップでも買い揃えることができるので、手軽に始められますね。

子育ての日常を写真に収めSNSで楽しむ

成長記録として子どもの写真を撮ることが多いママは、趣味として写真を楽しむのも素敵ですね。本格的な一眼レフカメラなどがなくても、今はスマホがあれば十分高画質な写真が撮れるでしょう。

スマホを使って写真をうまく撮るコツを、プロカメラマンなどが教えてくれるワークショップなども、全国各地で開催されていますから、ネットで検索し気軽に参加してみるのもよいですね。

撮った写真をSNSなどに投稿してシェアすれば、多くの人に見てもらうことができ、見てもらうことでモチベーションも上がって、写真撮影をより一層楽しめるでしょう。撮影した写真をアルバムに収める際には、子どもと一緒に、マスキングテープやシールなどで装飾するという楽しみ方もあります。

20代主婦の趣味の時間の確保方法とは

子どもの昼寝中や夜の寝かしつけ完了後

趣味の時間を確保するためには、子育て中のちょっとした隙間の時間をうまく活用することが大切です。その一つが、子どもの昼寝中や寝かしつけ完了後の時間です。

子どもが寝ている時間は、ママが自分のやりたいことを楽しめる貴重なひととき。子どもが起きてしまうので、DIYでのトンカチを使う作業やミシンの使用など、大きな音が出る作業は難しいですが、誰にも邪魔をされずに自分の好きなことに取り組む時間を堪能することは、毎日の育児ストレスの発散にもなりますね。

趣味に夢中になりすぎて、気がついたら夜更かししていたということもあるかもしれませんが、ママがリフレッシュできれば「また家事に育児に頑張って取り組もう!」という活力が生まれるでしょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND