就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代の子育てママが感じる髪型の悩みは?手入れのコツと似合う髪型

40代の子育てママが感じる髪型の悩みは?手入れのコツと似合う髪型

年齢を重ねるとお肌だけでなく、髪の毛にも悩みが増えてきますね。髪の美しさが見た目年齢にも大きく影響を与えるのをご存じでしょうか。40代ママの髪型の悩みやお手入れのコツについて学んで、似合う髪型をみつけていつまでも若々しいママを目指しましょう。

髪と肌の変化で40代は似合う髪型が変わる

ホルモンの減少で40代から髪は老化する

40代になると、今までの髪型が似合わなくなってきたと感じることがあります。肌が老化するように髪の老化も進みますので、以前と同じ髪型にしてもなんだか決まらないことが増えますね。

その原因は、40代を過ぎると急激に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまうことです。女性の身体にも男性ホルモン、女性ホルモンの両方がありますが、年齢を重ねて女性ホルモンが減ると男性ホルモンの影響を受けて抜け毛や薄毛などが目立つようになってしまいます。

髪のパサつきや、つやが失われることも髪の老化現象です。40代になったら使うシャンプーなどは良質なものを選び、女性ホルモンと同じ働きをするといわれている大豆イソフラボンを積極的に補給しましょう。

肌の老化やたるみで似合う髪型が変わる

髪そのものの老化だけでなく、肌の老化でも似合う髪型が変わってきます。若いころはお肌もピンと張っていて、口角も上がり顎もシャープだったのに、加齢により肌の張りや潤いが少なくなると、重力に負けて肉がたるみとなって下がってきます。

どんな髪型も似合うためには卵型の輪郭が理想とされますが、40代になってくるとだんだんとベース型や四角型の輪郭へ近づいていきます。さらに、髪のボリュームがなくなってくるため、顔が余計に大きく見えてしまうのです。

若いころはきっちりまとめても、ストレートロングでも違和感がなかったのに、40代になるとボリュームがない髪型は似合いにくくなります。髪が細く、少なくなってくるので、いかにボリュームを出すかが40代の最大の課題です。

40代に増える白髪で髪型が決まらない

パサつく、つやがない、細くなってきたなどが多くの人が感じる髪の悩みですが、40代ママの一番の髪の悩みはなんといっても白髪です。白髪が出てくる年齢には個人差がありますが、40歳を境に急に目立つようになったというママが多くいます。

黒髪の日本人は、数本白髪が混じるだけでも非常に目立ちます。最近ではグレイヘアという新しい選択もできるようになりましたが、グレイにするまでに相当な時間がかかるため、なかなか白髪染めがやめられない女性も多いはずです。

白髪を気にすると分け目を変えたり、ヘアアレンジを楽しんだりということが怖くなってきます。見つけたら抜いてしまうママも、白髪染め派のママも、終わりのない白髪との戦いに疲弊してしまいそうですね。

忙しい子育て中でもできる手入れのコツ

ボリューム不足は「分け目」を消す

髪がぺたんこになってしまうと、実年齢よりも老けて見えることがあります。髪の量が少ない人や、細い人におすすめのボリューム不足解消のための簡単な方法をご紹介します。

まず、朝起きたときに髪の分け目がいつも同じになっている人は、あえて毎日分け目を変えるようにしましょう。分け目を変えることで、逆毛を立てたような状態になりふんわり仕上がります。

また、分け目を消してボリュームアップする方法も有効です。朝のスタイリングの際に、頭を左右に傾けて毛を毛根から立ち上げるようにドライヤーを当てます。

熱風の後は冷風を当てて形状記憶効果を狙います。毛髪1本1本が根元から立ち上がることで自然にボリュームアップしながらも軽い仕上がりになりますよ。

白髪染めも「ツヤ感カラー」で若々しく

「そろそろ白髪染めが必要かも」と感じるママ。でも、どんな色を選んだらよいか迷いますね。

サロンにいけば美容師さんに相談もできますが、自分で染めたいママは白髪染めコーナーにあるたくさんの色の中から選ばなければいけません。白髪染めは、白髪だけを染めるものではなく「白髪も染まる」染料なので、全体の雰囲気も変わることを忘れずに。

明るすぎる色を選ぶとちょっと無理したようにみえてしまいますし、暗すぎると伸びてきた白髪が目立ってしまいます。40代ママにおすすめのカラーはツヤ感のあるダークブラウン系カラー。

赤みのあるチェリーブラウンや上品な栗色はおしゃれ染め感覚で白髪を目立たなくすることができますよ。

小顔効果の「レイヤー」は手入れも簡単

40代ママには美しいシルエットだけでなく、お手入れのしやすさも髪型を決める大きなポイントになりますね。だんだんと輪郭が変化してくる40代ママには、小顔効果を狙ったレイヤースタイルがぴったりです。

レイヤーカットは乾かすだけでスタイルが決まりやすく、忙しい朝でも時間をかけずに準備ができます。目指すべきはひし形のシルエットで、ちょうど顎と耳の間にボリュームが出るようにカットをお願いしましょう。

顔周りを包み込むようにレイヤーを入れて、トップにボリュームがでるように根元からドライヤーを当ててスタイリングをすれば、たるみの気にならない若々しい表情になります。長さはアレンジがしやすくフェミニンなミディアムヘアがおすすめです。

40代の子育てママにおすすめの髪型3選

「ふんわりショートヘア」でうねりを解決

長い髪は確かに女性らしいですが、長さがある分重力に負けてぺたんこになりがちです。その点、ショートヘアはボリュームを出しやすく、お手入れも簡単でアクティブなイメージもありますね。

ですが、ただ短くしただけでは残念な「おばさんヘア」になることもあります。大事なのは、ふんわりボリュームと前下がりのシルエット。

頭頂部にボリュームが出るようにレイヤーを入れて、顔周りに長さを残します。コンパクトなひし形を作ることで小顔効果と短くても女性らしいラインになります。

髪が細くなるとうねりが出るなどくせが強くなることもあるので、ショートヘアにすることで気になる部分を隠すことができますね。前髪も流してサイドにつなげれば華やかスタイルの完成です。

顔周りを包み込む「内巻きミディアム」

女性らしいアレンジやまとめ髪も可能なミディアムヘアは、世代を問わず人気の長さですね。とくに華やかな「内巻きミディアム」は顔周りを包み込むデザインで小顔効果が抜群です。

パーマをかけておくことで扱いやすくなりますが、カットの段階で内巻きになるようにオーダーをしておくと朝の支度が楽になります。ブラシを使って内巻きにとかせばくるんと軽やかなヘアスタイルになります。

前髪もふんわりと立ち上げたいので、朝起きたらカーラーで内巻きに巻いておきましょう。出かける前にカーラーを外してサイドに軽く流せば大人可愛い内巻きカールヘアが完成します。

毛先が内側に巻き込むラインにリフトアップ効果があるので、たるみも目立たず華やかな表情になりますよ。

ロングヘアは「立体的な上品カール」

大人のロングヘアは余裕を感じて女っぷりをあげるのにも最適ですが、40代になると髪の量や輪郭の変化などから似合う髪型としては避けられがちです。しかし、ポイントを押さえてチャレンジすれば周りのママと差をつける魅力的なヘアスタイルになりますよ。

髪の毛にくせがでやすく、うねりが気になりはじめた、顔が間延びしてきたと感じるママには華やかなカールヘア、しかも「立体的な上品カール」がぴったりです。あまりきつすぎるパーマやカールはゴージャス感が出てしまうので、幼稚園のお迎えなどで浮いてしまう可能性があります。

ヘアアイロンを使う場合はナチュラルさを重視して、内巻きと外巻きを交互に作り、最後に手ぐしで空気を含ませるように軽さをだしましょう。

まとめ

まだまだ若い40代もとても多いですが、そろそろ若いときと同じメイク方法や髪型が似合わなくなってきます。40代には40代にふさわしい美的感覚にシフトしていくことが必要ですね。

若いときよりもより丁寧に、より上質なヘアケアやスタイリングを心がけると、20代のママたちにも負けない上品な大人の女性としての魅力を得ることができます。髪は肌と同じように年齢を表す大事なパーツです。

正しいお手入れで、いつまでも豊かな髪をキープしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018