就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

助手席にチャイルドシートが危険な理由。設置するときの注意点とは

助手席にチャイルドシートが危険な理由。設置するときの注意点とは

チャイルドシートを助手席で使用できたら、子どもの様子が分かりやすくてよいのに…と思ったことはないですか?なぜ、チャイルドシートは後部座席に設置するのが一般的なのでしょうか。今回は、チャイルドシートを助手席に取り付けるのを避けるべき理由や、設置の際に気をつけたいことについてご紹介します。

助手席に設置するのが危険な理由

事故のときいちばんケガをしやすい

事故のときにもっとも危険な座席は、助手席だといわれています。シートベルトをした状態での座席別での死亡率は、助手席がもっとも高いというデータもあるのです。

日本では、車は道路の左側を走行するため、車が右折をする際に助手席側に衝突されるという事故が多いそうです。また、進行方向の左側に壁などがあるため、衝突したときも助手席側の方が危険です。

そのほか、事故が起こりそうなとき、運転者は自分の身を守るために、反射的にハンドルを右に切ることが多いそうです。とっさの反応として仕方のないことですが、そういった面でも助手席側の方が危険にさらされやすいのです。

このように、事故に遭った際、助手席はもっとも被害を受けやすいのです。

エアバッグの衝撃は子どもには大きすぎる

最近の車には、助手席にエアバッグが搭載されている場合がほとんどです。本来は乗員の命を守るためのエアバッグですが、子どもにはむしろ危険を及ぼすかもしれません。

エアバッグは、時速100~300kmの速さで作動するそうです。乗員を守るため、衝突の瞬間ものすごい速さで一気に膨らむのです。

エアバッグが作動すると、車のフロントガラスが割れることもあります。それだけの衝撃を子どもが受けることを想像するだけでも、こわくなってしまいますね。

過去には、エアバッグの衝撃で子どもがケガをしたり、命を落としてしまったりする事故も起きています。エアバッグは、大人を守ることを想定して作られたものなので、子どもには危険なのです。

子どもが気になって運転に集中できない

助手席でチャイルドシートを使用できれば、いつでも子どもの様子が分かるので安心できそうですよね。しかし、子どもの様子がつねに確認できるということは、その分運転から意識が逸れやすいともいえます。

走行中に子どもがぐずっても、後部座席ならそのままにしておくしかありません。しかし、となりに子どもがいれば、あやそうとして運転に集中できなくなる危険性があります。

近年、運転中のスマートフォン操作による事故が多発していますが、運転中にほかのことに意識が向いてしまう状況は非常に危険です。それが子どもの様子を確認することであっても、一瞬の不注意が事故につながるかもしれません。

安全運転のためにも、助手席へチャイルドシートを取り付けるのは避けた方がよいでしょう。

チャイルドシートの助手席設置はいつから?

助手席に設置しても法律違反にならない

6歳未満の子どもには、チャイルドシートの使用が法律で義務づけられています。小さな子どもが車に乗る際には、必ずチャイルドシートに座らせなければいけません。

しかし、設置する位置については決まりがありません。そのため、助手席に取り付けたとしても、法律違反とはならないのです。

後部座席で子どもがぐずると、何もしてあげられずかわいそうと感じてしまうかもしれません。また、後ろ向きで使用するベビーシートだと、赤ちゃんの様子が分かりづらく、不安に思うこともあるでしょう。

しかし、先にも述べたような理由から、子どもを助手席に乗せるのは安全ではありません。法律違反にはなりませんが、なるべく避けるようにしたいですね。

「前向き」にできる1歳前後から一応OK

助手席にチャイルドシートを設置しても法律違反とはなりませんが、後ろ向きで使用するベビーシートは、助手席で使用しないようにと説明書に記載されています。

1歳頃までの乳児を車に乗せるときは、後ろ向きで乗せることになっています。これは、事故や急ブレーキなどで衝撃を受けたときに、赤ちゃんにかかる負荷を抑えるためです。

もし助手席に取り付けると、事故のときにエアバッグの衝撃を受けて、ベビーシートごと赤ちゃんが飛ばされてしまいます。このような理由から、助手席でベビーシートを使用することは禁止されているのです。

1歳前後になると、チャイルドシートを前向きで使用できるようになります。そうすると、助手席に取り付けることが可能になります。

できるだけ後部座席に設置するのが安全

上でも述べたように、チャイルドシートを前向きで使用できるようになれば、助手席への設置は可能ではあります。しかし、安全のことを考えると、可能な限り後部座席に取り付けるのが望ましいです。

後部座席で子どもが退屈したり、ぐずったりしてしまうという場合は、おもちゃを与えてみてはいかがでしょうか。ストラップやマジックテープなどで取り付けられるおもちゃなら、落としてしまう心配がなく、長く遊ぶことができますね。

後ろ向きで赤ちゃんを乗せる場合、赤ちゃんの様子が分からず心配になりますよね。そのようなときはベビーミラーを取り付けると、運転席からでも後部座席にいる赤ちゃんの様子を確認することができるので安心ですよ。

助手席に設置するときに気をつけること

「前向き」で助手席を後ろまで下げる

先にも述べたように、後ろ向きで使用するベビーシートは、事故の際にエアバックの衝撃を受けてしまうため大変危険です。やむを得ず、助手席にチャイルドシートを取り付ける際には、必ず前向きで使用できるようになってからにしてください。

そして、座席は一番後ろまで下げるようにしましょう。可能な限りエアバックから遠ざけることで、万が一事故が起こったときでも、エアバックの衝撃を抑えられるようにするためです。

しかし、後ろまで下げたからといって、必ずしも安全とはいえません。エアバックの衝撃によって大人がケガをすることもあるくらいですので、子どもがエアバックと接触してしまうと、いっそう危険であるということは忘れないでくださいね。

すべる生地の上着は脱がせてから乗せる

子どもがポリエステルなどのつるつるした生地で作られた上着を着ているときは、そのままチャイルドシートに乗せるのは避け、上着は脱がせるようにしましょう。もし事故が起こったときに、子どもが上着から抜け出て、座席から投げ出される危険性があります。

冬は、コートやウインドブレーカーなど、つるつるした生地の上着を着ることが多くなりますね。すべりやすい素材ということに加え、重ね着で着ぶくれすると、ベルトを普段よりゆるめて使用するため、子どもが抜け出てしまう危険性がより高まってしまいます。

上着を脱がせてしまうと寒いという場合は、ベルトを締めた上から、上着やブランケットなどをかけてあげるようにするとよいでしょう。

エアバッグオフ機能付の車以外は1歳以降に

輸入車の中には、助手席でチャイルドシートを使用できるものがあります。それは、助手席のエアバッグが作動しないように設定できるオフ機能が備わっているためです。

ただし、エアバッグのオフ機能が付いている車であっても、1歳頃になるまでは後ろ向きのベビーシートの状態で取り付けるようにしてくださいね。エアバッグの衝撃を受ける危険性がないため、後ろ向きで正しく使用することで、赤ちゃんの安全を守ることができます。

現在、国産車にはエアバッグの作動を任意で止められる機能はありません。やむを得ず国産車で助手席にチャイルドシートを取り付けたいときは、必ず前向きで使用できる1歳頃からにして、子どもの安全を守ってあげてくださいね。

まとめ

助手席でチャイルドシートを使用することは違反ではないものの、安全を考慮すると避けるのが望ましいです。やむを得ず助手席へ取り付ける場合は、注意すべきことを守って、ケガや事故につながらないように配慮しましょう。

運転中に子どもがぐずってしまうと、落ち着かせてあげたいと思うのが親心ですが、それで運転に集中できなくなってしまうと危険です。運転に集中し、安全を守るためにも、可能な限り子どもは後部座席に乗せるようにしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018