就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが冬でも半ズボンは寒い?薄着でも風邪をひかないポイント

子どもが冬でも半ズボンは寒い?薄着でも風邪をひかないポイント

子どもが冬に薄着をするときの注意点

暑がりな子は汗をかかない程度に

子どもが薄着をする際には、子どもの状態を確認する必要があります。それは、子どもが寒がっているのに薄着をすると、体調が悪くなってしまう可能性があるからです。いつでも、子どもの様子を見てから適した服装をすることが大事です。

その日の気温や、子どもの体調、体質に合わせて服装を考えるとよいでしょう。親の体質が遺伝することもあるので、子どもの体質も様々です。暑がりの子もいれば、寒がりな子もいますよ。

子どもでも、冷え性体質の場合がありますから手足を触って確認しましょう。冷たければ服を着て温めましょう。寒がりな子どもの場合には無理に薄着せずに、また、暑がりな子は汗をかかない程度に服を着るように気をつけましょう。

寒がりな子は少しずつ薄着に慣れよう

薄着がよいからと無理をしたら、体調を崩してしまうかもしれません。とくに、寒がりな子の場合、無理をしてしまうと風邪を引きやすくなるようです。

風邪を引かないためにも、一気に薄着するのではなく、少しずつに薄着に慣らしていくのがよいでしょう。真冬から、突然薄着にするのではなく、秋ごろから少しずつ薄着にしていくなどして工夫してみましょう。

服も重ね着をして、暑ければ1枚ずつ脱いでいけば自分で調節することもできます。重ね着すると、服と服の間に層ができて温かくなります。ですから、体も温めやすく温度調節もしやすいですよ。

首や背中は冷やすと全身が冷え過ぎてしまいます。インナーには肌着を着て、その上に着る服で調整しましょう。

薄着励行の幼稚園で冬でも半ズボンへ

幼稚園には制服がある園が多いですよね。色々な制服がある中で、冬用の制服が半ズボンとスカートという場合もあります。

ママからすると、「冬でも半ズボンやスカートでは寒いのではないか」と、心配になるかもしれません。そのような場合は、冬はタイツや長靴下を履くなどして対応しているママもいますよ。

幼稚園に行ってしまえば、暖房が入っていますし、遊んでいるうちに温かくなります。ですので、半ズボンやスカートでも平気な子どもが多いのかもしれません。冬に半ズボンやスカートで過ごしても、ママが心配しているほど子どもは寒くないこともありますよ。

薄着励行の幼稚園で、冬でも半ズボンやスカートで過ごす体験をしてみることもよいかもしれませんね。

冬の薄着で子どもが風邪を引かない方法

体の中心と「首」とつく所は冷やさない

冬に薄着をして体を鍛えようとして、かえって子どもが風邪を引いてしまったなどということがないように、体の中心(背中やお腹)と首、手首、足首は冷やさないようにしましょう。

外気温の影響を受けずに、子どもの体温を知りたいときは、体の中心を触ってみると分かるといいます。この部分が冷えたら、体全体が冷えて体調が悪くなるのも分かりますよ。

また、手首や足首、首は神経が集中して寒さを感じやすい部分です。体の中心同様に、この部分も冷やさないことが大切です。

寒い場所に行くときは、マフラーや手袋、レッグウォーマー、靴下などで温めて冷えを防ぎましょう。暑くなったらマフラーや手袋は取って調節できますね。ポイントを抑えた上での薄着が大事ですよ。

寒さに弱い子は半ズボンにレギンス

体質はそれぞれで違ってきますから、寒さに弱い子も強い子もいます。寒さに弱い子には、手首や足首、首を冷やさないようにしながら、薄着をしてみましょう。

半ズボンを履くときには、その下にレギンスも履いてみませんか?長いズボンを履いている場合、暑くなったら脱ぐというわけにはいきません。しかし、レギンスだと暑くなったら脱ぐことで温度調節ができますよ。

レギンスは、伸縮性があるので動きやすく、薄手のものから保温機能がついたものまで様々です。男女問わず、デザインも豊富なので試して見るとよいでしょう。子どもと一緒にお気に入りのデザインを選んで見るのも楽しいですよ。

寒くなり過ぎない薄着をして、メリットを十分に取り入れられたらよいですね。

移動中はブランケットなどで体温調節を

普通に過ごしていたら薄着で大丈夫でも、自転車の後ろに乗ったり、ベビーカーに乗って移動したりする間は、子どもが自分で動くこともありませんし、風を受けますから寒いですよね。そんなときは、ブランケットなどで体が冷えないようにしましょう。

ブランケットを肩から掛ければ、中が薄着でも安心です。移動中に使うブランケットには脱ぎ着がしやすく、多少の風が吹いても取れないようにホックがついているものもありますよ。車輪に巻き込まれにくいのも安心ですね。

また、ポンチョも体温調節しやすいアイテムです。頭からかぶるような形なので、子どもが自分で簡単に脱ぎ着ができますね。

移動中に体を冷やさないようにしたら、風邪を引く可能性も低くなりそうですね。

まとめ

冬でも半ズボンを履いている子どもを見たら寒くないかと心配になりますね。しかし、薄着をすることで体温調節機能が鍛えられる、自律神経が整う、抵抗力が養われて寒さに強い体になるなどのメリットがあります。

子どもの体質や体調、外気温に合わせて服を調節し、少しずつ薄着に慣れていきましょう。首や体の中心を冷やし過ぎず、脱ぎ着しやすいものを利用して体を温めると、風邪を引くということはなさそうです。

寒くてもあまり厚着をせずに、無理のない範囲で薄着にチャレンジしてみましょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND