就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが冬でも半ズボンは寒そう?薄着でも風邪をひかせないポイント

子どもが冬でも半ズボンは寒そう?薄着でも風邪をひかせないポイント

冬でも半ズボンで過ごしている子どもを見ると寒そうで、風邪をひかないか心配になりますね。その一方で、薄着の方が体が丈夫になるとも聞くし、本当はどうなのでしょうか。そんな疑問を解決するために、冬に薄着で過ごす場合の体への影響と風邪をひかせないためのポイントなどをまとめて紹介します。

冬でも薄着で過ごすメリットとは

自律神経が整えられる

大人ではあまり見かけませんが、冬に半ズボン姿の子どもは見ることがありますよね。半ズボン姿は寒そうに見えますが、寒くはないのでしょうか。

人は外気温が低ければ体温を下げないように、血管を収縮して熱を逃がさないようにします。この働きは自律神経がつかさどっていて、体の中をできるだけ一定に保とうとするのです。

ですから、外気温が体温と違うほど、体の中を一定に保とうと自律神経を働かせることになります。薄着をして外の寒さを感じれば感じるほど、体温を高めようと自律神経が働いて整えられるというわけです。

子どもは大人よりも体温が高いですから、寒さを感じにくいようですが、寒さを感じると自律神経が整えられるというよいことがありそうですね。

体温調節機能が鍛えられる

赤ちゃんは体温調節機能が未熟な状態で生まれます。外気温が高ければ体温も高くなりますし、外気温が低ければ体温は低くなるのです。ですから、ママやパパが服や室温を調節して体調を崩さないように注意が必要です。

子どもが成長するにつれて体温調節機能も発達していき、外気温の変化に順応できるようになります。寒かったら血管を収縮して足の裏や手のひらから熱が出ないように調節し、暑かったら足の裏や手のひらから熱を放出したり汗をかいたりして体温が高くなりすぎないように調節するのです。

薄着をすることで、外気温を感じやすくなり体温調節機能が鍛えられるのです。外気温が常に一定であれば、体温調節機能が働きませんから鍛えられないのですね。

乾布摩擦により免疫力や抵抗力が高まる

乾布摩擦は乾いた布で肌を直接こすることをいい、鍛えるためにする人もいますね。寒い中服を脱いで行うので、薄着ですることになります。

乾いた布で皮膚をこするという刺激と、肌に冷たい外気が触れるという温度刺激によって、自律神経が刺激されます。こうして皮膚の神経を刺激することによって、自律神経を強化することができるのです。

自律神経の機能が高くなれば寒さにも強くなりますし、新陳代謝がよくなったり、免疫力が高まって風邪をひきにくくなったりするという効果が期待できます。抵抗力も高まるということですね。

皮膚に刺激を与えることで、血管が拡張し体も温まります。血行もよくなりますので、冷え性の解消にもなりますから、寒さに強くなるのです。

子どもに冬の薄着をさせるときの注意点

暑がりな子は汗をかかせない程度

子どもに薄着をさせる際には、子どもの状態を確認する必要があります。それは、寒がっているのに薄着をさせると、体調を悪くさせてしまう可能性があるからです。何をするにも子どもの反応を見てから、反応に適したことをすることが大事です。

その日の気温や、子どもの体調や体質に合わせて服装を考えるとよいでしょう。親の体質が遺伝することもあるので、子どもの体質もそれぞれです。暑がりの子もいれば、寒がりな子もいます。

子どもでも冷え性の体質の場合がありますから、手足を触ってみて冷たかったら服を着せて温めましょう。寒がりな子には無理に薄着をさせずに、また、暑がりな子には汗をかかせない程度に服を着せるように注意することが必要です。

寒がりな子には薄着になれさせていくように

薄着がよいからと無理をさせたら、体調を崩してしまうかもしれません。特に寒がりな子の場合、無理をしてしまうと風邪をひきやすくなるようです。

風邪をひかせないためにも、一気に薄着にさせるのではなく、徐々に薄着にならしていくのがよいでしょう。真冬から薄着にさせていくのではなく、秋頃から少しずつ薄着にしていくとなれていってくれますね。

服も重ね着をさせて、暑ければ1枚ずつ脱いでいけば自分で調節することもできます。重ね着すると服と服の間に層ができて温かくなりますから、体も温めやすく、温度調節もしやすいですね。

首や背中は冷やすと全身が冷えすぎてしまいますから、肌着は着ている方がよいですよ。その上に着る服で調整しましょう。

薄着励行の幼稚園で冬でも半ズボンへ

幼稚園には制服があるところが多いですよね。いろいろな制服がある中で、冬用の制服が半ズボンとスカートというところもあります。

冬でも半ズボンやスカートでは寒いのではないかと、心配になるかもしれません。冬はタイツや運動着、長靴下を履かせて対応している場合もあるでしょう。

幼稚園に行ってしまえば、暖房がはいってますし、遊んでいるうちに温かくなりますから、子ども自身は半ズボンやスカートでも平気なことが多いかもしれません。冬に半ズボンやスカートで過ごしても、ママが心配しているほど子どもは寒くないこともありますよ。

ママが心配しすぎず、薄着励行の幼稚園で冬でも半ズボンやスカートで過ごす体験をしてみることもよいかもしれませんね。

冬でも薄着で風邪をひかせない方法

体の中心と「首」とつく所は冷やさない

冬に薄着をして体を鍛えようとして、かえって風邪をひかせてしまったなどということがないように、体の中心(背中やお腹)と首、手首、足首は冷やさないようにしましょう。

子どもの体温を外気温の影響を受けずに知りたいときは、体の中心をさわってみるとわかるといいます。ここが冷えたら体全体が冷えて体調が悪くなるのもわかりますね。手首や足首、首は神経が集中して寒さを感じやすい部分でもありますから、ここも冷やさないことが大切です。

寒い所に行くときは、マフラーや手袋、レッグウォーマー、靴下で温めて冷えすぎを防ぎましょう。暑くなったらマフラーや手袋はとって調節できますね。ポイントを抑えた上での薄着が大事なのです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC