就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幸せな夫婦生活を送りたいママへ!理想の夫婦関係や幸せになる方法

幸せな夫婦生活を送りたいママへ!理想の夫婦関係や幸せになる方法

結婚しママになっても「パパとはずっとラブラブでいたい」「子どもが憧れるような仲良し夫婦でいたい」など、理想を持って過ごしている方も多いのではないでしょうか。ここでは、幸せな関係が続くように、夫婦が仲良く居続けるためにはどのように過ごせばよいのかや、喧嘩になったときの対処法などを見ていきましょう。

理想的な夫婦関係ってどんなもの?

対等な立場でお互いを尊敬し合える

夫婦はパパとママ、どちらか一方が我慢したり、わがままを言ったりしていては理想的な夫婦になることは難しいですよね。日頃からお互いを尊敬し対等な立場で接していけると、周りから憧れられる理想の夫婦に近づけるでしょう。

結婚したときは「パパのこういうところが素敵」「仕事と家事を頑張っているママを尊敬する」など、一緒に生活していくなかでお互いの尊敬できる部分をたくさん見つけていたかもしれませんね。しかし、夫婦生活が長くなるとお互いのよいところを見失うことも多く、嫌な部分ばかりに目が行ってしまう方もたくさんいます。

忙しくても結婚した当初の気持ちを思い出し、お互いのよいところを見つけて生活できるとよいですね。

がまんしないで本音が言える

結婚生活が長くなると、お互いに「もっと子育てに積極的になってほしい」「すぐに機嫌が悪くなって態度に出るのを直してほしい」など、お互いに不満に感じる部分が出てくることも多いですよね。「不満を言うと喧嘩になるから嫌」「自分ががまんすれば済むから、言わないでおこう」など、自分の気持ちをがまんしていることはありませんか?

がまんすると不満は溜まる一方で、いつか限界がきてしまうでしょう。限界がきたときには手遅れになる可能性があるため、不満がある場合は早めに相手に伝えることが大切ですよ。

友だちでもなかなか本音で語り合えないこともありますよね。パパとママが本音でなんでも言い合える関係になれると、素晴らしいパートナーとなるでしょう。

子どもがいても恋人気分を忘れない

「夫婦2人のときはラブラブだったのに、子どもが生まれてからはパパとママになってしまった」「子どもが生まれてからは、家族として接することが増え、恋人のようにふれあうことがなくなった」など、出産がきっかけで夫婦関係が冷めてしまう方も多いですよね。

親となる自覚を持つのは大切ですが、パパとママが愛し合っていることは子どもにとっても嬉しいものですよ。子育てをしていても、パパといる時間は恋人気分を味わいましょう。

先輩ママたちのなかには「毎日パパを見送るときは、キスをしている」「お出かけするときは夫婦で手を繋いで歩く」「結婚記念日には、夫婦でデートを楽しむ」など、子育てをしながら恋人気分を楽しんでいる方もたくさんいます。

幸せな夫婦生活のためにできる心がけ

ありがとうの言葉と感謝の気持ちを忘れない

結婚し子どもが生まれてからも、幸せな結婚生活を過ごしていきたいですよね。夫婦仲がよいとパパやママだけでなく、子どもにも笑顔が増え幸せな生活を送れるでしょう。子育てをしていると毎日がバタバタで、あっという間に毎日が過ぎてしまいます。忙しいと心に余裕が持てず、感謝の気持ちを伝えるのを忘れている方が多いのではないでしょうか。

ささいなことでも人から「ありがとう」と言われると、嬉しい気持ちになりますよね。夜ご飯の後片付けをした、洗濯物を畳んだ、子どもの寝かしつけをしたなど、小さなことにも「ありがとう」と感謝を伝えられると、いつまでも夫婦がよい関係を続けられますよ。

パパとママが「ありがとう」と言い合っていると、子どもも人に感謝する大切さを学べますね。

スキンシップやコミュニケーションを大切に

子どもとのスキンシップが信頼関係を築くのに大切なように、夫婦間でもスキンシップを毎日とるのは重要ですよね。「今日は仕事忙しかった?」「子どもの保育園はどんな感じだった?」など、会話をするのもよいですが、スキンシップをとるのも忘れないようにしましょう。

結婚生活が長くなると、スキンシップが減る夫婦はたくさんいます。「相手にどのようにふれるといいか分からない」「パパといつからハグをしていないだろう」など、スキンシップのとり方まで分からなくなっている方もいるのではないでしょうか。

スキンシップは言葉のいらない愛情表現の一つで、お家ですぐにできますよね。子どもだけでなく、夫婦のコミュニケーションにもスキンシップはよいですよ。

欠点はお互い様の精神で認めて補い合う

どんなに優れている人でも、欠点が一つもない人はなかなかいないのではないでしょうか。ただ、相手と自分とでは欠点が違うというだけで、どんな人にも欠点はあるものですよね。

相手の欠点を見つけては「パパはここがダメなんだよ」「ママはこういうところを直したほうがいいよ」など、指摘し合ってばかりでは言い合いになることが増えてしまいます。相手の欠点を発見しても注意するのではなく「欠点なんて誰にでもあるよね」「私にも欠点はあるし、お互い様だよね」と認められると、仲良し夫婦でいられるでしょう。

パパとママでは欠点が違うため、お互い助け合えるとよいですよね。「パパは手続きが苦手だから私がやろう」「ママは掃除が苦手だからやっておこう」など、夫婦は助け合いが大切ですよ。

夫婦喧嘩を幸せになる方法の一つに

夫婦喧嘩に勝ち負けを求めない

毎日一緒に過ごしていると、夫婦でぶつかるときもあるかもしれませんね。いくら仲のよい夫婦でも、考え方や価値観などに違いがあるため、意見が合わないことがあるのは仕方のないことでしょう。

しかし、言い合いになったときに勝ち負けを求めてしまうと、夫婦関係が悪化する恐れがあります。「あなたが悪いから謝ってよ」「俺の考えは間違っていない。間違っているのはママだよ」など、どちらか一方だけを責めても問題は解決しないですよね。

自分にも悪いところがあったと認めて、相手にすぐに謝ることも大切です。「自分は悪くない」と勝ち負けにこだわって頑固になると、喧嘩が長引いて関係を修復するのに時間がかかってしまいますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC