就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

よく泣く赤ちゃんの抱っこと家事を両立!なぜ泣くかと対策

よく泣く赤ちゃんの抱っこと家事を両立!なぜ泣くかと対策

「泣くこと=赤ちゃんの仕事」と頭ではわかっていても、赤ちゃんが泣くとママは付きっきりになるため、家事ができなくて困ってしまいますよね。おむつ替えや授乳で泣き止んでくれればよいですが、なかには一日中抱っこしっぱなしというママも。そこで今回は、赤ちゃんの泣く理由とその対策をご紹介します。

月例別になぜ抱っこしないと泣くのか

新生児期の赤ちゃんが泣く理由

生まれたばかりの赤ちゃんは、不快なことがあると泣いて知らせます。まずは原因になることが多いおむつとミルクを確認しましょう。

新生児のうんちは水っぽいのでお尻が濡れて気持ち悪いのかもしれません。また、母乳のママは最初はおっぱいの出がよくないこともあり、赤ちゃんの吸う力も弱いのですぐにお腹が空いておっぱいを欲しがります。吸われるほど母乳の量が増えますので、泣いたらおっぱいをあげてみましょう。

ほかにはげっぷが出ない、眠たいのに眠れない、暑い寒いなどの理由も考えられます。大人でも感覚や気持ちが敏感な人や寝つきが悪い人がいるように、赤ちゃん一人一人にも個性があります。

また、お腹の中から急に外に出て、不安や寂しさでママを求めているのかもしれませんね。

生後1カ月の赤ちゃんが泣く理由

基本的には新生児期と同じ理由ですが、赤ちゃんに二つの変化があります。一つめは少し目が見えてくることです。そうなると脳への情報が多くなり、昼間に光や音の刺激が強過ぎる場所に行くと、夕方からぐずる原因になることがあります。

二つめは何度も授乳が必要とはいえ、少しずつ哺乳量が増えることです。個人差はありますが、昨日までの量では足らなくなったり、よく動いたりしたときはいつもより多くミルクを欲しがることもありますよね。授乳は親子の触れ合いでもあるので、抱っこして赤ちゃんに安心感も一緒に与えましょう。

また、生後3~4カ月くらいまでは満腹中枢が未発達なので、飲み過ぎで苦しくて泣くことがあります。授乳について気になることがあれば、健診などで相談してみましょう。

生後2カ月の赤ちゃんが泣く理由

実は生後2カ月の赤ちゃんが一日で泣く時間が一番多いそうです。個人差はありますが、3カ月を過ぎる頃には泣く時間が少なくなっていきます。

この頃は昼夜の区別が付き始めるため、大人と同じ睡眠パターンを獲得中に夜泣きが始まることがあります。赤ちゃんはがんばって練習中なのだと思いママやパパは抱っこで安心させてあげましょう。

また、早い子では夕方に「たそがれ泣き」が、始まることがあります。「たそがれ泣き」は原因不明ですが、お腹のガスや日中の疲れが原因ともいわれます。

何をしても泣き止まずママが泣きたくなりますよね。でもずっとは続きません。必ず終わりがきます。また、泣き声でご近所が気になるときは、一度挨拶に行くといいですね。

赤ちゃんを泣き止ませるおすすめの方法

おくるみでおひな巻きを試してみよう

生後間もない赤ちゃんは、まっすぐの姿勢が寝づらくてぐずることがあります。そこでおくるみで赤ちゃんを子宮にいた頃の姿勢で包むと、よく眠れることが多いのです。

その方法は「おひな巻き」といって、もとはママやベビー用品販売の「トコちゃんベルトの青葉」の製品名です。「おひな巻き」は赤ちゃんの眠りだけでなく背骨の発育にもよいのです。けれど以下の注意点があります。

・手はおくるみの外に出す
・足はM字やあぐらの形で包む
・長時間包まない
・目を離さない
・嫌がるときはやめる

これらの注意点は先天性股関節脱臼や乳幼児突然死症候群を予防するためです。正しいやり方で赤ちゃんの眠りと発育をサポートしましょう。包み方の詳細は、青葉さんのウェブサイトでご確認ください。

ママの心音に似ている音を聞かせてあげよう

赤ちゃんはお腹の中でずっと過ごしていたので、生まれて間もない頃は外より胎内の方が馴染み深い環境ということになりますよね。そこで、泣いている赤ちゃんにお腹にいた頃に聞いていたママの心臓の音や、それに似た音を聞かせてみましょう。

赤ちゃんの寝かしつけなどのために収録された心音や胎内音があり、それを聞くと赤ちゃんが安心して落ち着くことがあります。心音の入手方法は以下のとおりです。

・YouTubeなどの音源
・赤ちゃん用の心音が収録されたCD
・心音や胎内音などが流れるぬいぐるみ
・ママの心音を収録してCDにしてくれるサービスや、心音を録音できる商品

手軽なものから試してみましょう。本格的にぐずる前に聞かせるのが効果的ともいわれます。

ベビーマッサージを試してみよう

本格的なベビーマッサージもよいですが、外出先などで急に泣き出したときは、すぐにできる簡単なマッサージがあります。

一つは背中をポンポンする方法です。赤ちゃんを抱っこして、軽くリズミカルに背中ポンポンと刺激すると、セロトニンというホルモンが出て落ち着いてきます。そうしたら首から背中をなでてあげると呼吸も楽になります。

また、頭をなでるのもよい方法です。よしよしするように頭を優しくなでたり、額から頭のてっぺんにかけて髪の毛をかき上げるようにすると、心が安定するそうです。

マッサージは強い刺激ではなく手の重さだけの力で赤ちゃんの様子を見ながら行いましょう。ふだん何気なくやっていることですが、優しく触れることが赤ちゃんの安心につながるのですね。

おすすめアイテムを使って家事をしよう

エルゴや抱っこ紐を使って家事をしよう

布団に降ろすと泣いてしまう赤ちゃんは、新生児から使える抱っこ紐を使い家事をしてはいかがでしょうか。たとえば、エルゴの抱っこ紐は新生児から縦抱きができ、種類により体重15㎏~20㎏まで使えるので便利です。ただし使用には下記の条件をすべて満たすことが必要です。

・体重3.2㎏以上
・対面抱っこのみ
・インファントインサートを使用(抱っこ紐の種類により不要なこともあります)

インファントインサートはエルゴの抱っこ紐の中に入れることで新生児の首、丸まった背骨、M字の脚そのままの姿勢で抱っこできます。赤ちゃんの安全のために必ず正規品を正しい方法で使いましょう。

また、産後のママと赤ちゃんの体調のためにも、無理せずに補助的に使うのがよいですね。

ママの顔を見ながらバウンサーでゆらゆら

バウンサーはゆらゆらと揺れる揺りかごのようなベビーチェアなので、抱っこしないと泣いてしまう赤ちゃんも、ママのお腹の中のように揺れることで落ち着く場合があります。また折り畳み式も多く持ち運べるので、ママの近くに置いてときどきバウンサーを揺らしてあげたり、話しかけたりして様子を見ながら家事ができますね。また電動で揺らせるものもあります。

使用には下記の点に注意しましょう。

・製品により対象年齢や対象体重が違うので確認する
・事故防止のために安全ベルトを締める
・ママの目の届くところで使う
・寝返りなどの発育のために長時間寝かせたり、ベビーベッド代わりにしない

中にはバウンサーを嫌がる赤ちゃんもいるので、まずはレンタルで試してみるのもよいですね。

ベッドメリーで遊んでいるうちに家事を!

ベッドメリーとは、赤ちゃんの上で小さなぬいぐるみや人形が吊り下げられたモビールが回りながら音楽が流れるおもちゃで、ベビーベッドに取り付けて使います。ベッドの柵に取り付ける場合は、サイズが合うかどうかを確認しましょう。また、床に置けるものは布団で寝ている赤ちゃんにも使えます。

音楽を流すには手巻きと電動があり、電動の方が長時間流れるので家事をしたいときは便利かもしれませんね。製品によってタイマーが付きや、泣き声に反応して動くもの、何種類もの音楽のほかに眠りに誘う胎内音などが収録されているもの、ベビージムになり長く使えるものなどうれしい機能付きのものも多いです。

また、オルゴールが流れるシンプルな作りのベッドメリーもおもむきがあり素敵です。

まとめ

赤ちゃんが泣き止まないとママは家事ができず、抱っこばかりの毎日が続くことがありますし、夜泣きや夜間の授乳もあると休む間がありませんよね。便利な品々をご紹介しましたが、この時期を乗り切る鍵は、パパとママの連携と、最低限の家事でよしとする気持ちかもしれません。

ミルクやおむつ替えは、ママは細かいことは目をつぶりパパを褒めて感謝を伝えると進んでやってくれることも多いですし、寝かしつけは案外パパが上手ということがあります。ママは一人で抱え込まずにパパに相談し一緒に家事や育児ができたらいいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018