就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの海での格好は?日焼けと暑さ対策をしっかりしよう!

赤ちゃんの海での格好は?日焼けと暑さ対策をしっかりしよう!

夏真っ盛り、家族で海におでかけするのも楽しい季節です。ただ、とても敏感な赤ちゃんの肌に夏の日差しや海辺の環境が優しいとはいえません。後悔しないためにも、赤ちゃん連れで海に行くときに気をつけたい格好や、赤ちゃんと安全に海を楽しむための対策をチェックしておきましょう。

赤ちゃんと初めての海!水着の選び方

月齢別の水着を選ぶポイント

赤ちゃんは水遊びが大好きです。かわいい水着で遊ぶ姿は絶好のシャッターチャンスでもありますが、かわいさだけで選ぶと快適性が失われることもありますので注意しましょう。

「すぐ着られなくなるから」と大きめの水着を選ぶママも多いかもしれませんが、ぶかぶかの水着では水の中で脱げてしまったり、水がたまって重くなったりして赤ちゃんには不快なことも。長く使いたい気持ちも分かりますが、水着はジャストサイズを選びましょう。

月齢の低い赤ちゃんやおむつが外れていない赤ちゃんには、お腹を冷やさないつなぎタイプの水着がおすすめ。グレコ、ワンピース、ロンパースと呼ばれるものがこのタイプです。

水着の下には水遊び用のおむつをつけると安心ですね。

ストレッチが効いていて、着心地のいい水着

水着の着心地のよさを左右するのがフィット感です。身体にぴったりフィットすることで、動きやすく、保温性も保たれます。

赤ちゃんの肌は柔らかいので、伸びのわるい生地を使った水着だと締めつけが強すぎて食い込んだり、擦れたりしてしまうことがあります。赤ちゃんも動きづらさを感じると水着を嫌がるようになってしまいますので、柔らかく伸びのいい生地であることを確認してから購入しましょう。

また、水着は直接肌に触れるものなので、内側にある縫い目やタグなどもチェックしてください。最近ではネットショッピングで簡単に購入できるので便利ですが、手触りや細かな部分を把握するためにも一度手に取ってから購入することをおすすめします。

着せやすくて脱がせやすい水着

赤ちゃんはまだ一人で水着を着たり脱いだりできないので、ママが着脱しやすいことも選ぶポイントになります。水にぬれる前はさほど着脱の不便を感じなくても、たっぷりと水を含んだ水着は肌に張りついてくるので脱がせにくくなるものです。

さらにじっとしていない赤ちゃんに水着を着てもらうのは意外と大変です。袖があるものや、紐で結ぶタイプのビキニ、かぶせてはかせるセパレートよりも、ワンピースタイプの水着の方がパッと着せやすくて脱がせやすいと感じるママが多いようですよ。

水着はデザインと使われている素材のストレッチ性の高さで着脱のしやすさが決まります。赤ちゃんが快適に海で遊べるように、着心地のいい水着を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんのお肌を守る!日焼け対策3つ

赤ちゃん用のラッシュガード

夏の外出で気になるのが紫外線対策です。赤ちゃんは皮膚が弱く、強すぎる日差しは肌に大きなダメージを与えます。

水着のデザインで肩が隠れるものなどを選んでもいいのですが、水着の上から使えるラッシュガードがあると、必要に応じて紫外線対策ができるので便利ですよ。ハイネックタイプやフード付き、足首までのラッシュトレンカなど、水の中に入るときだけでなく、水から上がった後の保温のためにも使えます。

ジップアップやシャツタイプのものが主流ですが、赤ちゃんにはつなぎタイプのラッシュガードもあり、水着の代わりとしても着用できます。生地そのものに紫外線カットの加工がされているものが多いので、日差しの強いビーチでも安心ですね。

UV効果のある帽子、ケープ、カーディガン

水着やラッシュガードだけでは紫外線対策が万全とはいえません。帽子はすぐに思いつくかもしれませんが、首の後ろや手の甲、足などにも容赦なく紫外線はふりそそいでいますので、UV効果のある素材で作られた帽子、ケープ、カーディガンなどを用意しておきましょう。

帽子は首の後ろまでガードする日よけ布つきがおすすめです。大き目のケープやカーディガンはその場の状況に合わせて使えるのでぜひ1枚は持っておいてください。赤ちゃんが休憩するときに身体を包んであげたり、座った時に足まですっぽり隠したりすることができますよ。

赤ちゃんは遊びに夢中になっていると強い日差しの下でも暑さを感じにくくなってしまいますので、ママがしっかり紫外線から守ってあげましょう。

赤ちゃんでも使える安心な日焼け止め

紫外線対策の極めつけが日焼け止めを塗ることです。あらかじめ塗っておけば、肌をうっかり強い日差しにさらしてしまっても紫外線から守ってくれます。

ただ、赤ちゃんの肌は敏感なので、大人と同じものを使うのは避けた方がよいでしょう。赤ちゃん専用の日焼け止めは、紫外線吸収剤やアルコールが使われていない低刺激で肌に優しい処方になっているので安心です。

赤ちゃんを抱っこするなどスキンシップが多いママも、同じ日焼け止めを使うとよいでしょう。海で使用することを考えると、ウォータープルーフ処方の日焼け止めがよさそうですが、そうでないものでもこまめに塗りなおすことで十分な紫外線対策になりますので覚えておきましょう。

赤ちゃんを暑さから守る!暑さ対策3つ

こまめな水分補給を心がけて

赤ちゃんは汗っかきなので、暑いビーチで遊んでいるとあっという間に脱水症状になってしまう危険性があります。遊んでいるとのどが渇いていることにも気がつきませんので、ママがこまめな水分補給を心がける必要があります。

水分補給は一度にたくさん飲む必要はありません。まだミルクや母乳だけの赤ちゃんなら一度に20から30cc程度で十分です。

このとき甘いジュースなどより、飲ませるなら白湯や麦茶などがおすすめです。また、冷たすぎないようにも注意しましょう。

哺乳瓶やストローマグ、スパウトなどに入れたものを飲ませる場合は、炎天下のもとではお水や麦茶であっても細菌が増えやすいので、衛生管理にも気をつけるようにしてくださいね。

簡易テントやパラソルで日陰を作る

人でごった返す砂浜や、ゆったりできるプライベートビーチでも日陰で休憩できるスペースを確保しておきましょう。太陽の下ではそれだけでも体力を奪われますので、テントやパラソルで日差しを避けて休憩することが大切です。

テントやパラソルで日陰ができれば、その影の中で赤ちゃんに遊んでもらうことも可能です。砂遊びはさせてあげたいけれど、炎天下で長時間遊ぶのは心配というときに使えますね。

時間の経過で影はどんどん移動していきますので、適時移動もお忘れなく!ほかにも、荷物をまとめて置いたり、お弁当や飲み物が熱くなるのを避ける対策としても役立ちます。

簡易テントやパラソルを使う場合、ビーチの利用規約を確認し、違反しない形で使用するようにしましょう。

砂浜も熱い!サンダルやアクアシューズも

砂浜の砂は太陽の熱を吸収して、はだしではやけどをしてしまうほど熱くなっていることがあります。大人でも我慢できないくらい熱いことがありますので、赤ちゃんの足を守るためにも赤ちゃん用のサンダルやアクアシューズを用意しましょう。

また、水の中には小石やガラス片だけでなく、クラゲなどの危険な海洋生物が生息していることもあります。誤って踏んでしまったときに、足の裏を傷つけないようにサンダルやアクアシューズをはくことも大事です。

できれば、すっぽりと足を包むような形で、水の中で脱げないような工夫がされているものを選んでください。深いところまで行かず短時間の使用であれば、レインシューズや長靴なども使えますよ。

まとめ

海やプールは夏に欠かせないレジャーです。赤ちゃんに楽しんでもらうためには、水着選びだけでなく紫外線や脱水症状、熱中症などへの対策をしっかり考えておくことが必要ですね。

大人と違って体力的にも未熟な赤ちゃんですので、月齢が低い場合はとくに注意が必要です。「楽しい夏の思い出」として記憶に残るかどうかはママとパパの注意が大切です。

家族全員が安全に海のレジャーを楽しめるように、事前準備はしっかりと行ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018