就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬外出するときの赤ちゃんの服装は?適した服装と気をつけるポイント

冬外出するときの赤ちゃんの服装は?適した服装と気をつけるポイント

赤ちゃんと過ごすはじめての冬を迎えるにあたり、どのような防寒対策が必要なのかつい不安になってしまいますよね。寒い時期に赤ちゃんと外出するときにはどのような服装をさせればよいのか、あると助かる便利グッズはどのようなものがあるのか、などについてご紹介していきます。

冬でも赤ちゃんが快適な服装のポイント

冬は吸湿性の高い綿素材の肌着を

朝晩の冷え込みが厳しい冬の時期になると、赤ちゃんが風邪をひいてしまわないようにと服装や部屋の温湿度の調整には気を遣ってしまいますよね。

寒い季節にはもこもことした服を着せてあたためてあげたいところですが、赤ちゃんは一年を通してとても汗をかきやすいものです。授乳後や寝入りばな、お風呂上がりなどにはよく汗をかくため、たとえ冬場でも吸湿性にすぐれたものを着せてあげる必要があります。

とくに赤ちゃんのデリケートな肌に直接触れる肌着に関しては、吸湿性のよい綿100%のものがよいでしょう。一口に綿素材といってもさまざまな織り方や編み方のものがありますが、フライスやニットガーゼなどは保温性が高いので寒い季節にはとくにおすすめですよ。

重ね着できる服や着脱可能なアウターが快適

赤ちゃんの肌はもちもちとしていて柔らかいイメージですが、実際は荒れやすくとても繊細です。寒い冬でも汗をかいたり乾燥したりすることですぐに荒れてしまいますので、赤ちゃんの様子に応じて衣服の枚数を調整できるように薄手の服を重ね着させましょう。

暖房の効いた室内で過ごすのであれば、冬でも赤ちゃんの服装は「肌着一枚+ベビーウェア一枚」程度で十分です。少し寒そうにしているのであればベストや薄手の服を重ねる、背中などに汗をかいていれば一枚少なくするなど、体温調整機能が未熟な赤ちゃんのために工夫をしてあげるとよいですよ。

外出の際にはその上に一枚アウターを重ねますが、カーディガンやポンチョなどの脱ぎ着させやすいものだと調整しやすいのでおすすめです。

冬でも厚着はNG!汗による冷えに注意

赤ちゃんが寒い思いをしないようにと、寒い日にはつい厚着をさせてしまいたくなるのが親心。もこもことした化繊の服は見た目も可愛らしいため、ついつい買ってしまうこともあるでしょう。

しかし赤ちゃんは小さい身体であっても汗腺の数は大人と同じな上、代謝がとても活発です。赤ちゃんは汗をかくことで肌あれやあせも、おむつかぶれを容易に起こしてしまいますので、デリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、冬でも吸湿性にすぐれた薄手の服を着せてあげるようにしましょう。

また、汗を身体の表面に残したままにしておくと身体が冷えてかえって風邪をひいてしまう恐れがあります。汗をかいてしまったときには着替えをさせ、一枚少なめに着せるようにしてくださいね。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

冬の外出に適した赤ちゃんの服装とは?

肌着の重ねワザで保温性アップ

インフルエンザなどの感染症が流行りやすい冬場には、赤ちゃんとのお出かけには気を遣いますよね。赤ちゃんだけでなくママ自身の防寒対策も欠かせないため、つい出かけるのがおっくうだと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃんの生活リズムを整えたりママがリフレッシュをしたりするためにも外出は大切なもの。赤ちゃんの体調や生活リズムに合わせ、人混みをさけて出かけるのであれば問題ありません。

赤ちゃんとの外出時の防寒対策にはさまざまな方法がありますが、まずは「吸湿性のよい肌着を重ねる」ことが有効です。「汗を吸い取るための短肌着」に「温度調節のための丈の長い肌着」を重ねることで肌着と肌着の間に空気を含み、保温性が高まりますよ。

外出にはアウター必須!月齢により調整を

赤ちゃんとの冬のお出かけにはアウターが欠かせません。出かける時間帯や移動手段、どこに出かけるのかによって必要なものは異なりますが、その日の気温や赤ちゃんの様子に合わせて適宜調整してあげましょう。

まだあまり動かない生後半年ぐらいまでの赤ちゃんであれば、ベストやカバーオールなどのアウターが便利です。カバーオールは全身を覆うため赤ちゃんにとって暑すぎる場合もありますので、前開きができたり足カバーを外せたりと機能的なものがおすすめです。

ハイハイやつたい歩きをするようになる生後半年以降の赤ちゃんには、袖のあるアウターよりも脱ぎ着のしやすいポンチョがおすすめです。さっと羽織らせるだけであたためることができますし、屋内と屋外の行き来が多いときに重宝しますよ。

帽子や靴下などの防寒小物もあわせて使おう

外出時には冬用の服装の上にアウターを着せますが、あたたかい冬用の防寒小物を上手に組み合わせることで赤ちゃんを冬の寒さからさらに守ってあげることが可能です。

とくに月齢の低い赤ちゃんであれば髪の毛が少ないので、頭皮を冷やしてしまわないように帽子であたためてあげるとよいでしょう。デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものですから、肌にやさしく吸湿性のある綿素材のものがよいですよ。

また、赤ちゃんは手足を中心に汗をかくため、暖房のきいた室内であれば冬でも靴下は不要ですが、外出時には履かせてあげるとよいでしょう。レッグウォーマーでふくらはぎもあたためてあげると、足元からの冷えをさらにシャットアウトすることができます。

赤ちゃんとの冬の外出に役立つグッズ

抱っこでのお出かけはジャンプスーツが便利

抱っこ紐でのお出かけでは、抱っこ紐の構造上どうしても赤ちゃんの脚が出てしまいますよね。まだ靴が履けない赤ちゃんの足が冷たくなってしまわないか、冷えには気を遣うことでしょう。

靴下やレッグウォーマーなどで脚をあたためることは可能ですが、毎回脱ぎ着をさせるのは少々手間がかかります。足元まで赤ちゃんをすっぽり覆ってしまえるジャンプスーツがあれば、それを着せるだけで外出ができるので便利ですよ。

着ぐるみタイプ、ダウンタイプ、キルティング素材など種類も豊富にありますし、フードがついていて頭部もあたためられるもの、手足に折り返しのカバーがついていて体温調整しやすいものなど、機能的なものも便利です。脱ぎ着しやすいよう前開きのものがおすすめですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版