就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 子どもとバレンタインデーの過ごし方。親子で楽しむ方法と海外事情

子どもとバレンタインデーの過ごし方。親子で楽しむ方法と海外事情

バレンタインデーといえば好きな人にチョコをプレゼントしたり、好きな気持ちを伝えたりするイベントですが、子どもたちの間では女の子同士でチョコを贈り合う友チョコが流行っています。海外のバレンタイン事情も参考にしながら、子どもが喜ぶような家で過ごすバレンタインの楽しみ方や、手作りできるプレゼントなどをご紹介します。

そもそもバレンタインデーってどんな日?

「バレンタイン」実は人の名前だった

「バレンタイン」は3世紀ローマのキリスト教の司祭だったヴァレンティヌスの名前から由来しています。当時、兵士の戦意低下に悩んでいたローマ帝国皇帝は、兵士の士気をそぐのは愛情、つまり家族や恋人の存在であると考え、結婚を禁止しました。

それに反抗したヴァレンティヌスは、ひそかに兵士と女性の結婚を執り行っていました。それが見つかってローマ皇帝の怒りに触れ、ローマ国教への改宗を命じられましたが、断固として拒否を続け、とうとう拘束されてしまいます。

その後、牢獄生活の中で出会った判事の娘と恋に落ち、彼女の家族がキリスト教に改宗したことに怒った皇帝がヴァレンティヌスを処刑しました。彼の殉教の日である2月14日がのちの「バレンタインデー」になっています。

海外では男性がチョコを渡す

バレンタインの日に女性が男性にチョコを渡して告白するのは、日本だけの風習だと知らない人は多いのではないでしょうか。海外では恋人同士や夫婦の間で「愛を伝えあう日」という認識で男性から女性にプレゼントをすることが主流のようです。

例えば、アメリカでは男性から女性にチョコを渡すことはありますが、恋人とレストランで食事をしたり、バラの花やジュエリーを贈ったりする男性が多いです。意中の女性に告白やプロポーズをする男性もいます。

また、イタリアやイギリスなどのヨーロッパでは恋人同士がプレゼントを贈り合うことが多いようです。どこの国もプレゼントを贈る風習はありますが、日本のように義理チョコや友チョコ、ホワイトデーの習慣はありません。

子どもはどんな過ごし方をしているの?

友人ママAさんの小学2年生の娘さんは、バレンタインデーには毎年クッキーを手作りしてクラスのお友達に、男女かかわらず渡しているということでした。まだ娘さんだけではクッキーを作るのはむずかしいそうなので、ママと一緒に作り、市販のもので可愛くラッピングしているそうです。

学校へ持って行くのはよくありませんから、一度家に帰って近所の友達の家に渡しに行き女の子同士はお互い交換して楽しんでいるようです。子どもたちの間でもバレンタインは女の子が男の子に告白する日という認識があるのか、男の子は受け取るだけのようです。

また、小学校低学年の女の子でも好きな男の子には、特別なチョコを用意して告白することもあるみたいですね。

簡単!子どもと作るチョコレシピ5選

子どもと楽しむ!賑やかバレンタインデー

1、冷凍パイシートで作る簡単チョコパイ
冷凍パイシートを利用すれば、短時間で失敗なく子どもと一緒にチョコパイが作れます。
2、簡単に作れるチョコクランチ
材料は板チョコとコーンフレークだけ。子どもの友チョコ用にたくさん作れます。
3、市販のお菓子をアレンジ
市販のお菓子をバレンタイン用にカラフルなチョコペンやトッピング材料で飾りつけした見ばえのするバレンタインレシピです。
4、ホットケーキミックスを使った簡単カップケーキ
ホットケーキミックスを使えばカップケーキも失敗なくふんわりできますね。
5、アーモンドチョコ
板チョコとアーモンドを混ぜて好きな形に冷やし固めるだけ。子どもと一緒にたくさん作れます。

食べ物じゃなくても!手作りプチギフト5選

1、プラバンキーホルダー
プラバンに子どもの好きな絵を描いて焼いたあと、表面をUVレジンでコーティングして紐をつければ可愛いキーホルダーに。

2、リボンのヘアアクセサリー
女の子にはヘアアクセサリーが喜ばれます。1cm幅程度のレースをリボン結びにしてヘアゴムを通すだけで簡単に作れます。

3、ハンカチ
動物やフルーツなどの柄のガーゼ生地でハンカチを作って、子どもの名前を刺繍したものをプレゼントすると喜ばれますよ。

4、すごろく
画用紙にペンでマス目を描いてマスキングテープで飾ると可愛くできます。子どもと一緒に楽しめます。

5、メッセージカード
メッセージカードに子どもの好きなキャラクターを描いたり、シールを貼ったりしてメッセージを添えます。

バレンタインパーティーで賑やかに

バレンタインに友チョコを作って交換するのも楽しいですが、みんなで集まってパーティーをするのも楽しいですよ。欧米では幼稚園や小学校でバレンタインパーティーがあり、クラスの子たちとカードを交換したり、小さなお菓子を持ち寄って交換したりして楽しく盛り上がるようです。

友人ママBさんはバレンタインに娘さんの友達を家に招待したり、友達の家に行ったりしてパーティーをしているといっていました。お友達を招待したときは、フルーツを串にさしてチョコフォンデュにすると、子どもたちはとても盛り上がったようですよ。

また、部屋をガーランドやハート型に切り抜いた色画用紙などで飾りつけをしておいたところ、娘さんも遊びに来た友達もとても喜んでくれたとのことです。

子どもがチョコを貰ってきた!お返しは?

しばらくは子どもとママだけの秘密に

バレンタインに子どもがチョコを貰ってきたら、ホワイトデーにお返しをしましょう。こちらから渡していない子から貰った場合は、女の子もホワイトデーにお返しをするとよいでしょう。お返しを何にしようか悩んでも周りのママ友には相談せず、子どもとママだけの秘密にしておくのが無難です。

例えば、友チョコでも友達みんなに渡しているとは限りません。自分の子が貰っていても、貰っていない子がいたら、それを知ることで気分を悪くさせてしまうかもしれません。誰に渡したのか、または渡したことを知られるのが恥ずかしいと思う子もいます。

友人ママBさんは、息子さんが貰ってきたことがあり、ママ友に「○○ちゃんからチョコ貰ったんだけどホワイトデーのお返しどうする?」と男の子のママに相談すると「うちの子は貰ってないから…」との返事で気まずい空気になったといっていました。自分の子どもが貰ったら、つい周りの子たちも貰っていると思いがちですが、違うこともありますので注意しましょう。

相談するとしたら、園などのコミュニティ外のママ友や学生時代からの友人などに相談してみるのがよいでしょう。

ホワイトデーに向けて情報収集

自分の子どもが近所の子どもや幼稚園の友達からバレンタインにチョコを貰うことって結構ありますよね。今では、本命のチョコより普段一緒に遊んでいる友達にバレンタインチョコを渡すことが主流。こんなとき、お返しをどうすればいいのか悩んでいるママは多いのではないでしょうか。

そもそも子ども同士のプレゼントにお返しは必要なのかと思うかもしれませんが、お返しはしたほうがよいでしょう。バレンタインチョコをプレゼントした子がお返しは貰えるものと考えていたとしたら「お返しはないのかな」と思う子どももいますし、ママグループのあいだでも「◯◯ちゃんや、◯◯くんにチョコ渡したけどお返しがなかったんだよね」などといわれることもあるようです。

お返しには、貰った相手全員に同じものをプレゼントすると無難です。お返しに多いのはお菓子ですが、手作りのチョコやお菓子は衛生的に心配というママもいますので市販品のチョコやクッキーにするのがおすすめです。

子ども、ママ同士の仲が特別よい場合は、ママにその子の好きなものを聞いたり、子どもと相談してお返しを決めたりするのもよいでしょう。

まとめ

バレンタインは友達とチョコを贈り合って楽しむ日だと思っている子どもはたくさんいるのではないでしょうか。それでも楽しいですが、ママと一緒に何かを手作りしたり、プレゼントを買いに行ったり、楽しいパーティーを考えたりすることも楽しみ方のひとつです。

子どもに付き合ってチョコを準備したりお返しを考えたりするママは大変かもしれませんが、子どもの喜んでいる顔が見られますので、ママ自身も楽しく過ごせるバレンタインデーにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018