就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

遅生まれの子の成績はよい傾向がある!育児の注意点について

遅生まれの子の成績はよい傾向がある!育児の注意点について

遅生まれは同じ学年の中で発達が早いから有利だよ、という言葉を耳にすることがありますよね。実際に論文などで、遅生まれの子は早生まれの子に比べると、よい成績を収めたと発表されていたりもします。でも、遅生まれの子だからこそ、育て方で気をつけなければならないこともあります。

早生まれと遅生まれの違いを知ろう

早生まれと遅生まれの意味

「早生まれ」とは、1月1日〜4月1日の間に生まれた人のことをいいます。一方、「遅生まれ」とは、4月2日〜12月31日の間に生まれた人のことを指します。

なぜ、同じ学年の中で、遅く生まれた人のことを「早生まれ」と呼ぶのでしょうか?その理由は、1年単位の1月〜12月で考えると、1月〜3月は前年度の扱いになるからです。早生まれの人たちは、同じ年に生まれた中で、一足先に進学すると考えられ、「早生まれ」と呼ばれています。

では、なぜ4月1日が区切りとなっているのでしょうか?これは法律で、「誕生日の前日の午後12時に年齢が加算される」と定められているからです。つまり、4月1日生まれの人は、前日の3月31日に年齢が加算されるので、前年度生まれの扱いになるのです。

早生まれのメリットとデメリットは?

早生まれのメリットは、自分より発育の進んだ子たちに混じって、多くの刺激を受けることができるところです。また、早く幼稚園に通うことができるようになるので、ママへの負担も少なくなります。

一方でデメリットは、同学年の中でどうしても体が小さくなってしまうところです。月齢が低いうちは、周りの子と比べると小さいので、ママも不安になってしまうかもしれません。ただ、月齢が上がるにつれて、だんだんと差は小さくなっていきます。

また、月齢が低いうちは、発達の違いも大きいです。3年保育に入園するときに、早生まれの子は3才になったばかりだけど、同じクラスには既に4才になった子もいます。言葉やコミュニケーションの点で、遅れを感じてしまうかもしれません。

遅生まれのメリットとデメリットは?

遅生まれのメリットは、同学年の中で月齢が高い分、発達も早いところです。幼少期は特に、知能面や運動面で大きく差が出てきます。同じ学年の中でも、言葉を多く話したり、コミュニケーション能力も優れていることが多いでしょう。また、かけっこが速かったり、スキップなども早くできるようになることが多いので、自然と自分に自信がもてるようにもなります。

一方デメリットは、月齢が高く体も大きいので、周りからできて当たり前だと思われてしまうところです。もちろん、月齢が高いほどできることは多くなりますが、個人差があります。先生や友達から、できて当たり前だという目で見られると、プレッシャーやストレスを感じてしまうこともあります。

早生まれと遅生まれで成績の差はある?

両者で最終学歴に差が出る

早生まれの子と遅生まれの子で最終学歴に差がでる、という論文が発表されています。その調査によると、同じ学年でも、一番年上の子と一番年下の子では、偏差値が平均で2〜3ほど差が出たというものです。この差は学年が上がっても縮まらずに、最終学歴に差が出てしまうといわれています。

ほかにも、内閣府経済社会総合研究所が調査した結果によると、早生まれの子は4年制大学の卒業率が低いことが証明されています。

また、日本のみでなく、ほかの世界のあらゆる研究者からも、早生まれはテストの結果が劣るといわれています。イギリスの民間企業の調査でも、イギリスでいう早生まれの8月生まれの子どもは不利な面が多いという結果が発表されています。

早生まれで活躍している人はたくさんいる

早生まれでも、ほかの人より優れていて、多方面で活躍している人はたくさんいます。例えば、元プロ野球選手の長嶋茂雄さんは、2月20日生まれの早生まれです。同じ元プロ野球選手でいえば、桑田真澄さんも4月1日生まれの早生まれです。2人とも、プロ野球界の歴史に残る名選手ですよね。

また、ある調査では、芥川賞・直木賞受賞者のうち約37%が、1月〜3月生まれであるということがわかっています。4月〜6月生まれの芥川賞・直木賞受賞者は、約19.9%なので、文学界でいかに早生まれの方が活躍されているかがわかります。

早生まれだからといって、活躍できないわけではありません。子どもが持つ才能を、早生まれを理由に見逃さないようにしてあげましょう。

発達は個人差がある。暖かく見守ろう

小学生に入学する頃には、早生まれと遅生まれで、発達の差はほとんどなくなっているといわれています。発達の差が大きくでるのは、5才くらいまでです。

それまでは、早生まれの子は、どうしても周りの子よりも小さかったり、できないことも多く、ママも不安になることもあるかもしれません。でも、発達には個人差がありますし、そのうち追いつきますので焦らずに見守ってあげてください。

また、遅生まれの子でも発達が遅い子ももちろんいます。「早く生まれたのにどうして?」と焦ったりせずに、暖かく見守ってあげてください。子どもは、ママの顔色をよく伺っています。ママががっかりとした表情をしていると、子どもも自信を失ってしまいますよ。

遅生まれの子の育て方で気をつけること

誰かと比較をする言葉がけはひかえよう

遅生まれの子の育て方で、注意しなければならないのが、期待しすぎることです。遅生まれの子は生まれたときから、同じ学年の子と比べると発達も早く、できることも多いので、「自分はできる」と自信をもって育つことが多いです。

しかし、小学生くらいになると、月齢による差も少なくなっていきます。遅生まれの子は、今まで自信満々に育ってきたのに、急にできないことがでてくると、人一倍自信を失ってしまう可能性があります。そんなときに、「3月生まれの〇〇くんはできるのに、どうしてできないの?」という誰かと比較した言葉をいってしまうと、その子は深く傷ついてしまいます。

誰かと比較するのではなく、その子自身の個性や長所をよく見てあげるようにしましょう。

努力すればできることを伝えよう

遅生まれの子は、小さい頃から特に苦労をしなくても、できることが多いかもしれません。自分に自信がつくのはいいことですが、その分できないことに直面したときに、人一倍苦しんでしまうのです。

そういったことを防ぐためにも、幼い頃から努力すればできるということを教えていくようにしましょう。例えば、積み木で遊んでいて、もう積めないからとすぐに諦めてしまっていたら、優しく声をかけてあげてください。がんばればできるんだということを伝えることが大切です。そのとき、結果だけでなく、努力やがんばった過程をしっかりと褒めてあげてください。

幼い頃から、努力すればできることを教えていれば、成長とともにできないことが増えてしまっても、自分で頑張ろうとする力が身につきます。

まとめ

遅生まれの子は、周りの子よりもできることが多く、有利に感じることもあるかもしれません。また、早生まれの子は体も小さくできないことが多いかもしれません。

もちろん、生まれた月による、発達の違いを理解して子育てをするのは大切なことです。しかし、もっと大切なことは、周りの子と比較したりせずに、1人1人の長所や短所をしっかりと見てあげることです。

また、早生まれでも遅生まれであっても、将来困難に立ち向かったときに、諦めない力を身につけるためにも、努力の大切さはしっかりと伝えていくようにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018