就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ピアノ教室で起こりやすいトラブル!ママ友とよい関係を築くために

ピアノ教室で起こりやすいトラブル!ママ友とよい関係を築くために

ピアノは女の子の習いごととしてとても人気がありますよね。最近では男の子の割合も増えてきているようですよ。ただ、そんな人気のピアノ教室で起こりうるのがママ友間のトラブルです。実際にどんなトラブルがあるのか、ママ友とうまくやっていくためのコツなどを交え、ご紹介したいと思います。

ピアノ教室の練習で起こるトラブル

【個人レッスン編】ママ友が先生で気を遣う

「ピアノ教室をしているから、習いにおいでよ」。こんな一言がきっかけで子どもをママ友のピアノ教室に入会させることもあるかもしれません。ママ友がピアノの先生だと子どももママも安心感があるというメリットのほかに、ママ友が先生だからこそのデメリットが出てくる恐れがあります。

ママ友が先生だった場合、デメリットとしてまず考えられるのが気を遣ってしまうという点です。どれだけ親しいママ友であったとしても、自分が思うことをあれこれ意見することはできないということもありますよね。

まったく関係のない人が先生であればやんわり自分の意見を伝えることもできますが、ママ友の場合には、今後もお付き合いが続きますのでどうしても気を遣ってしまいます。

【グループレッスン編】周りと馴染めない

ピアノ教室には、先生と生徒がマンツーマンで受ける個人レッスンと、先生1人に対して数名生徒がいるグループレッスンがあります。個人で教室を開いている場合には個人レッスン形式の方が多いですが、大手の音楽教室の場合にはグループレッスンをおこなっていることも多いようです。

グループレッスンの場合には、子どもが小さいとすぐそばにママが近くにいて一緒にレッスンを受ける必要があります。ですので、必然的にほかのママとも顔を合わせることになるのです。

ピアノ教室は子どもがピアノを習うためのものではありますが、ほかのママとの関係がうまくいかなかったり、馴染めなかったりするとママ自身が肩身の狭い思いをしてしまう恐れもあります。

ピアノの上達進度によるママ友間の嫉妬

同じ年齢の子どもに同じことをさせていても、すぐに習得する子、時間のかかる子と違いが出てくるのは仕方のないことです。これはピアノでも同様です。

ピアノを習いだしたのが同時であったとしても、上達具合や進み具合に少しずつ差が出てきてしまうのです。しかし、ママはこのことにとても敏感になってしまい、ときには嫉妬のような感情を抱いてしまうこともあるでしょう。

子どもが習い事をしていて、友だちに対してメラメラと対抗心を持つことは悪いことではありません。自分も頑張ろうという気持ちの表れなので、そういう気持ちも大切です。

しかし、ママ友間の嫉妬はまた別の話になりますので、そうならないための対策が必要なこともあります。

音楽で個性を伸ばす!子どもの表現力をはぐくむ音楽教室のすすめ

PR

英会話やプログラミングなど、子どもにさせる習い事の傾向が少しずつ変化していますが、根強く人気を保っているのがピアノやリトミックなどを学べる音楽教室です。今回は、子どもの個性を伸ばすために音楽教室を選ぶメリットについて、約60年の歴史を重ねる「カワイ音楽教室」のレッスンを取材してきました。

ピアノの発表会であるあるなトラブル

発表会で子どもに着せる衣装のバトル勃発

ピアノ教室に通っていると、年に数回発表会を開催し、普段の練習の成果をお披露目する機会があると思います。自宅でピアノ教室をしている場合は先生の自宅で、盛大に発表会をする場合には地域のホールなどを借り切って行うこともあるようですよ。

発表会のときには、普段の様子を見ることができないパパやおじいちゃん、おばあちゃんなどを誘うよい機会にもなりますし、ほかの生徒の家族も見に来ますので、普段着ではなく少しおしゃれをして参加する子がほとんどです。

このときに子どもに着せる衣装のバトルが勃発する恐れがあり、いかに自分の子を目立たせるかということに執着してしまい、頑張りすぎるママが出てくるというケースも多いようですよ。

自分の子どもが1番!先生へのごますり合戦

ママからしてみれば、どんなときでも自分の子が1番の存在であってほしいものですよね。どんなことをしていたとしても自分の子どもが1番上手、可愛い、ほかの人からみればそうではないと感じることであっても、ママのものさしで比べれば断然自分の子が輝いて見えるものなのです。

しかし、ママ独自のものさしは、ときには行きすぎてしまうこともあります。自分の子どもが1番であってほしいが故に、過剰な言動を引き起こす恐れがあるのです。

ピアノ教室の場合には、先生の機嫌を取ろうとプレゼントや金銭を贈りごますりをすることもあるようです。ほかのママ友がごますりをしているのを目撃した場合には、競うようにしてさらに過剰なごますり合戦になる恐れもあります。

友だちの発表会へのお誘い!対応に困惑

子どもが一生懸命ピアノの練習をしていると、発表会という機会を利用してより多くの人にお披露目したいという気持ちが高まるものです。ママ自身の親しい友人や子どもの友だちなどに発表会へのお誘いをする、逆にお誘いを受けることもあるかもしれませんね。

このときにトラブルになりやすいのがチケット代の有無や、プレゼントの用意の必要があるかどうかという点です。残念ながらチケット代がかかる場合には発表会に喜んで来てくれる友人ばかりではないこともありますし、プレゼントの用意が必要な場合には負担が大きくなる恐れもあります。

誘われた側もお断りしたくてもなかなかいいづらいということもあるかもしれませんので、発表会のお誘いは慎重にする必要があります。

ママ友とうまくやっていくための極意

ママ友に嫉妬されないための会話術

ピアノ教室でママ友に嫉妬されないためには、普段の何気ない会話であっても使う言葉や話題に対して気をつけておくことが大切です。自分の子どもやママ自身のことで自慢と相手が捉えるような話はしないようにする、ママ友やその子どもと比較するようなことはもってのほかです。

万が一そういった話になりかけている場合には、ガラリと話題を切り替える勇気も必要です。ほかには、SNSへの投稿にも要注意です。SNS自体、不特定多数の人が見ることができますし、嫉妬の原因にもなりかねません。

何気なくアップした写真や内容であっても捉え方は投稿を見た側次第なので、勘違いされてしまうような内容にならないように特に注意が必要です。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版