就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の赤ちゃん用着ぐるみがかわいい!着るときの注意点と上手な選び方

秋の赤ちゃん用着ぐるみがかわいい!着るときの注意点と上手な選び方

赤ちゃん用の洋服を探していると、着ぐるみが目に留まることが多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんのためにはどんな着ぐるみを選べばよいのか、よくわからない方も少なくありません。そこで今回は着ぐるみを着るときの注意点やおすすめの着ぐるみなどをわかりやすくご紹介していきたいと思います。

秋の赤ちゃん用着ぐるみの選び方

肌触りのやわらかい素材を選ぼう

着ぐるみは見た目がかわいらしいため、ついデザインで選んでしまいがちですよね。しかし、赤ちゃんの肌に触れるものなので、肌触りのやわらかい素材を選ぶようにしましょう。

秋は1日の寒暖差が大きかったり、日によって気温が大きく変化したりしますよね。赤ちゃんは体温調節があまり得意ではないため、外の気温に合わせて素材や生地の厚さなどを選ぶようにしましょう。まだ暑く汗をかきやすいときは、汗をよく吸い取り、通気性が高い綿や天竺素材でできた薄手の着ぐるみがおすすめです。

また、少し肌寒いときは、赤ちゃんの体温が奪われないように注意が必要です。そのため、防寒性の高いボアやフリース、フランネルコットンなどの素材でできた厚手の着ぐるみがおすすめです。

普段使いするときは動きやすいものを

せっかくのかわいい着ぐるみですし、防寒着としても使えることから、普段使いしたいという方も多いのではないでしょうか。

外出中は寝ていることが多い赤ちゃんも、家では手足をジタバタさせたり、コロコロと寝返りをうったり、意外とダイナミックな動きをしますよね。そのため、普段使いするときはなるべく動きやすいものを選ぶようにしましょう。伸縮性がある素材が理想ではあるものの、伸縮性がないものであれば1サイズ大きいものを選ぶことをおすすめします。

動きにくい着ぐるみは赤ちゃんが嫌がり不機嫌になってしまうこともあります。また、動きやすい着ぐるみの方が写真を撮るときに笑顔になってくれることが多いという声もありますから、参考にしてみてくださいね。

季節限定のイベント用もおすすめ

普段使いもよいですが、季節限定のイベント用もおすすめです。普段使いでは取り入れることが難しいユニークなデザインのものが多く、思わず写真におさめたくなってしまいますよ。

秋のイベントといえばハロウィンですよね。ハロウィンの象徴ともいえるジャック・オー・ランタンや黒猫など、ハロウィンらしい着ぐるみや有名キャラクターの着ぐるみなどがおすすめです。

秋以外にもイベントはたくさんあります。まずお正月ですが、意外にも着ぐるみのデザインが豊富です。干支にちなんだものや、獅子舞や鏡もち、だるまをモチーフにしたものがおすすめです。また、クリスマスはサンタやトナカイ、スノーマンをモチーフにした着ぐるみを着せてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんに着ぐるみを着せるときの注意点

ファスナーがあごや首にあたらないように

素材や動きやすさからお気に入りの着ぐるみを選んだところで、次は着せるときの注意点をチェックしていきましょう。

まず、ファスナーが付いた着ぐるみの場合、ファスナーがあごや首にあたらないようにしましょう。ファスナーを上げるとき、大人であれば無意識にあごを少し上げますが、赤ちゃんには難しいですよね。そのため、誤って挟んでしまうことがあります。また、ファスナーの留め具が当たり、肌に傷がついてしまうこともあります。

そのため、なるべくファスナーではなくボタンやマジックテープで留めるものを選ぶようにしましょう。ファスナー付きのものであれば、ファスナーの上部にホックやボタン、マジックテープなどが付いているものがおすすめです。

遊ぶときはフードを中に折り返すか着替える

着ぐるみはフードタイプのものが多いのですが、実は危険が潜んでいるということをご存知でしょうか。

まだ立ち上がれないほど小さな子どもであればあまり問題にはなりませんが、立ったり歩いたりし始めると、フードが家具などに引っかかって転倒してしまったり、首が締ってしまったりといった事故を引き起こす危険性があります。

子ども服の安全性についてはJIS(日本工業規格)という規格があり、ホックやボタンなどを使って、フードに力が加わったときに本体から外れるようにすることが望ましいとされています。しかし、赤ちゃんの着ぐるみはフードが外れるタイプのものは少ないので、遊ぶときはフードを中に折り返すか着替えるのが得策です。

もこもこ素材のときは下に着せすぎない

寒い時期はもこもこ素材の着ぐるみを着せる機会が多いかと思いますが、着せすぎに注意が必要です。

というのも、もこもこ素材のものは保温性や保湿性が高いですよね。冬とはいえ暖かい服を着ていたり暖かい部屋にいたりすれば赤ちゃんはたくさん汗をかきます。そのため、汗で湿疹ができてしまったり、汗が冷えて体調を崩してしまったりすることがあります。

そのため、もこもこ素材の着ぐるみはアウターとして使うことをおすすめします。暖かい室内では着ぐるみを脱ぎ、外に出るときは下に肌着とベビー服を着せて、うまく体温を調節してあげましょう。

どうしても室内で着せたいときは、下にベビー服は着せずに、吸湿性の高い肌着だけを着せるようにしてくださいね。

秋に着せたい!かわいい赤ちゃん用着ぐるみ

イベントを楽しむ!ハロウィンの着ぐるみ

先ほど少しご紹介しましたが、ハロウィンのおすすめ着ぐるみをご紹介します。

【ジャック・オー・ランタンの着ぐるみ】
ハロウィンらしいジャック・オー・ランタンの着ぐるみは、男女問わず着られることや、ペイントや小物がなくてもハロウィンらしさがでると人気です。

【黒猫の着ぐるみ】
黒猫の着ぐるみは、耳やしっぽ、もこもこした素材によって赤ちゃんのかわいさを何倍にもしてくれます。女の子が着るイメージが強いかもしれませんが、男の子が着てもかわいいですよ。

【怪獣の着ぐるみ】
怪獣の着ぐるみは普段使いとしても着ることができます。恐竜は迫力があって怖いイメージですが、かわいらしい赤ちゃんが着ることで、そのギャップからとても愛らしくなります。

普段使いできる!着ぐるみロンパース

普段使いには上下がつながった着ぐるみロンパースがおすすめです。着ぐるみロンパースはまだお座りをする前の赤ちゃんでも使うことができます。

半袖や長袖のもの、薄手のものや厚手のものなど素材や形はさまざまで、気温に合わせて選ぶことができます。着替えやおむつ替えがしやすく、薄手のものであればパジャマとして使ったり、もこもこ素材であればアウターとして使ったりできるため、使い勝手がよいのもポイントです。

デザインも豊富で、特にくまやうさぎといった動物をモチーフにしたものが人気で、耳の付いたフードを被せた姿はかわいいの一言に尽きます。また、ディズニーやポケモンなどのキャラクターをモチーフにしたものも人気で、お出かけ着としてもおすすめです。

裏地がコットン!動物ジャンプスーツ

肌寒い日には裏地がコットン素材でできている動物ジャンプスーツがおすすめです。

表面がもこもこ素材のものや中綿が入ったものなど暖かい素材でできたものは、保温性や保湿性が高く、防寒着に適しています。

しかし一方で服の下は汗をかきやすい状態になっているため、赤ちゃんの肌に負担がかかってしまいます。そのため裏地がコットン素材になっているものを選ぶと、汗をしっかり吸収してくれますし、デリケートな肌の赤ちゃんでも安心して着ることができます。

男の子にはくまのジャンプスーツが、女の子にはうさぎのジャンプスーツが特に人気で、足や手袋が付いているものであればより防寒性が高いのでおすすめです。ただし、歩き始めたら足元が滑らないようご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?ただでさえかわいい赤ちゃんですが、着ぐるみを着せることで、かわいさが何倍にも増しますよね。赤ちゃんに着ぐるみを着せるのは親のエゴかも?と思っていた方でも、赤ちゃんの肌に優しく動きやすい着ぐるみを選べば、赤ちゃんがストレスを感じないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

普段使いとしてもおすすめなので、ぜひお気に入りの着ぐるみを見つけて、赤ちゃんのかわいい時期を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018