就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の赤ちゃん用着ぐるみが可愛い!着るときの注意点と上手な選び方

秋の赤ちゃん用着ぐるみが可愛い!着るときの注意点と上手な選び方

赤ちゃんの洋服を探していると、着ぐるみが目にとまることが多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんには、どんな着ぐるみを選べばよいのか分からないママも少なくありません。そこで今回は、着ぐるみを着るときの注意点と選び方などを分かりやすくご紹介しますので、参考にしてくださいね。

秋にぴったりの赤ちゃん用着ぐるみを選ぼう

優しい肌触りの素材を選んで快適に

着ぐるみは見た目が可愛いので、ついデザインで選んでしまいますよね。しかし、赤ちゃんの肌に触れる衣類なので、優しい肌触りの素材を選ぶようにしましょう。

秋は一日の寒暖差が大きかったり、日によって気温が大きく変化したりします。赤ちゃんは体温調節が上手にできないので、ママが外の気温に合わせて素材や生地の厚さなどを選ぶようにしましょう。

秋でも暑く汗をかきやすいときは、汗を吸い取り通気性がよい綿や、天竺素材などの薄手の着ぐるみがよいですよ。

また、少し肌寒いときは、赤ちゃんの体温が奪われないように気をつけましょう。防寒性の高いボアやフリース、フランネルコットンなど、厚手の着ぐるみだと快適に過ごせますよ。

普段使いには動きやすいものを

せっかくの可愛い着ぐるみは、防寒着としても使えることから、普段使いしたいというママも多いのではないでしょうか。

外出中は、寝ていることが多い赤ちゃんも、家では手足をジタバタさせたり寝返りをうったりして、意外とダイナミックな動きをしますよね。ですから、普段使いするときはなるべく動きやすいものを選びましょう。伸縮性がある素材が理想ではあるものの、伸縮性がないものであれば1サイズ大きいものを選ぶなどして工夫しましょう。

動きにくい着ぐるみは、赤ちゃんが嫌がり不機嫌になってしまうこともあります。しかし、動きやすい着ぐるみを着ていると、赤ちゃんが笑顔の写真を撮影できることが多いという声もありますから、参考にしてみてくださいね。

季節のイベントも着ぐるみで可愛いさアップ

普段使いもよいですが、季節限定のイベント用の着ぐるみも可愛いですよ。普段使いでは取り入れることが難しいユニークなデザインのものも多く、思わず写真に収めたくなるでしょう。

秋のイベントといえばハロウィンですよね。ハロウィンの象徴ともいえるジャック・オー・ランタンや黒猫など、ハロウィンらしい着ぐるみや有名なキャラクターの着ぐるみなどが豊富ですよ。

一年を通して様々なイベントがあります。お正月は、干支にちなんだデザイン、獅子舞や鏡もち、だるまをモチーフにしたものなどがあります。クリスマスはサンタクロースやトナカイ、スノーマンをモチーフにした着ぐるみが人気です。

それぞれの季節にちなんだ着ぐるみを着て、写真に残すのもよい思い出になりますね。

赤ちゃんが着ぐるみを着るときの注意点

ファスナーがあごや首に当たらないように

素材や動きやすさでお気に入りの着ぐるみを選んだら、次は着るときの注意点をチェックしていきましょう。

まず、ファスナーがついた着ぐるみの場合、ファスナーがあごや首に当たらないように気をつけましょう。ファスナーを上げるとき、大人は無意識にあごを少し上げますよね。しかし、赤ちゃんにとっては難しい動作なので誤って挟んでしまうことがあります。また、ファスナーの留め具が肌に当たり、傷ついてしまうこともあります。

ですから、なるべくファスナーではなく、ボタンやマジックテープで留めるものを選ぶようにしましょう。ファスナーつきのものであれば、ファスナーの上部にホックやボタン、マジックテープなどがついていると安心ですよ。

遊ぶときはフードを中に折り返すか着替える

着ぐるみはフードタイプのものも多いのですが、実は危険が潜んでいるということをご存知でしょうか。

動き始める前の赤ちゃんであれば、あまり問題になりません。しかし、立ったり歩いたりし始めると、フードが家具などに引っ掛かることもあります。フードに引っ掛かった家具が転倒して赤ちゃんが怪我をしたり首が締まったりして、事故になる可能性があります。

子ども服の安全性については、JIS(日本工業規格)という規格があります。JISでは、フードに力が加わった際、本体から外れるようにホックやボタンなどを使うことが望ましいとしています。

しかし、赤ちゃんの着ぐるみはフードが外れるタイプのものが少ないので、遊ぶときはフードを中に折り返すか着替えるようにしましょう。

もこもこ素材のときは下に着過ぎない

寒い時期は、もこもこ素材の着ぐるみを着る機会もたくさんあるでしょう。しかし、着過ぎには注意が必要です。

もこもこ素材のものは、保温性や保湿性が高いですよね。寒い時期とはいえ、暖かい服を着ていたり暖かい部屋にいたりすれば、赤ちゃんはたくさん汗をかきます。そのため、汗で湿疹ができてしまったり、汗が冷えて体調を崩してしまったりすることがあります。

もこもこ素材の着ぐるみはアウターとして使うとよいでしょう。暖かい室内では着ぐるみを脱ぎ、外に出るときは下に肌着とベビー服を着て、うまく体温を調節しましょう。

どうしても室内で着たいときは、下にベビー服は着せずに、吸湿性の高い肌着だけを着るようにしてくださいね。

たくさん着たい秋の着ぐるみの選び方

上下セパレートや小物がセットの着ぐるみ

着ぐるみには、1枚で着られるタイプやほかのアイテムとコーディネートしやすく工夫されているタイプなど、様々なデザインがあります。秋に着る着ぐるみを選ぶ際は、上下セパレートタイプや、帽子や手袋などの小物がセットになっていると重宝しますよ。

秋は、日によって暑い日もあれば肌寒い日もあります。1日の間でも寒暖差が大きい日もあり、ママは赤ちゃんが着るものには気を配りますよね。

上下セパレートで着ることができる着ぐるみを選んでいると、肌寒い日や朝夕などの気温が下がる時間帯に着ぐるみのトップスだけをアウター代わりに使うことができます。

また、帽子や手袋などがセットだと、着ぐるみだけだけでなく、ほかのアイテムともコーディネートできるメリットがありますよ。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事