就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬服の選び方を考えよう!サイズや組み合わせのポイント

赤ちゃんの冬服の選び方を考えよう!サイズや組み合わせのポイント

屋外で過ごすときの赤ちゃんの冬服の選び方

アウターの種類や特徴を知ろう

赤ちゃんのアウターは種類が豊富ですが、ベストやカーディガンがあると重宝しますよ。薄手のものを1枚かばんに準備しておくといつでも体温調節が可能ですし、前開きのものを選ぶことで、ねんね期の赤ちゃんでも着せやすいアイテムです。

カバーオールは室内にも併用できる便利な防寒具で、体全体をすっぽりと覆うので、保温性も抜群です。ジャンプスーツは寒い時期、長時間外出するときに役立ちますよ。ダウン素材や裏起毛のものが多くとても暖かいのですが、内側に熱がこもりやすい点に注意が必要です。

そのほかにも、使い道が幅広いポンチョもおすすめです。着脱が簡単なだけでなく、首周りから腰までをカバーしつつ、体の熱も適度に逃がしてくれるので快適に過ごせます。

屋外の寒さはアウターで調節しよう

冬の外出は、屋外と屋内の気温差にも気をつける必要があるでしょう。寒いからと目いっぱい厚着をさせて出かけると、暖房の効いた屋内で汗だくになってしまい、逆に体を冷やしてしまう恐れもあります。

赤ちゃんは体温が高いので、アウターの下に着せる洋服はやはり大人より1枚少ない程度が目安です。屋外に出るときは、そのときの気温や風の強さに応じて、アウターの種類や素材などで調節するようにするとよいでしょう。

特に寒さが厳しい時期は、屋内用の洋服にカーディガンなどを重ね、その上にアウターを着せるようにすると臨機応変に体温調節をすることができます。赤ちゃんの様子を小まめにチェックしながら、楽に脱ぎ着ができるような服装を心がけましょう。

あったかグッズも活用しよう

赤ちゃんには基本的に、手袋やマフラーは必要ありません。手足を過剰に温めると発汗を妨げてしまいますし、首周りはあせもができやすい場所だからです。

しかし気温がとても低かったり、長時間の外出をしたりするときもあると思います。そんなときには帽子やレッグウォーマーなどを活用しましょう。

ニットの帽子は赤ちゃんの頭を寒さから守ってくれます。肌に直接触れるものなので、なるべく刺激の少ない素材のものを選び、紐や飾りなどが口に入らないようなデザインかどうかも注意しましょう。

そのほかにも、抱っこ紐ごと赤ちゃんをすっぽりと包める防寒カバーなども便利です。裏地がボアやフリースになったダウンカバーは足先から首もとまでしっかり防寒してくれます。

準備しておきたい赤ちゃんの冬服の枚数

準備のし過ぎに気をつけよう

赤ちゃんには冬でも体温調節しやすいように薄手の服を重ね着するのがよいというお話をしましたが、冬を快適に乗り切るのにいったい何枚程度準備するのがよいのかと悩みますよね。

足りないと困るので多めに準備しておくと安心です。ただ、赤ちゃんの成長は早いので、たくさん準備したところで来年はサイズアウトしていることがよくあります。「この服可愛い」「厚手の服は多めに準備した方がよいかな」などと、アレもコレもとつい買いたくなる気持ちがあるかとは思いますが、結局必要のなかった服もあるともったいないですよね。

冬が来てから買い足すのも遅くはありません。まずは必要最低限の枚数を準備し、買い過ぎるのには気をつけましょう。

具体的な必要枚数を知ろう

赤ちゃんと迎える初めての冬に、ひとまず準備しておくと安心な肌着や服の枚数の目安をご紹介します。

・短肌着…3~4枚
・長肌着(コンビ肌着)…3~4枚
・上着…4枚
・アウター…1枚
・パジャマ…2~3枚

短肌着や長肌着はおむつ交換がしやすいですが、大きくなってきたり足をバタバタしたりするような時期にははだけることが多いので、月齢によってはコンビ肌着を選んだほうが便利だったというママもいますよ。また、新生児の場合は室内で過ごすことがほとんどですよね。そのためアウターは外出する時期が迫ってきてからがよいでしょう。

ここでご紹介した枚数だと途中で足りなくなることもありますが、成長の早い赤ちゃんのことを考えると、必要になったときに買い足すのがおすすめです。

新生児期は肌着だけで過ごしたというママも

基本的に新生児期は外出することがほとんどないと思いますので、室内が赤ちゃんの過ごしやすい温度に設定されていれば肌着だけで過ごすのも問題ありませんね。

実家や病院に行くなどで、家から車に乗るほんの一瞬ぐらいは、バスタオルやおくるみなどで赤ちゃんを包んで過ごしたというママも多いようです。

そう思うと新生児期に服を買ってもあまり出番がないかもしれません。ただ、赤ちゃんに可愛い服を着せるのはママの楽しみでもありますので、新生児期に着られる服を記念に何着か準備しておいてもよいですね。今は、通販サイトでも可愛い新生児用の服がたくさん販売されていますので、出産後にしばらく外出ができなかったとしても安心です。

まとめ

赤ちゃんの冬の装いは、温め過ぎないことがポイントです。赤ちゃんは普段の体温が高く、着せ過ぎると気づけば汗びっしょりということもあります。着せ過ぎて窮屈だったり、暑かったりすると赤ちゃんの機嫌も悪くなってしまうかもしれません。

特に寒い時期は、洋服の生地を分厚くするのではなく、枚数を重ねて調節がきくように着せることも大切です。アウターはそれぞれの種類ごとの特徴をおさえて、気候に合ったものを選びましょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版