就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

在宅ワークでママも働く!家で働けるメリットや人気の職種とは

在宅ワークでママも働く!家で働けるメリットや人気の職種とは

最近は、大手企業も在宅ワークを取りいれたり、クラウドソーシングで業務委託をしたりする企業も増えてきました。子育てを優先しつつ、空いた時間などに働きたいママへ、働く時間や場所を選ばない在宅ワークをご紹介します。在宅ワークのメリットやデメリット、仕事の種類やおすすめの求人サイトなども、あわせてご覧ください。

在宅ワークでママが働く上での魅力と注意点

子どもの体調不良でもあわてなくてよい

ママが働くうえで、子どもの急な体調不良は職場への迷惑や一日の予定などの調整、なにより病気の子どもの看病など、何かとあわててしまいますよね。

集団で過ごす保育園や幼稚園などでは、季節性の病気などがはやると一気に感染がひろがることもあるので、自分の子どもが感染して治ったあと、別の風邪をもらって欠席するということも少なくありません。

そうなると、ママは勤め先を数日間は休まなければなりません。病児保育などを利用することもできますが、病気の子どもを預けることに抵抗のあるママもいるかと思います。

在宅ワークの場合、子どもが寝ている間や、すき間時間を利用して仕事をすることができますし、作業の日程をコントロールしやすいのも魅力的ですよね。

通勤時間がないからその分仕事ができる

毎朝、子どもを保育園や幼稚園へ送ったあとの通勤は、それだけで疲れるという方も多いと思います。とくに悪天候のときは交通機関の乱れもあり、勤務先へつくころにはヘトヘト…なんてこともありますよね。

在宅ワークは、家にいながら仕事ができるので、通勤がありません。勤務先によっては月に数回、打ち合わせなどで出社する場合もありますが、基本的に家が職場です。

在宅ワークの場合、例えば転勤族のパパだからといって仕事に就くのをためらわずにすみますし、住む場所も自由に選択できるメリットもあります。

最近は、大手企業も在宅ワークを取り入れています。メールやテレビ会議などを使えば、離れた場所でも会議に参加ができるので、まさに出社いらずですね。

仕事と家庭のバランスを取るのが難しい

在宅ワークは、家にいながら仕事ができるのが最大のメリットでもあるのですが、職場が家なので、仕事と家庭(子育て)のバランスを取るのが難しいというデメリットもあります。

例えば子どもが未就園児の場合、ママと遊びたい子どもがいるなかで集中して仕事をするのはむずかしいかもしれません。保育園に預けるということもできますが、自治体によっては在宅ワークは保育園入所の点数が低くなるということもあります。

子育てを優先したくて在宅ワークを選ぶママも多いと思いますが、仕事の最中にかまってほしい子どもに向かってつい「静かにしてよ!」と怒ってしまったりしては本末転倒ですよね。

仕事は子どもが寝たあとにするなど、作業時間を決めるとよいかもしれませんね。

自分の特性に合った在宅ワークを探そう

パソコンがない人は昔ながらの内職

パソコンがない、またはパソコンが苦手な方は、袋詰め作業や製品検査などの内職はいかがでしょうか。

<シールの袋詰め>
内職のなかでも求人が多いようです。シールを数百枚もち帰り、袋に台紙とシールを入れていく作業などがあります。単純作業ですが、枚数も多く一晩中かかったという方もいるので、人によっては大変さを感じるかもしれません。

<製品検査>
顕微鏡を使い、対象の製品に欠陥がないかを検査します。顕微鏡や製品の保管場所などを確保する必要があります。

<傾聴サービス>
聞きなれないかもしれませんが「話聞き屋」ともよばれており、お客さんの話を聞く仕事です。人の話を聞くのが好きな方や、心理カウンセリングを勉強したことがある方におすすめです。

パソコンを使って稼ぐ在宅ワーク

<記事のライティング>
自身のブログなど文字を書くことが好きな方におすすめしたいのは、記事を書くライティングの仕事です。ライティングの仕事は、1文字〇円といったところが多く、書けば書くだけ収入になります。

専門知識がなくても、自分が好きなことや興味のある分野の記事をたくさん書くことで、報酬アップに期待できそうです。

<在宅コールセンター>
未経験者でも採用されやすい在宅コールセンターも人気です。営業のための発信や、お客様からの問い合わせ対応が多い受信などがあります。

<翻訳>
外国語が得意な方は、翻訳の仕事に活かしてみてはどうでしょうか。海外サイトの翻訳や、英文ビジネス文書の翻訳など、仕事内容はさまざまです。

自分でブログやサイトを運営する

ブログというと、日記を連想する方も多いと思います。日記として運営してもよいのですが、収入面を意識すると「今日あったできごと」よりも、読む人の役に立つ「資産記事」を書くことで収入につながりやすくなります。

例えば「在宅ワークはどんな仕事があるのか、おすすめの仕事はなんだろう?」と探している人にとって、たくさんの在宅ワークを紹介することで、ブログに価値がでてきます。

自分がいままで経験したこと、培った知識のなかで、何かしら「誰かが欲しい情報」があるはずです。少し変わった趣味でもいいですし、職歴や、海外旅行の経験など、誰かが読んで役立つ情報を整理してブログを運営してみるのもよいでしょう。

収益につながるコツなどもあるので、やりがいはありそうですね。

在宅ワークのおすすめ求人サイト

ママに特化した求人「ママワークス」

サイト名どおり、主婦・ママ向けの求人に強い「ママワークス」は、子どもが寝ているときや、幼稚園、小学校へ行っている間だけなどのスキマ時間に働ける在宅ワークの求人を多数掲載しています。

在宅ワーク以外に、子どもがいるママに理解のある企業の求人も少なくないため、ママが働きやすい出社求人もあります。働く環境を支援しており、パソコンがない方にはパソコンレンタルもできるので、仕事の幅が広がるはずです。

ママワークスを利用するには無料の会員登録が必要になり、会員ページに職務経歴を記載しておくことで、運営事務局から電話でキャリアカウンセリングや、仕事紹介をしてもらえることもあります。

企業からのスカウトメールもあるので、仕事を見つけやすいはずです。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC