就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳のわがままは成長の証!悩みをプラスに捉えて対応しよう

5歳のわがままは成長の証!悩みをプラスに捉えて対応しよう

5歳のわがままに悩みを持つママは珍しくないようです。赤ちゃんのころとは違って言葉や態度で反抗してくる5歳児に、ついカッとなってしまうことも。しかし、これも子どもの成長の証です。この記事では、悩みをプラスに捉えて子どものわがままに対応できるような方法をお伝えします。

ママが悩む5歳児の困った行動とその理由

自己主張が強くて頑固になる

5歳児は言葉を理解して話したり、表現力が豊かになったりといった成長がみられるようになります。そのため、ママは5歳児だからできるだろうと思い、一生懸命言い聞かせようとします。しかし、5歳児は言葉は理解してもまだ自己中心的な考え方をする傾向があるので、ママのいうことを素直に聞けないときがあるのです。

5歳児は自己中心的な考え方に加えて、自己主張が強く頑固になりがちです。ときには、口答えや無視といった態度もみられることがあります。自己が確立してくるので、自分と違う意見の相手には反抗的な態度になってしまうようです。

また、わがままの裏には子どもの訴えたい気持ちが隠れていることもあります。甘えたい気持ちや認められたい気持ちがあるのかもしれませんね。

うまくいかずに叩いたり癇癪を起こすことも

5歳児はうまくいかないと叩いたり癇癪を起こしたりすることもあります。お友だちとの間でも叩くといったトラブルが増えてくるようです。癇癪は感情を爆発させる状態ですが、子どもに限ったことではなく大人でもありますよね。しかし、子どもに癇癪が多いのは、まだ感情をコントロールする成長の途中段階で未熟だからなのでしょう。

また、5歳という年齢によって周りから期待されることが多くなりますが、子どもにとってはまだまだ甘えたい歳ごろです。そのすれ違いがストレスとなって、このような癇癪を起こしやすくしているようです。

このほか、癇癪は空腹や疲れなど体調がよくないときに表れやすいようです。このようなことを考慮して、対応していくことが大事です。

子どもはわがままを通して様々なことを学ぶ

子どものわがままに悩むママも多いですが、わがままは子どもの成長の証であり当たり前のことのようです。そのため、わがままに対して少し気持ちを楽にして構えてもよいのかもしれませんね。子どもはわがままを通して様々なことを学んでいくのでしょう。

お友だちと喧嘩をしたり、自分の思いどおりにいかないことをたくさん経験したりして感情を抑えられるように成長していきます。相手の気持ちや優しさにも触れ、人とのやり取りもうまくできるようになるでしょう。

そのような成長を促すには、ママや周りの大人の関わり方が大切になってきます。子どもの気持ちを汲み取り、わがままを否定することのないようにして根気よく付き合っていきたいですね。

5歳児のわがままに対してのママの対応

まずは子どもの気持ちを落ち着かせよう

子どもがわがままを言っているときに叱ったり説明をしたりしても、子どもは素直に受け入れることができません。むしろ、余計に機嫌を損ねてしまうことの方が多いようです。

なかなか言うことを聞いてくれないと、ママもイライラしてしまいますよね。しかし、ここは冷静になって子どもの気持ちを落ち着かせることが大切です。子どもがわがままを言っていたら、落ち着くまで待ちましょう。

子どもの感情が辛そうなときには、抱きしめるのも一つの方法です。抱きしめることで子どもは安心することができます。また、触れ合うことで脳内ホルモンのオキシトシンが分泌されてストレスから早く立ち直ることができるといわれています。子どもだけでなくママも心を落ち着かせることができるでしょう。

子どもの意見もきちんと聞いて受け止めよう

落ち着いたら、子どもと向き合って意見を聞きましょう。5歳の子どもは、自分の気持ちをうまく説明することがまだ難しいかもしれません。なかなか喋らなかったり何を言っているのかよく分からなかったりする場合もあるでしょう。しかし、なかなか喋らないからといって怒ったり突き放したりしないでくださいね。子どもは自分を責めるようになってしまいます。

ママとしてできることは共感して受け止めてあげることです。「うん、そうなの」「そうだったんだね」などのように共感して子どもの意見にきちんと寄り添うことが大切です。子どもは気持ちを落ち着けることができ、ママに受け止めてもらえた安心感で満たされるでしょう。そして、わがままも自然と解消されるでしょう。

落ち着いてゆっくりと理由を説明しよう

子どもの意見を聞いて受け止めたら、今度はママが落ち着いた声でゆっくりと説明しましょう。このとき、怒ったような口調で言うと、子どもに恐怖心しか与えず説明を聞くどころでなくなってしまいます。怒るのではなく、ゆっくりと説明して叱るということが大切です。ママは子どもにどんな大人になって欲しいのかということを意識して接すれば、怒るような態度にならずに済むでしょう。

「~をやめなさい」と命令するのではなく、なぜそれがいけないことなのか子どもに問いかけてみましょう。親子で一緒に考えるような雰囲気にすると、子どもも話しやすくなりますよ。理由を子どもが考えることで納得し、次に同じようなことがあったときに考えて行動できる力がつくでしょう。

子どものよさを伸ばすために心掛けたいこと

先回りしすぎず子どものすることを見守ろう

子どもが何かに興味を示してわがままを言っている場合、危険なこと以外は子どものすることをおおらかな気持ちで見守ってみませんか?5歳の子どもは色々なものに好奇心を持ちます。知りたい、やってみたいという気持ちは素敵なことですよね。子ども自身が動いて経験すれば、納得もいくでしょう。

よく子どものために先回りして動くママがいますが、果たして子どもは満足するでしょうか?失敗によって子どもの機嫌が悪くなるのを回避しようとしての行動なのでしょうが、それでは子どもは達成感や失敗を味わうことができません。

反対に、失敗をしても納得がいけば、子どもは大きく成長するでしょう。子どもが失敗をしたときに、ママが子どもに寄り添い励ませば納得するかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事