就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが腹ばいで回るのは成長の証!ずりばい前の行動と習得の流れ

赤ちゃんが腹ばいで回るのは成長の証!ずりばい前の行動と習得の流れ

赤ちゃんが立って、歩いて移動する前の行動で有名なのは「はいはい」ですね。一般的に、ずりばい、はいはい、高ばいの順にできるようになるといわれていますが、赤ちゃんによってしなかったり順番が違ったりします。今回は、最初にすることの多いずりばいの前行動や練習方法などをご紹介します。

ずりばい目前の赤ちゃんがする行動は?

うつぶせで飛行機ポーズや手足バタバタ

赤ちゃんがうつぶせになった状態で、お腹だけ床につけて手足を浮かせてバタバタさせている光景を見たことはないでしょうか?見ているとかわいくて心が和みますよね。体が丸くて、手足が短い赤ちゃんだからかわいく感じるポーズです。

生後5カ月ころになると寝返りを打てるようになります。寝返りができるようになれば、うつぶせ状態で頭を上げ始めますね。そうするとお腹を床につけたまま手足を浮かせる「飛行機ポーズ」もできるようになります。

この飛行機ポーズをして手足をバタバタすることで骨盤と胸部、背中の筋力を鍛え発達させることができます。このポーズはずりばいをする前の動きといわれますが、赤ちゃんみんながするわけではありませんので、我が子がしなくても心配はいりませんよ。

方向転換しておもちゃを取ろうとすることも

最初は、うつぶせの状態で目の前のおもちゃなどを取るだけだった赤ちゃんが、飛行機ポーズができるようになるとお腹を軸にして手を使って方向転換し欲しいものを取れるようになるでしょう。今まではママに取ってもらわなければならなかったものも、手の届く範囲なら自分で取ることができますし、動ける範囲が増えて赤ちゃん自身も嬉しくてたまらないのではないでしょうか。

寝返りをしてから飛行機ポーズができるようになるまでの期間も、飛行機ポーズから方向転換して楽しめるようになるまでも赤ちゃんによってかかる時間が違います。飛行機ポーズや方向転換をせずにずりばいをしたりはいはいをしたりする赤ちゃんもいますから、このようなことをしなくても心配しないようにしましょう。

腹ばいのままその場で回るのも成長の過程

首がすわり、寝返りが打ててうつぶせができるようになると、様々な動きをするようになります。お腹を床につけたままで方向転換していた赤ちゃんがずりばいをするようになる場合もありますが、そうでない赤ちゃんもいるようですよ。

うつぶせができて、ずりばいに移行する段階で、その場でクルクル回ってしまう赤ちゃんがいます。なぜそうなるかというと、前に進みたいけれど、腕の筋力が左右で違うため思ったように前に真っすぐ進めず同じ位置で回ってしまうからです。

手漕ぎボートで考えれば分かるのではないでしょうか。左右均等の力でオールを漕げば真っすぐに進みますが、片方だけで漕いだり、片方の力が極端に弱かったりすると回転してしまいますね。それと同じ原理なのです。

ずりばいを習得するために大切なこと

うつぶせに慣れて筋力をつける

腕の筋力が左右対称でないと体がその場で回転してしまうとことからも、ずりばいで前に進むには筋力が必要なことが分かりますね。さらに、赤ちゃんがずりばいで前進するためには、腕の筋力だけでなく足の筋力も重要となってきます。

腕に比べて足の筋力が弱いと、前に進まず後ろに進んでしまう赤ちゃんもいるようですよ。そのため、きれいにほふく前進のように進むには、腕と足の筋力がバランスよくついていることが必要となります。

ずりばいが上手になるためにも、基本姿勢であるうつぶせに慣れて筋力をつけるとよいですね。ただし、長時間のうつぶせは窒息や乳幼児突然死症候群の原因となる恐れがあります。それを防ぐためにもママは赤ちゃんから目を離さず、疲れてきたらもとの体勢に戻しましょう。

足で地面を蹴って進む感覚を覚える

「ずりばいの練習ってしないといけないの?始めるならいつから?」と疑問に思うママもいるでしょう。ずりばいは必ずしないといけないわけではありませんが、はいはいをするために必要な筋力を発達させる助けとなるでしょう。

うつぶせに慣れてきたころがチャンスです。足の裏で床を蹴る感覚を楽しんでもらいましょう。自分でできないようなら、両足を持って交互に動かしたり、足の裏にパパやママが手を当てて蹴りやすいようにしたりしてその感覚を教えてもよいですね。

また、手の届く範囲より少しだけ遠いところにおもちゃやお気に入りのものを置くと、取りたいという気持ちが高まっていくうちに前に進むことがありますよ。ほかには、ママが少し離れて声掛けをして赤ちゃんを呼ぶのもよいですね。

ずりばいしやすい服装や環境づくりも大切

赤ちゃんがずりばいをするためには、それができるスペースと安全な環境の確保、動きやすい服装が大切になります。服装は、うつぶせになっても痛くない、シンプルなものを選びましょう。

ずりばいを始めたときに危険なものが床にあったり、たんすや机の角がそのままだったり、コンセント口がむき出しだったりすると危険です。口に物を入れたり、角で頭を打ちつけたり、指を入れたりなどを回避するためにも、ずりばいで移動し始める前に部屋の点検をしましょう。

また階段やキッチン、お風呂などにゲートをつけることやフローリング自体に危ないところがないかの点検もしましょう。赤ちゃんがバランスを崩したときのために、ジョイントマットを敷いておくと安心かもしれませんね。

ずりばいができる時期は個人差が大きい

生後7~8カ月ころにできることが多い

ずりばいが始まる時期で多いとされるのは生後7~8カ月ごろといわれますが、個人差も大きく早ければ生後4~6カ月で始める赤ちゃんもいます。逆に、生後9カ月になってもズリバイをしない赤ちゃんもおり、心配になるママもいるようですね。

ずりばいは、はいはいや高ばいをするための移行期間であるとともに、後のたっち、あんよの準備期間でもあります。この準備期間に手足や腰、背中の筋力を養い、ひとり歩きに必要な筋肉を鍛えています。寝返りのころと違い動き回るため、お腹が空き離乳食をよく食べるようになることもありますよ。

ずりばいの始まりやはいはいに移行するまでにかかる時間は、個人差が大きいです。そのことを理解して、いつ始まってもよいように見守るようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC