就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

下の子に愛情が持てない。その原因と子ども達に平等に接する方法

下の子に愛情が持てない。その原因と子ども達に平等に接する方法

平等にこだわらず個性をみてあげよう

ママにも性格的な好みがある

2人育児をしていると、「子どもたちを平等に可愛がらないと」「子どもを差別せず同じように接しないと」など、無理に子どもと平等に接しようと過ごしている方もいるかもしれませんね。しかし、ママは母親である前にひとりの人間です。

ママにも性格的な好みがあって、自分の子どもでも「性格が合わないかも」と感じる方もいますよね。「性格が合わない」と感じてしまったときは、どうすれば性格が合わなくても楽しく過ごしていけるかを考えてみましょう。

性格が合わなくても、子どもとの接し方で楽しく過ごせるようになることはありますよね。性格が合わないからといって子どもを怒ったり、冷たい態度をとったりしないように注意が必要ですよ。

同じ接し方をするより個性に合った対応を

子どもが2人いると、子どもたちに対して同じように接しないといけないと思っているママは多いかもしれませんね。しかし、子どもといっても性格はまったく違います。同じ接し方をするのではなく、子どもたちの個性に合わせた接し方を意識しましょう。

たとえば、ママが言わなくても何でも自分でやりたいという子どもと、ママが自分でやるように子どもに声掛けをしないとやらないタイプの子どもとでは、接し方を変えるほうがよいでしょう。自分でやりたいというタイプの子どもにはあえて何も言わず見守る、やらないタイプの子どもには何回か声掛けをするなど、子どもによって接し方を工夫することが大切です。

個性に合った対応をすることで、毎日が過ごしやすくなるとよいですね。

兄弟姉妹それぞれの成長過程を見守って

子どもの成長のスピードは、子どもによって全然違いますよね。それはきょうだいであっても同様で、兄弟姉妹それぞれの成長はそれぞれ違うので、子ども一人ひとりの成長を優しく見守れるとよいでしょう。

身長や体重などの体の大きさがきょうだいで違うだけではなく、歩けるようになる時期や話し始める時期、ひとりで着替えができるようになった日など、きょうだいでできるようになる時期が違うと「この子は成長が遅いのかな」と心配になることがありますよね。しかし、子どもによって興味を持つことは違うので、あまり心配しすぎずに様子を見ることも大切ですよ。

ある日、子どもが急にやる気になってできるようになることも多いので、きょうだいそれぞれの成長を見守りましょう。

つい、兄弟姉妹を比べてしまうときは

叱るときに一方だけを否定しないようにする

「兄弟姉妹を平等に見ないと」と思っていても、兄弟姉妹のどちらか一方だけがやんちゃなタイプだと、ついやんちゃなほうだけを叱ってしまうママは多いかもしれませんね。きょうだいケンカをしているときは、どちらか一方だけを「あなたがいけない」と否定するのではなく、「どうしてケンカになったのかな?」と、子どもに質問してみましょう。

お互いの言い分をしっかり聞いた上で「お互いの気持ちは分かったけれど、ケンカはいけないよね。どうしたら仲よく遊べる?」と、なるべく子ども同士で解決できるようにママは手助けをするとよいですよ。子ども同士で考えて問題を解決することで、自立心が成長します。

きょうだい間のことは、子ども同士にしか分からないこともあるでしょう。

個性の違いを探したら長所が分かるかも

忙しい毎日を過ごしていると、子どもの長所が分からなくなるときがあるかもしれません。「子どものよいところが分からず、短所ばかりに目がいってしまう」というママは、子どもたちの持っているそれぞれの個性を探してみましょう。

子どもたちの個性を探すことで「こんな長所があった」「ここは、この子のよいところだな」など、長所をたくさん見つけられて楽しいですよ。短所よりも長所に目がいくように毎日を過ごせるとよいですよね。

先輩ママの話では、お兄ちゃんは几帳面で整理整頓が得意だそうです。妹は整理整頓が不得意だそうですが、その代わりお兄ちゃんよりも明るい性格で、家族を笑顔にするのが得意だと話してくれました。それぞれのよいところを伸ばしてほしいと思っているそうです。

子どもへの精神的な影響があることを知ろう

パパやママが日頃から兄弟姉妹を比べてしまっていると、子どもの精神に悪影響を及ぼすといわれています。子どもたちの成長のためにも、兄弟姉妹は別々の人間で性格も長所も違うということを忘れてはいけませんね。

兄弟姉妹を比べて育ててしまうと、幼稚園や小学校など、集団生活に入ったときにも「◯◯ちゃんは私より勉強ができないからダメ」「◯◯くんは運動ができないから格好が悪い」など、何に対しても人と比べるようになります。

また、「自分は◯◯ができないとパパやママに愛されない」と思い込み、できないことがあると取り乱す、不安になってうつ状態になるなど、精神が不安定になる可能性もあるのです。子どもが安心して過ごすためにも、一人ひとりの成長を見守りましょう。

ママの休息を適度にとってストレス発散して

パパや祖父母に子どもを任せて外出してみる

2人育児をしていると、ママが自由に過ごせる時間はほとんどありませんよね。「子育てするのが辛い」「最近は子どものことが可愛いと思えない」と感じている方は、体や心を休める時間を作ることが大切ですよ。

ママもひとりの人間なので、子育てに疲れてしまうこともありますよね。疲れたときは無理に頑張るのではなく、パパや祖父母に子どもを預けてひとりで好きなことをする好きな時間を過ごしましょう。

子どもがいるとお出かけをしても自由に過ごせないので、ひとりで外出するのも気分転換になってよいですよ。ゆっくりランチをする、映画を観る、買い物をするなど、いつも頑張っているご褒美にひとり時間を楽しめるとストレス発散になりますよね。

子どものお世話が大変なら家事は手抜きする

2人育児は本当に大変で、ママは毎日時間に追われていることでしょう。子どもが2人に増えると家事の負担も大きくなるので、「洗濯物が多くて間に合わない」「子ども2人の面倒をみながら、夜ご飯の準備ができない」など、思うように家事が進まない日々にイライラしている方も多いですよね。

子どものお世話が大変なときは、思い切って家事を手抜きしましょう。洗濯物はコインランドリーを活用する、ご飯はお惣菜を買ったり出前を取ったりする、掃除は余裕のあるときだけにするなど、家事を手抜きすることで時間に余裕ができると子どもとの時間をたくさん作れてよいですよ。

「主婦だから家事も完璧にしないと」と思わず、子育てが大変だから手抜きになっても仕方がないと思うようにしましょう。

早めに寝る日を増やす

最近はテレビやスマホなど、24時間楽しめるものが増えてきたためか、子どもの就寝時間が遅くなっている家庭が多いといわれています。子どもの寝る時間が遅いとママは溜まっている家事をしたり、ゆっくり休んだりする時間が作れずストレスが溜まっていきますよね。

平日は早めに就寝して週末だけ夜更かししてもよいなど、メリハリをつけることが大切です。寝る時間が遅いと子どもが朝起きられなくなるだけでなく、夜更かしに付き合うママも疲れが溜まりリフレッシュできません。

家族みんなが元気に過ごすためにも、平日は早寝早起きを心がけて過ごしてみましょう。子どもが寝たらママもやりたいことがあるとは思いますが、睡眠を取ることも重要ですよ。

まとめ

子育てをしていると、「下の子とは性格が合わなくて、全然可愛いと思えない」「下の子には怒ってばかり」など、2人目の子育てに苦労しているママも多いかもしれませんね。きょうだいでも性格は全然違うので、1人目のときと同じように接しても、「思うようにいかないなぁ」と感じることもあるでしょう。

「きょうだいでも性格や個性は違う」ということを頭に入れて、子どもたちを比べないように注意しましょう。それぞれの個性を伸ばせるように、接し方を変えてみるのもよいですよ。
69 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND