就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子ども用のシャボン玉で遊ぼう!手作り方法とおすすめ市販品を紹介

子ども用のシャボン玉で遊ぼう!手作り方法とおすすめ市販品を紹介

昔からあるシャボン玉遊びは、シャボン玉を大きくしたり小さくしたりと、子どもから大人まで楽しめますよね。でも、シャボン玉液の安全面は大丈夫かな?と心配になるママもいるのではないでしょうか。そこで今回は、安全なシャボン玉の手作り方法と市販品のおすすめのシャボン玉液を紹介していきます。

子ども用シャボン玉で遊ぶときのポイント

口に入ることも考えて原材料はよく見て

小さな子どもはシャボン玉で遊ぶとき、誤って飲んでしまうこともあるかもしれません。市販のシャボン玉で遊ぶ前には、その原材料を確認しましょう。

遊ぶ前に確認することで、シャボン玉液が何で作られているかが分かりますよ。シャボン玉液は、界面活性剤相当分が3.0%以下であり、蛍光灯増白剤や重金属は含まれていない安全基準をクリアしたSTマークが表示してあるシャボン玉液を選びましょう。

界面活性剤でも、合成界面活性剤は洗浄力も強くからだに影響しやすいので、なるべく天然界面活性剤を使っているシャボン玉液がおすすめです。シャボン玉液は安全基準をクリアしていても、飲むためのものではありません。子どもが誤飲しないように気を付けてあげましょう。

万が一飲み込んでしまったときの対処法

万が一子どもがシャボン玉液を誤飲したときは、少量ならば口をすすいであげてから、牛乳を飲ませましょう。牛乳を飲むことで、症状を緩和してくれます。また、シャボン玉液を大量に誤飲したときは、まず吐かせるようにしましょう。

小さな子どもは、吐いたものを気管内に吸い込んでしまうこともあるので吐くときは注意が必要です。誤飲した量が多いときや、嘔吐、咳き込み、腹痛、下痢など症状がある場合は病院を受診することをおすすめします。

医療機関を受診するときは、シャボン玉液の濃度を確認し、どのくらいの量を誤飲したのか伝えます。家庭でシャボン玉液を作った場合は、使用している材料や希釈の量を伝えましょう。

ママが慌てずに対処してあげるようにしてくださいね。

人のいない場所で楽しもう

公園などでシャボン玉遊びをするときは、なるべく人のいない場所で楽しむようにしましょう。人のいない場所で遊んでいても、シャボン玉は風に乗って思いもよらない方向に飛んでいってしまうことがあります。

シャボン玉が近くに飛んでくると、迷惑に思う人もなかにはいるようです。公園などの公共の場所では、いろいろな年代の人が思い思いに過ごしているので、迷惑にならないようにしたいですよね。

どこかからシャボン玉が飛んできて割れると、シャボン液が飛び散り濡れてしまうこともあります。シャボン玉は遠くから見ているのはよいけれど、近くで割れるのが嫌だと思う人もいるので、シャボン玉で遊ぶときは、人のいない場所や車通りの少ない場所で楽しむことをおすすめします。

子ども用にシャボン玉液を手作りしてみよう

シャボン玉液作りに必要な材料 

シャボン玉液は、家にある材料でも簡単に作れます。シャボン玉液作りに必要な材料は、水200ml、台所用洗剤10ml、砂糖10gを用意しましょう。

水は不純物が入っていないものがよいので、一度沸騰させます。台所用洗剤は界面活性剤35.0%以上のものを選び、砂糖はグラニュー糖がなければ上白糖でもよいですよ。

用意ができたら鍋に水を入れ、沸騰したら火を止め、ぬるま湯になるまでさましましょう。ぬるま湯になったら、砂糖を入れてとかします。

砂糖が完全にとけたら、台所用洗剤を入れてゆっくりと泡立てないように混ぜます。すべてが混ざって、容器に移し替えればシャボン玉液のできあがりです。

台所にあるものばかりなので、後片付けも楽にできますよ。

割れにくいシャボン玉の作り方

シャボン玉は、すぐに割れてしまうとショックですよね。そこで、割れにくいシャボン玉液を作ってみましょう。

割れにくいシャボン玉液は、市販のシャボン玉液100mlにヒアルロン酸入り化粧水小さじ1または、砂糖(ガムシロップ)を25ml加えて混ぜると割れにくいシャボン玉になりますよ。シャボン玉がすぐに割れてしまう原因は、水の蒸発なので、それを防ぐために砂糖(ガムシロップ)や洗濯のりを入れましょう。

砂糖(ガムシロップ)の代わりに洗濯のりを入れても効果があります。ヒアルロン酸入り化粧水は、シャボン玉の保湿力を上げるので水の蒸発を防いでくれますよ。

ヒアルロン酸の化粧水で効果がないときは、単体のグリセリンも水の蒸発を防ぐので試してみましょう。

ストローやいろいろな道具で吹き具を作ろう

シャボン玉を作るときは、吹き具を利用して楽しみましょう。簡単に作れるストローを使った吹き具は、ストローの片側の2、3㎝部分に等間隔の切り込みを入れ、途中にシャボン玉液の吸い込み防止用に、数ヵ所小さい切り込みを入れるとよいですよ。

ストローの吹き具を使うと、昔ながらの丸い可愛いシャボン玉ができます。そのほか、ペットボトルの胴を横に切り、切り口にガーゼを張ってシャボン玉液を付けて吹くともこもことした泡ができます。

シャボン玉がいつもよりも大きくたくさんできますよ。ワイヤーハンガーやモールなどで形を変えても、吹き具はできます。シャボン玉の吹き具は、ほかにもいろいろな道具を使い、吹き具の形も変えることで、さまざまな形のシャボン玉を楽しむことができます。

子ども用に最適な市販のシャボン玉液

シャボン玉の定番「わくわくしゃぼん玉」

市販のシャボン玉の定番といえば、オンダの「わくわくしゃぼん玉」があります。ピンク、イエロー、ブルーのカラフルな容器のシャボン玉液が6本と、グリーンのストロー式の吹き具が2本ついてきます。

誤飲防止のためにストローの途中に穴が開いていますし、日本玩具協会の安全基準をクリアしたSTマークを取得していて、全国シャボン玉安全協会の推奨商品でもあるので、ママも安心して子どもに遊ばせることができるはずです。

初めてのシャボン玉に使いやすいですよ。
31 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj