就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代主婦の家での過ごし方は?家を楽しむ理由と目的別の過ごし方

30代主婦の家での過ごし方は?家を楽しむ理由と目的別の過ごし方

同じ30代の主婦でも、家での過ごし方やどんな気持ちで過ごしているかは、置かれている状況によって変わってきます。充実した生活を送るため、ほかの人の過ごし方が気になるママも多いのではないでしょうか?そこで、家にいる時間が長いママが、楽しいと思える過ごし方について考えてみましょう。

30代主婦は家でどんな風に過ごしている?

DIYなど家でできる趣味を楽しむ

最近はDIYを趣味とするママが増えつつあります。DIYと聞くと、初めての方は難しそうと感じるかもしれませんね。しかし、収納ボックスを作ったり、もともとある家具に棚を増設したりすることは比較的簡単にできるので、初心者でも挑戦しやすいでしょう。

ホームセンターに行くと木材やDIYに必要な道具、便利グッズまで様々なものが売られているため、材料を選ぶことも楽しみの一つになるでしょう。木材の質感や色などはそれぞれ違いがあるので迷ってしまうかもしれませんが、初心者の方には扱いやすいすのこがおすすめです。

DIYでは形や色を自分好みにすることができ、普段の生活であったらよいなと思うものを自分の手で作れるので、設計どおりに完成したときには達成感がありますよ。

SNSやブログなどの情報発信

SNSやブログと聞くと、若い人がやるイメージを持っている方もいるかもしれませんね。ところが、最近は子育て中のママたちが情報交換や息抜きとして始めるケースが多く、趣味としても人気となっています。

とはいえ、毎日の生活が平凡すぎて書く内容がない、SNS映えするようなキラキラした写真を撮っている暇がないというママもいるでしょう。しかし、SNSやブログの閲覧者は似たような境遇の方である場合が多く、むしろ平凡な毎日や子育て中の日常をあるがままに書くほうが共感を得られます。

子育て中のママは常に子どもが相手で、孤独感を抱きやすい立場にあります。ネット上であっても、ママ同士で情報交換をしたり共感し合ったりすれば、毎日の生活が楽しくなりそうですね。

プチ贅沢で自分へのご褒美タイム

主婦は終わりのない家事に追われ、人づき合いで気疲れをし、その上育児が重なるとストレスも溜まりますよね。そのようなときは、プチ贅沢をして日ごろのストレスを発散してみてはいかがでしょうか。

プチ贅沢と一言で言っても内容は人それぞれですが、家族に内緒で美味しいものを食べるというママが多いようです。おしゃれなカフェでスイーツを食べたり、高級なお肉を買って食べたりと、美味しいものを食べているときは心もお腹も満たされますよね。

憧れの化粧品やヘアケア用品を買うなど、美容に力を入れるママもいるようです。自分が綺麗になっていると実感することは、自信にも繋がり、気持ちも明るくなりますよね。ママが笑顔で家族と過ごすためにも、適度な息抜きは大切です。

30代主婦はどんな気持ちで過ごしている?

家が好きな人は積極的に楽しんでいる

子どもの有無に関わらず、専業主婦はひとりで家で過ごす時間が長いです。子どもが小さいうちは子どもと2人で過ごすことになりますが、大人と話をする時間が圧倒的に減ったというママも多いのではないでしょうか。

仕事をしているときとの環境の変化に、最初は孤独感を抱くこともあるかもしれませんね。しかし、その中でも自分で時間の使い方を決められることをプラスにとらえ、家の中でひとりでも充実した生活を送れる人はその環境が合っているのでしょう。

家事をするにも自分で目標を作り楽しんでしまうほど、家で過ごすことが好きな人もいます。空いた時間を活用して新たな趣味を見つける人や、ゆっくり体を休めることが好きな人もいるでしょう。ママが幸せだと、家の居心地もよくなりますね。

専業主婦に罪悪感を抱いている人も

専業主婦になる理由は家庭によって様々ですが、パパの希望があって専業主婦になった場合でも、ときが経つにつれて働いていないことに罪悪感を覚えるママもいるようです。

専業主婦が罪悪感を抱く原因として、仕事とは違い主婦業は周囲からの評価を得にくく、どれだけ頑張っても褒められることが少ないということがあります。もちろん、手の込んだ料理を作ったときに家族が美味しいと喜んでくれて、それをやりがいに主婦業を楽しんでいるママもいるでしょう。

また、専業主婦は自分で得る収入がないため、経済面で罪悪感を抱くことも多いです。そのような方が楽しく生活を送るためには、自分の役割を認め、パパの得る収入を家族のお金として考えることがポイントになるでしょう。

子どもがいない30代主婦は孤独感が強い

同じ専業主婦でも、子どもがいると公園や児童センターに行く機会ができるので、ママ同士で交流をすることもあるでしょう。その反面、子どもがいない30代の主婦は、自分から外に出ない限り社会との関わりが薄れ、同じ境遇の人を見つけることさえ難しくなります。

そのため、孤独を感じやすくなる傾向があります。自分の存在意義がわからなくなる前に、他者との繋がりを見つけるようにしましょう。好きなことや趣味があれば、地域のサークルに参加してみるのもよいですね。料理教室などは、家庭でも役に立つことがあるでしょう。

また、手軽に同じ境遇の人を見つけるにはSNSなどを活用するという方法もあります。相手の顔は見えませんが、会話の中で共感し合えると孤独感も薄れていくでしょう。

充実した時間を持とう!おすすめの過ごし方

趣味と実益を兼ねたい人

趣味をしながら実益を得られたら、時間を有効活用できているという気持ちになりますよね。30代の主婦には、裁縫や手芸などが人気です。いらなくなった洋服をリメイクしたり、端切れを使ってパッチワークにしたりしてもよいでしょう。慣れてくると家で使うものだけでなく、ネット上で販売して収益を得ることも可能なので挑戦してみてはいかがでしょうか。

最近人気が高まっているのは、写真やイラストです。題材を探して外へ出るきっかけにもなるでしょう。作品はブログなどで公開して反応を見るのも楽しいですね。

また、隙間時間を利用してアンケートに答える仕事もあります。内容も難しいものではないので、初めてのママでも取り組みやすいですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版