就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬肌着はどう選ぶ?元気な風の子を育てるためのアドバイス

子どもの冬肌着はどう選ぶ?元気な風の子を育てるためのアドバイス

寒くなってくると子ども用品を扱うお店では冬用の肌着が並びます。暖かさに特化した素材で作られているものや長袖のものなど種類が多く、どれがよいのかわからなくなってしまいます。自分の子どもにはどんな肌着が合っているのか、そもそも肌着は必要なのかなど、肌着に関する疑問にお答えします。

そもそも冬に肌着は必要なの?

冬でも汗をかくからあせも対策になる

子どもにとって肌着は、とても重要です。

子どもは夏はもちろん冬でも汗をかきます。冬は暖かい素材の衣類をきたり、重ね着をしたりすることも多いため、衣類の下に熱がこもりがちです。

子どもは運動量も多いので、特に熱がこもりやすく、汗をかきやすいのです。汗をかいた状態で長い時間放置すると、気持ちが悪いのはもちろん、あせもなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

そこで活躍してくれるのが肌着です。

肌着は、吸水性、速乾性のよい生地で作られています。肌着が体に密着することで、汗を素早く吸収し、汗を吸収した後もべたつき感を抑えてくれます。このように体に汗が流れること、長時間体に汗を残さないことで、あせもを予防してくれているのです。

重ね着で空気の層を作って寒さ対策

肌着は吸汗速乾以外にも、空気の層を作り、暖かい状態を作ってくれるという効果があります。

暖かい素材というとニット素材やフリース素材がありますが、ニットやフリースを一枚で着ても、冷たい空気が抜けてしまい寒いですよね。肌着を着ることで空気の層ができ、体を暖かい状態に保ってくれるのです。夏にはクーラーの風などで体が冷えすぎてしまうことを防いでくれたりもします。

また、肌着は動きやすいように作られているため、Tシャツなどのほかの衣類で重ね着をするのと比べてとても動きやすいです。運動量の多い子どもには動きやすさはとても重要なことですよね。

暖かさや動きやすさを考えると、肌着は冬の子どもには必要不可欠なアイテムではないでしょうか。

袖なし、半袖、長袖肌着の選び方

肌着には袖なし、半袖、長袖と3種類あります。場面や状況によってベストな袖の長さの物を選んであげましょう。

例えば、公園で遊ぶときや保育園、幼稚園に行くときなど、寒いからといって長袖肌着を着せてしまうと、体温が上がって暑くなると不快に思う子どもが多いようです。

これから体を動かすであろうとき、または空調が効いたところに長時間いる予定のときは、肌着は袖なしか半袖を選び、カーディガンやジャンパーなど脱ぎ着しやすいもので寒さ対策をしてあげましょう。

長袖肌着は、衣類が直接肌にあたる面積が狭くなるので、ニットなどのやや刺激が強い素材の物を着るときには活躍してくれると思います。もしも長袖肌着を着るときは、できるだけ薄着にしてあげるとよいですね。

子どもの肌に優しい素材を選びましょう

肌着の種類と素材はさまざま

肌着は、袖なしのものや半袖、長袖の物、腰までの丈の物や、股下で止めるカバータイプのものなど種類があり、素材も、綿(コットン)であったり、発熱性や保温性の高いメリノウールやスムースなど、色々な種類があります。種類が多いので自分の子どもにはいったい何を着せたらいいのだろうと悩むママも多いのではないでしょうか?

おすすめは、肌着の種類を季節によって替えることです。

例えば、夏とても汗をかく子どもであれば、袖なしで通気性のよいメッシュ素材のもの、春、秋は肌触りのサラッとしているフライスや、少し袖の長いガーゼ素材の物、冬は半袖~長袖のメリノウールで防寒。

このように、肌着は季節や、その子の肌の状態に合わせて選んであげるとよいのではないでしょうか。

やっぱりコットンが最強!

肌着の中で一番多く使われており、一番肌着に適している素材は、コットン(綿)です。

コットンは繊維の先端が丸く肌への刺激が少ないため、肌触りがとてもよいのです。また、吸水性や通気性もよいため、熱がこもって蒸れたりすることなく、常にサラッとした肌触りを保つことができます。蒸れがないため雑菌が繁殖しにくく、清潔です。

他にも、夏は涼しく冬は暖かい、静電気が発生しない、生地が傷みにくいなど…メリットしか出てこないのがコットン素材なのです。

また、コットン100%やオーガニックコットンと記載のあるものはほかの繊維を一切含んでいないため、デリケートな赤ちゃんや、アレルギー体質の子どもにはこのような記載があるものがよいでしょう。

発熱性、保温性下着は子どもには必要なし

冬になるとたくさんお店に並ぶ発熱性や保温性下着。暖かくて防寒対策になりますが、実はいくつかデメリットもあるのです。

発熱性や保温性のある下着は、汗を吸収することによって熱を生み出すため、汗の吸収はとてもよいのですが、吸った水分を外に逃がすのは苦手です。なので大量の汗をかく子どもの場合、水分が蒸発されにくく、かえって体を冷やしてしまうことがあるのです。

また、水分が蒸発せずあせもになりやすい、必要な肌の水分も吸収してしまい乾燥する、化学繊維で肌荒れなどを起こしやすい、など、肌トラブルを起こす子どもも多いようです。

子どもは大人よりも体温が高めなので、極端に寒い日でない限りは発熱性、保温性の下着は避けた方がよいといえるでしょう。

ママが支持する人気の肌着はこれ!

丈夫で使いやすいユニクロ肌着は支持率高し

子どもの肌着で多くのママから支持されているのがユニクロの肌着です。ユニクロの肌着は肌触りがよいことに加えて、何度洗ってもヨレない丈夫さが人気のポイントです。

ユニクロの肌着はコットン100%のフライス編みで、サラッとした肌触りのうえ、よく伸び動きやすいです。また脇につなぎめを作らない丸胴仕様なので着心地がとてもよいのです。

ヒートテックは体の水分も吸収してしまうため、肌の弱い子どもだと、乾燥や肌トラブルを起こしてしまう場合もありますが、そういった子どもでも安心して着ることができます。

ユニクロは80~160サイズまで幅広く取り扱っており、価格も1,000円未満とお手頃のため、多くのママから支持されています。

下着メーカーのグンゼはやっぱり優秀

また、キッズサイズ(100~)ではグンゼの肌着もとても人気の商品です。

グンゼの肌着は日本アトピー協会も推奨しており、独自のコットンや技術により、天然コットンにもまさる肌触りで肌にやさしいものや、「まるで第二の肌」といわれるほど肌に近い保湿構造の生地などでできており、アトピーの子どもを持つママにもとても人気です。

また、すそやえり、袖まわりの縫い目を外側にしたり、洗濯タグを付けずにプリントにするなど、敏感な肌への刺激をできる限り少なく作られているのもポイントです。

こちらは100サイズ~しかないのですが、低価格なため、よく動き回る子どものいるママたちの中にはまとめ買いする方も多いようです。

防寒肌着はベルメゾンのホットコットが人気!

特に寒い日や、寒い地域にお住まいで、冬の防寒肌着は必要不可欠という方には、ベルメゾンのホットコットがおすすめです。

今までは防寒下着というと化学繊維を使った物ばかりでしたが、このホットコットはコットン95%~100%で作られており、発熱機能がついているのです。また、この発熱機能は、化学繊維100%の発熱性ウェアより暖かいことがベルメゾンの実験結果ででています。

着るとすぐに暖かく、その暖かさが持続される、ほかの防寒肌着に比べて肌触りもよく肌にもやさしい、蒸れにくいとよいことずくめの防寒肌着ですよね。

綿100%のホットコットは1,490円~と、ユニクロやベルメゾンと比べると少し高めですが、品質と機能性が抜群なため人気が高いようです。

まとめ

子どもの冬の肌着の選び方や、おすすめの肌着をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

大人と比べて体温が高く、よく汗をかき、肌も敏感な子どもの肌着選びは難しいですよね。子どもが冬でも快適に過ごせるよう、ぜひこの記事も参考にしてみてください。

また、今回ご紹介した肌着以外にもよい商品はたくさんあると思います。インターネットでの口コミを参考にしたり、先輩ママに聞いたりなどして、ぜひ子どもにあったものを見つけてみてください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018