就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新米ママにプレゼント!ママの笑顔を引き出すとっておきの贈り物

新米ママにプレゼント!ママの笑顔を引き出すとっておきの贈り物

初めての出産を経験した新米ママにとっては、赤ちゃんと過ごす、すべてのことが初めてですね。希望や不安の両方を抱えているかもしれません。そんな新米ママに、すてきな贈り物で笑顔になってもらいましょう。ママと赤ちゃんへのとっておきの贈り物と、注意したい贈り物についてご紹介しますので参考にしてくださいね。

初めて尽くしの心と体を癒してあげよう

子育てのヒントを教えてくれる「本」

子育てをしていると、楽しいと感じる反面、うまくいかないと感じたり、なんとなく気分が沈んでしまったりすることもあるでしょう。また、赤ちゃんの場合は、まだ言葉も話せないので泣くことで気持ちを表現しますが、そのことで不安になる新米ママも多いそうです。

そこで、新米ママへの贈り物として、新米ママの心に寄りそうような内容の本を選んではいかがでしょうか。子育てをする上で、知っておきたいことや、子育ての悩みを解決する方法などの内容は、初めての子育てで戸惑う新米ママをサポートしてくれますよ。

現代はインターネットなどで簡単に情報を得ることができますが、情報がありすぎて困惑するママも多いそうです。本が一冊あることで安心できるとよいですね。

授乳しながら「フットマッサージ」

赤ちゃんのお世話をしながら家事をこなしていると、家の中を1日中、行ったりきたりして足が疲れるかもしれません。産後の疲れや、赤ちゃんのお世話でゆっくりしたい新米ママですが、そうはいかないのが現実のようです。

しかし、いくら立ちっぱなしの時間が多い新米ママでも、授乳している間は座っていますよね。その時間を使ってフットマッサージで疲れを癒すグッズを贈り物にしてはいかがでしょうか。

いろいろなメーカーからフットマッサージができるアイテムは発売されていますが、おすすめはコンパクトなクッションタイプのものです。疲れた足を置くだけで、手もみ感覚のマッサージをしてくれるなど、授乳中でも手軽に使うことができますよ。

ママの好みを知ってるなら「お菓子」セット

好きなお菓子で、ゆっくりした時間を過ごして癒されたい新米ママもいますよね。しかし、赤ちゃんのお世話で忙しく、自分では買いに行くことは難しいです。

ママの好みを知っている場合、贈り物の定番である、お菓子セットも新米ママを癒す贈り物として喜ばれるケースが多いそうですよ。「お菓子の好みを知っていてくれた」とママに喜んでもらえるとよいですね。

また、新米ママが母乳育児をしている場合、甘い物や油分の多い食べ物を控えているかもしれません。あらかじめ、どのようなお菓子セットがよいか聞いてみてもよいですね。

希望を聞かずにお菓子セットを贈る場合は「ご家族のみなさんで楽しんでください」などの一言をそえると、新米ママも気を使わずにすみますよ。

赤ちゃんと一緒に使えるアイテムも喜ばれる

ずっと使える「エイデンアンドアネイ」

初めての子育ては、常に赤ちゃんといるといってもよいくらい、赤ちゃんとともに過ごす時間がたくさんありますよね。そんな新米ママには、赤ちゃんと一緒に使えるアイテムが喜ばれるようです。

まず、おくるみやブランケットは、ずっと使えるアイテムとして人気があります。なかでも人気なのが「エイデンアンドアネイ」というニューヨーク生まれのブランドです。

生まれたての赤ちゃんにも優しいガーゼ素材のおくるみは肌触りがよく、洗濯するたびに柔らかくなるのが特徴です。大判サイズなので、赤ちゃんが成長してからも使うことができますよ。

おくるみ以外の使い方もたくさんあり、ママのひざ掛けなどにも活躍します。おくるみが2~4枚のセットになったものが人気のようですよ。

ママと赤ちゃんに「バデフィーベビー」

妊娠中から産後まで通して使うことができるオーガニックアイテムは新米ママにとっても安心ですし、赤ちゃんと一緒に使えるアイテムだとうれしいですよね。ドイツ生まれの入浴剤でおなじみのバデフィーが作った「バデフィーベビー」は赤ちゃんとママのために作られているので、安心して使うことができるスキンケアがそろいますよ。

バデフィーベビーのアイテムは、赤ちゃんの肌への刺激を考え、品質の高い植物オイルを使用し、赤ちゃんの肌を守ります。また、すべての商品が無着色、無香料もしくは、自然のパフュームオイルを使用したブルーベリークリームの香りで仕上げています。

ボディローションやスキンケアオイルなど、赤ちゃんとママが一緒に長く使うことができますよ。

物ではなく体験が選べる「ギフトカタログ」

新米ママが喜ぶ贈り物に悩んだら、物ではなく体験が選べる「ギフトカタログ」を贈ってみませんか。

例えば【カタログ FOR BABY】シリーズは価格帯が5,500円と10,500円の二つあり、それぞれ約200コースの体験やグッズが掲載されています。産後の新米ママの疲れを癒し、リラックスできるような体験や、新米ママと赤ちゃんが一緒にできるお出かけや体験などが豊富です。

また、ギフトカタログから知育玩具を選ぶと、自宅に届いた知育玩具で一緒に遊ぶ体験もできますよ。

利用方法も簡単で、カタログと有効期限付きチケットが届いたら、希望するコースを選び、インターネットかはがきで申し込むと予約が完了します。ぜひ、赤ちゃんとすてきな時間を過ごしてもらいたいですね。

喜ばれない可能性がある注意する品

好みじゃない、大きいサイズの「ベビー服」

せっかくの贈り物でも、残念ながら喜ばれない可能性がある品もあります。いくつか例をあげるので参考にしてくださいね。

まず、贈り物といえば、ベビー服を思いうかべることは多いですよね。赤ちゃんより大きいサイズのベビー服を贈るケースもよく耳にします。

しかし、新米ママにとって初めての赤ちゃんなので、洋服選びを楽しみたかったり、自分で選んで着せたかったりするかもしれません。もし、選んだベビー服が新米ママの好みではなかったら、着る機会が少ない可能性もあります。

また、赤ちゃんの成長はそれぞれなので、成長した赤ちゃんが大きいサイズのベビー服を着る季節と合うとは限りません。ベビー服を選ぶ際は、なるべく具体的に希望を聞くとよいですよ。

赤ちゃんの肌に合わない「おむつ」

赤ちゃんに必要な消耗品をもらえると助かるという新米ママの声もあります。しかし、おむつなどの直接、赤ちゃんの肌に触れるものを贈る際は、赤ちゃんの肌に合ったものでないと、ママが困る可能性がありますよ。

新米ママは、赤ちゃんの肌が弱かったり、赤ちゃんのおむつかぶれを予防したりなどの理由で、おむつにこだわりがあるかもしれません。また、赤ちゃんの成長が早く、贈ったおむつのサイズが合わなくなることもあります。

おむつを贈る際は、普段から赤ちゃんが使っているおむつのメーカーやサイズを聞くと安心ですよ。また、おむつを交換するときに使うお尻ふきなどとセットで贈るのもよいでしょう。

その場合も、赤ちゃんの肌に合うものを聞いておくとよいですよ。

赤ちゃんによっては出番がない「スタイ」

赤ちゃんがスタイをしている場面を見る機会はたくさんありますよね。しかし、実際はあまりスタイを使うことなく成長する赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんによってさまざまですが、よだれがほとんど出ない赤ちゃんもいます。よだれが出ても、ガーゼでさっと拭く程度ですむ場合は、スタイを使用しないママも多いそうです。

スタイを嫌がり、すぐに取りたがる赤ちゃんもいます。無理に赤ちゃんにスタイをつけると機嫌を損なう場合もありますね。

また、簡単に手作りができるのもスタイの魅力です。妊娠中、赤ちゃんにスタイを手作りしたという新米ママもいるでしょう。

手ごろな価格で、デザインも豊富なスタイですが、さりげなくスタイの使用頻度を聞いてみてもよいですね。

まとめ

赤ちゃんと過ごす時間や経験など、何もかもが初めての新米ママにとっては、毎日が楽しさや喜びに満ちあふれている反面、育児への不安や悩みなども同時に抱えている状況です。そんな新米ママには、日々の緊張を和らげたり、少しでもストレスから解放されたりするようなものを贈りたいですよね。

今回ご紹介した贈り物は、ほんの一部です。新米ママの好みや欲しいもの参考にしながら、贈り物を受け取ったときに笑顔になってもらえるような、とっておきの物がみつかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018