就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児との過ごし方に悩むママは多い!お家遊びやお出かけはできる?

乳児との過ごし方に悩むママは多い!お家遊びやお出かけはできる?

赤ちゃんの誕生を楽しみにしていたけど、いざ生まれて一緒に過ごしてみると、どのような過ごし方をすればよいのか戸惑うことはありませんか。赤ちゃんのお世話をして、後はなんとなく過ごすだけというときもあるでしょう。ここでは、乳児の赤ちゃんとどのように接したり、遊んだりしたらよいのかご提案いたします。

友達は必要?家でダラダラばかりで罪悪感も

みんな意外とダラダラ過ごしている

赤ちゃんと何をするでもなく、ダラダラと1日を過ごしてしまったと自分を思わず責めてしまうママもいると思います。赤ちゃんのお世話や家事をこなすだけでも、ママは精一杯頑張っています。それどころか、育児だけでも大変で家事をするのもままなりませんよね。

それに、ママは妊娠、出産という大きな役を果たし、ホルモンバランスが整っていない中で育児をこなし心身ともに疲れが溜まっています。自分の体はもう大丈夫だと思いがちですが、それなりに疲れているものです。そのため、ママの体を休めることは必要です。

意外とみんなダラダラと過ごしています。ママはみんな大変なのですから、体を休めるためにも同じ状況であることが多いのです。育児は長い道のりなので、ゆっくりしましょう。

赤ちゃんに必要なのは友達でなく笑顔のママ

赤ちゃんの友達を作って、触れ合わせた方がよいのではと思うママの気持ちもあるでしょう。しかし、小さな乳児の赤ちゃんを連れて外出するのは大変です。おむつやミルクの準備をしたり、泣いたりするのに対応しなくてはなりません。それがママにとってストレスになったりすることもあります。

体が辛い時期には無理して外出する必要はありません。それよりも赤ちゃんはママが笑顔でゆったり構えてくれる方が安心します。友達は焦らずゆっくり作ればよいし、ママが笑顔であればその優しさが赤ちゃんにも伝わり、友達に優しくできる子に育つのではないでしょうか。

友達は長い育児の中で自然とできます。今は、ママの気持ちを優先して大丈夫ですよ。

生後6カ月を過ぎたら近所へお出かけもOK

生後6カ月を過ぎると赤ちゃんの生活リズムは整ってくるので、行動しやすくなります。離乳食もスタートするので、ますます赤ちゃんは活動的になってきますね。活動的になってくると、赤ちゃんもお出かけを楽しく感じるようになってくるでしょう。

赤ちゃんのリズムに合わせて、空腹やお昼寝の時間帯などは避けて機嫌のよいときに一緒にお出かけしてみましょう。初めは近い距離にして、慣れてきたら少し行動範囲を広げてみるとよいですね。

公園や児童館などは赤ちゃんと過ごすのにおすすめです。遊ぶことができるし、ほかの場所に比べて泣いてもそれほど周りに気を遣うことはありません。また、同じ子育て中の親子にも会えてお友達作りもできますよ。

赤ちゃんとの時間を楽しむ!遊び方を紹介

面白い写真をいっぱい撮ってみよう

まだ乳児の赤ちゃんと何かをして遊ぶといっても難しいですよね。ママも大人なので、赤ちゃんに合わせて遊ぶのも疲れてしまうこともあるでしょう。

しかし、起きている赤ちゃんを放っておくこともできません。できればスキンシップを取りたいですね。そんなときにおすすめなのが写真です。

昔と違って、今は手軽に写真を撮ったり、保存して見ることができたり便利です。ぜひ、赤ちゃんの写真を撮ってたくさん成長記録を残しましょう。

赤ちゃんの成長はとても早いので、いつの間にか顔や体つきが変わっているのに気付いて驚くことがあります。写真はそのときどきの成長を記録でき、面白く可愛い瞬間も残しておけます。

写真を撮りながらあやすこともできるので、スキンシップにもなりますよ。

乳児には反射がいっぱい!くすぐりタイム

赤ちゃんの手指に触れると、ぎゅっと握るという反応をご存知の方も多いと思います。このような反応は赤ちゃんに反射が備わっているため起こる現象です。手指だけでなく足にも反射があるので、くすぐってみるとぎゅっとなり可愛らしいですよ。

ほかにも、物音に反応しビクッと大きく両手を広げて動く反射もあります。赤ちゃんの口元に指をチョンとすると吸うようなしぐさをするのも反射です。

いくつか反射の種類はありますが、だいたい乳児独特の反射は生後4~6カ月ほどすると脳の発達により消えてしまいます。

限られた期間でこのような赤ちゃんの可愛いしぐさを楽しむのもよいのではないでしょうか。パパも赤ちゃんと触れ合うのによいきっかけになりますよ。

お世話をしている時間が最高の遊び時間

赤ちゃんと遊ぶということにこだわりすぎなくても、毎日のお世話に少し工夫をすれば遊びにつながることもあります。特に生まれたばかりや月齢の低い赤ちゃんはお世話中の声掛けだけでも充分スキンシップになります。

「おっぱいおいしい?」や「ねんねしようね」、「〇〇ちゃん、おむつ換えようね」などとママが優しく声をかけてくれることが、赤ちゃんの体や心の発達に欠かせません。赤ちゃんは言葉を話せなくても、ちゃんとママの声や表情や動作から気持ちを感じています。

ママの優しい声を聞くのが、赤ちゃんにとっては安心で嬉しい時間です。赤ちゃんと触れ合うときは穏やかでいるためにも、ママはそれ以外の時間に体や心を休めてみるのもよいでしょう。

可愛い赤ちゃんと笑顔で過ごしたい人へ

生活リズムを決めるとママも楽々!

生後3カ月から6カ月頃にかけて少しずつ生活リズムが整ってきます。生活リズムを整えるためにママがある程度生活時間を決めると、うまくいくようです。

例えば、朝はなるべく早めに起こすようにします。朝早く起きると、そのぶん夜早く寝付くことが多いようです。赤ちゃんの個人差もありますが、大人が早寝早起きすると生活リズムが整うように、赤ちゃんにも同じことがいえるのかもしれませんね。

また、17:00以降は昼寝をしないことも夜しっかり寝させるためのひとつの方法です。初めはなかなか思うようにはいかないこともありますが、根気よく早寝早起きを続けると、だんだんと慣れてくるでしょう。

生活リズムが整うとママも動きやすいし、精神的にも余裕ができるのではないでしょうか。

今しかダラダラできないと割り切ってみよう

ママを育児に追い詰める原因には、周りの育児に対する理解がない言葉や育児情報や育児本などがあげられます。「きちんと育児家事をやりこなす母親もいる」や「こうすると赤ちゃんの発達によい」などといわれたり見たりしたら、今頑張って育児しているママは、もっと頑張らなくてはと焦ってしまいますよね。

しかし、頑張って育児をしなくてはと焦らなくても大丈夫です。赤ちゃんがもっと大きくなって活動的になったら、いくらでも外出する機会は増えますしママも自然に動かざるを得なくなるでしょう。

そして、人と比べることはやめましょう。みんな違う人間であり、育児にも正解はありません。ママが心地よく過ごすことが、赤ちゃんも心地よく感じるのではないでしょうか。

昼寝の時間はママの自由な時間!

赤ちゃんのお昼寝の時間は、ママが自由に使える唯一の時間ですね。先輩ママたちは、どのように過ごしているのでしょうか。

ティータイムや趣味の時間であったり、夕ご飯の準備などの家事をしたりといろいろな声がありますが、やはりリラックスタイムとして過ごすことが多いようです。

次に赤ちゃんが目を覚ましたときに優しい気持ちで接するためにも、ママ自身が心に余裕を持つことが大切ですね。

自由な時間はママの好きなことをして過ごせるとよいですね。赤ちゃんが寝てくれないときもあって毎日とはいかないかもしれませんが、自由な時間が少しでも確保できたら、自分を労わってください。

ときには疲れて一緒に寝るのもよいですし、何もしないでぼーっとするのもよいかもしれませんね。

まとめ

乳児の赤ちゃんにとってどう接するのが一番よいのかとママが考えるのも無理はありません。大切な我が子なのですから、親としてできるかぎりのことはしたいですよね。

乳児の赤ちゃんにとってママができることは、やはりママが笑顔で接することではないでしょうか。慣れない育児の心配や疲れで、なかなか笑顔になれないかもしれません。しかし、どうか少しずつでも力を抜いて、ママの気持ちに素直になって過ごすことができたらよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018