就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

血がついた衣類の洗濯はどうするの?洗い方や落ちないときの対処法

血がついた衣類の洗濯はどうするの?洗い方や落ちないときの対処法

外遊びをしていたら、子どもが転んですりむき、服に血がつくということもありますよね。もしくは鼻血が出て服を汚すこともあるかもしれません。そこで今回は血のついた衣類の洗濯についてや洗剤で洗う方法、洗濯しても血の汚れが落ちないときはどうするかについてお話しします。

血のついた衣類は早めに洗濯をしよう

衣類に血がついたらまずは水洗いをする

子どもが転んでケガをして服に血がついたり、鼻血が出てその血がべっとりと服についたりすると、ママは焦りますよね。子どものケガや状態を心配するのはもちろん、衣類についた血の染みも気になります。

衣類に血がついたら、まずはできるだけ早く水洗いをするようにしましょう。時間が経つとますます落としにくくなりますよ。

血液にはタンパク質が含まれており、衣類に血液が付着すると時間とともにタンパク質が酸化して落としにくくなってしまいます。そのため、血に気がついたら酸化する前に落とすことが重要です。

さらにこのタンパク質は熱いお湯で固まるという性質があるので、洗うときはぬるま湯、もしくは水で洗うように心がけましょう。

外出先では濡れたハンカチなどで応急処置を

外出先で血が出て衣類を汚した場合、その場で脱いで水洗いするのは難しいですよね。まずは濡らしたハンカチやタオルなどで応急処置をしてみましょう。

衣類に付着した血の量が多い場合は、まず乾いたハンカチやティッシュなどを使って血を拭き取ります。そして濡らしたハンカチで血のついた表面を何度か叩いて、汚れをハンカチに移し取ります。

根気よく続けていると、汚れが目立たなくなってきます。汚れを叩くときは、血のついた表面からのみにするようにし、決して裏側から叩かないようにしてくださいね。裏からすると血が輪染みになり、さらに目立つ可能性があります。

バッグにはハンカチやタオル、乾いたティッシュを常備しておきましょう。

お湯で洗うと落ちにくくなるので注意する

「血の汚れってお湯と水のどちらで洗うのがよいの?」と迷うこともありますよね。汚れというとお湯の方が落ちやすいというイメージがありますが、血の場合はお湯で洗うとかえって落ちにくくなるので注意しましょう。汚れを落とそうと、焦って熱いお湯を使わないでくださいね。

血液は約50~60℃の温度で固まるといわれているので、それ以下の温度で洗うようにしましょう。お風呂ぐらいの湯温であれば固まることがないので、お風呂の残り湯で洗うこともできますよ。

血の汚れだけでなく、同じくタンパク質が含まれる牛乳や卵の汚れも熱いお湯で洗うと固まってしまうので気をつけたいですね。

血の汚れを見つけたら、できるだけ早いうちにぬるま湯、もしくは水で洗うことがとても重要です。

水洗いで落ちない血の汚れは洗剤で洗おう

洗剤を使う前に色落ちしないかを確認する

すぐに水洗いをしたけれど血の染みがなかなか落ちないということもあるでしょう。この場合は、洗剤を使って落とすようにしたいですね。

しかし洗剤を使う前に色落ちしないかを確認しましょう。洗濯表示に水洗いOKと書かれていても、場合によっては激しく色落ちする場合があります。

まず洗剤を薄めた液を服の目立たないところへつけ、白いタオルやティッシュを当て、色が移っていないか確認してみましょう。色が移っている場合は、ほかの衣類に色が移ってしまうので、薄い色の服と一緒に洗わないようにしたいですね。

たとえば白と黒のストライプ柄のような柄物の場合、黒い部分の色が白い部分に色移りしてしまい、黒とグレーのストライプになってしまうこともあります。

中性洗剤を使って血の汚れを落とす方法

水やぬるま湯だけでは落ちない血の汚れも、中性洗剤を使えば落とすことができます。その方法をご紹介しますね。

まず、血のついた服を裏返し、汚れの下にタオルをはさみます。こうすることにより、反対側の生地に汚れが移るのを防ぐことができます。次に、コップ半分ぐらいの水に食器用中性洗剤を1プッシュ入れて混ぜます。

そして中性洗剤が溶けた液に歯ブラシをつけ、染みをたたきます。染みは外側の方が濃いので、外側から内側へ歯ブラシでたたくようにすると、さらに染みが広がるのを防ぐことができます。

汚れが見えなくなってきたら、水ですすぎ、どの程度染みが消えたのかチェックしてみましょう。さらに洗濯機で洗えばきれいになりますよ。

中性洗剤で落ちないなら酸素系漂白剤を使う

血の汚れが衣類の繊維の奥まで染み込んで酸化してしまったり、付着した血の量が多かったりすると、中性洗剤だけではきれいに汚れを落とすことが難しいかもしれません。

中性洗剤でも落ちない場合は、酸素系漂白剤を使うのも一案ですよ。使用する前に、漂白剤が使える素材かどうか、確認してから使うようにしてくださいね。

まず、すでにお話ししたように水もしくは中性洗剤を使ってできる限り汚れを落とすようにしましょう。それでも落ちなかった染みには酸素系漂白剤をつけます。

綿棒を使ってトントンと染み込ませると、ピンポイントで漂白できますよ。漂白剤が必要以上に広がらないように気をつけたいですね。

柄物の服の場合、漂白剤が柄部分にまで染み込まないように注意しましょう。

洗濯しても血の汚れが落ちないときは?

クリーニング店で染み抜きしてもらう

血の汚れを落とすために家で色々な方法を試してみたけれど、やっぱり染みがとれないということもありますよね。「もうだめかな」と諦める前に、汚れ落としのプロであるクリーニング店で染み抜きしてもらうのもおすすめです。

漂白剤を使うと染みはとれるかもしれませんが、何度も試すと生地が傷んでしまいます。大切な衣類であれば、自宅で漂白剤を試すよりもクリーニング店へ出した方がよいかもしれませんね。

クリーニング店へお願いすると、その分お金と時間はかかってしまいますが、血の汚れであれば比較的落としやすいので、きっときれいにしてもらえることでしょう。お気に入りの服は、クリーニング店で大切に手入れをして長く愛用したいものですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事