就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夜のサインは夫婦だけの秘密!子どもに見つからない誘い方を決めよう

夜のサインは夫婦だけの秘密!子どもに見つからない誘い方を決めよう

子どもを気にせず夜の営みをするポイント

子どもが寝た後や早朝がベスト

「家にいるときは子どもがいるし、いつパパと夜の営みをすればいいの?」と、パパと2人きりになれないことに悩んでいるママもいるかもしれませんね。子どもが生まれる前のように好きな時間に営みをするのは難しいので、子どもが寝ている時間におこなうとよいでしょう。

眠りが浅いときに子どもの寝ている隣で営みをおこなうと、子どもが起きてしまう可能性があります。子どもを寝かしつけた後にする場合は、熟睡したのを確認してから始めると安心してパパに集中できますよ。

「夜は子どもと一緒に寝てしまう」という方は、早朝におこなうのもよいでしょう。休日の朝など、いつもより少し早めに起きてパパとの時間を楽しむのも夫婦円満のポイントですね。

子どもが寝た後の営み場所を確保する

子どもが寝ているときに営みをおこなおうとしても、「隣に子どもが寝ているところで集中できない」「起きないかヒヤヒヤしてそんな気分になれない」など、子どものことが気になるママは多いのではないでしょうか。子どもと同じ部屋で寝ている方は、リビングや別の部屋などに移動して営みをするのもよいでしょう。

営みをする場所を確保できると、パパと2人きりになれるのでママも素直に甘えやすいですよね。集中していないことが分かるとパパも嫌な気持ちになるので、集中できる環境を整えるとよいですよ。

万が一子どもが途中で起きてパパやママが隣に寝ていないことに気づいたとしても、違う部屋にいれば行為を見られずに済みますよね。

見られてしまったら上手にフォローしよう

家の中で夜の営みをおこなっているときは、誰にも見られることがないと安心しますよね。しかし、ママの中には「途中で目線を感じると思って見ると子どもに見られていた」「パパとママは裸で何をしているの?」など、子どもに見られて恥ずかしい思いをしたという方もいるようです。

子どもに見られたときは焦りますが、「パパとマッサージをしているんだよ」「プロレスごっこして遊んでいるの」などと誤魔化したり、布団にくるまって裸を隠し「どうしたの?一緒に寝よう」と子どもを寝かしつけたりなど、上手にフォローしましょう。

子どもによっては夫婦の営みを見てショックを受けている可能性もあるので、優しくフォローしてくださいね。

まとめ

夜の営みは夫婦が円滑にコミュニケーションを取るために大切なことですが、仕事や家事、育児に忙しいとパパとのスキンシップをおろそかになる家庭も多いですよね。夜の営みを定期的におこなうのは体や心の健康にもよいといわれているので、「面倒くさい」と思わずに夫婦で過ごす時間を充実させましょう。

お互いに誘いやすいようにサインを決めておく、営みをおこなう時間や場所を工夫するなど、気軽に誘える雰囲気をつくることも重要なポイントですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND