就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬生まれの子ども用に服を用意しよう!必要な服の種類や注意点とは

冬生まれの子ども用に服を用意しよう!必要な服の種類や注意点とは

冬に赤ちゃんが生まれてくるママは、出産準備でどのような服を用意しておけばよいか気になりますよね。出産は寒い時期だけれど、外出できるようになった頃の服装なども考えるとますます悩みます。ここでは、冬生まれの子どものために用意しておいたほうがよい服の選び方と買い方、出産準備の注意点を紹介します。

冬に生まれた子どもの服選びのポイントとは

吸汗保湿に優れた肌着の用意が必須

寒い時期は赤ちゃんが冷えてしまわないか心配ですよね。肌着は寒さから身を守るだけでなく、ママのお腹の中で守られていた赤ちゃんが、外気に触れることで受けるさまざまな刺激から肌を守る役割も果たしてくれています。

さらに、赤ちゃんは大人以上に汗をかくといわれています。赤ちゃんが汗をかいたときに、しっかりと吸ってくれる肌着がよいでしょう。寒いからと心配になって赤ちゃんに洋服を重ね着しても、汗をかいたときに吸汗性に優れた肌着を着せていると安心です。

赤ちゃんはすぐに大きくなるからと、肌着のサイズも大き目を買いたくなりますよね。しかし、ジャストサイズの方が、肌に密着し保湿効果や吸汗性も上がったり、赤ちゃんも動きやすかったりします。

肌着の上に着せるベビーウェアを選ぶ

ベビーウェアとは、赤ちゃんが肌着の上に着る洋服のことです。多くのベビーウェアは、まだ首がすわっていない赤ちゃんでも脱ぎ着させやすいように、前開きのワンピースのような一枚の洋服になっています。

ベビーウェアには厚手や薄手などさまざまな生地のものがありますが、冬生まれの赤ちゃんには、厚手のものがおすすめです。生地は赤ちゃんに刺激の少ない綿素材のものをおすすめします。

冬生まれの赤ちゃんでも、暖房などが効いている部屋では汗をかくこともあるので、薄手のベビーウェアも数枚用意しておくと安心です。赤ちゃんは自分で体温の調節をすることが難しいので、ママが様子を見ながら、周りの環境に応じて選んであげてくださいね。

外出用のアウターは保湿性の高いものを

いくら大人より汗をかく赤ちゃんでも、冬の外出時に肌着とベビーウェアだけでは風邪をひいてしまいます。外出の際にはアウターを着せてあげるとよいでしょう。

アウターには、ベビーウェアのようなつなぎのタイプのものや、ポンチョ、カーディガン、ベストなどさまざまな種類のものがあります。アウター選びに迷うときは、まず、赤ちゃんに負担なく脱ぎ着させられること、そして素材は保湿性の高いものを選ぶようにしましょう。

保湿性の高い素材として、フリースや裏起毛、ダウンなどがあります。中でもダウンは風をとおしにくいのでおすすめです。また、赤ちゃんは首回りが開いていると冷え込んでしまうので、首元までカバーできるアウターがあるとよいでしょう。

冬に生まれた子どもの服の買い方は?

短肌着とコンビ肌着は5、6セット用意を

たびたびお伝えしていますが、赤ちゃんは汗をよくかきます。汗をかかないように洋服で調節するのは難しいです。

汗をかいたときには、肌着を取り替えてあげ、清潔に保ってあげてください。1日に数回肌着を交換することを考えると、肌着は5、6セットあると安心です。

短肌着とは、丈が赤ちゃんのお腹のあたりまでのものをいいます。また、コンビ肌着は裾が二つに分かれている丈の長いものをいい、股下にあるスナップなどのボタンを留めることで、赤ちゃんの足を左右に分けることができます。

退院後は洗濯もなかなか思うようにできないこともあるので、短肌着とコンビ肌着をそれぞれ5、6セットずつ用意しておくと余裕を持つことができて安心ですよ。

長袖前開きのベビーウェアは4枚ほど用意

ベビーウェアは彩りやデザインも可愛らしいものが多く、出産準備のときに、生まれてくる赤ちゃんを想像しながら選ぶのも楽しいですよね。夏生まれの赤ちゃんは肌着で過ごすこともあり、出産後に購入するママもいますが、冬生まれの赤ちゃんの場合には、事前に準備しておくとよいでしょう。

ベビーウェアは脱ぎ着させやすかったり、おむつの交換をしやすかったりする前開きタイプを選びましょう。赤ちゃんは、母乳やミルクを吐きこぼしたり、排泄物がゆるくおむつから漏れてしまったりすることがあります。

1日に何度か着替えをさせることを想定して、ベビーウェアは4枚ほど用意しておくとよいでしょう。先輩ママは、普段用とお出かけ用に分けて使っていたそうです。

冬生まれの子どもにはカバーオールが便利

いくら保湿性や吸汗性がある肌着やウェアを選んであげても、赤ちゃんが手足をバタバタさせてはだけてしまっては寒さから守られているか心配ですよね。そんなときはカバーオールがおすすめです。

カバーオールとは、上下がくっついているタイプの洋服のことです。上下が繋がっているので、お腹周りがはだける心配がなく、冷たい空気が赤ちゃんの体に入りにくくなります。

赤ちゃん用のカバーオールは、前面がスナップになっており、赤ちゃんを寝かせたまま着替えさせることができるので、首がまだすわっていない新生児から使うことができます。また、少し赤ちゃんが成長し寝返りなどで動くようになっても、はだけにくく、動きやすいので長く使えます。

冬に生まれた子どもの出産準備の注意点とは

子どもが生まれる前の準備品は最低限に!

出産してからはなかなか買い出しに行くことが難しくなりそうなので、出産前にあれもこれもと買っておきたくなりますよね。しかし、事前に買っていても使わなかったり、買っていないものが必要になったりと、赤ちゃんが生まれてからでないとわからないことがあります。

特に冬は寒さが心配で、多めに買っておきたくなると思いますが、赤ちゃんの準備用品は必要最低限にしておくことをおすすめします。赤ちゃんの成長は想像しているよりも早く感じることもあるからです。

赤ちゃんのサイズによっては、ブカブカ過ぎたり、サイズアウトしたりしてすぐに使えなくなってしまうこともあります。余分に買ってしまいあまり使わなかったらもったいないですよね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版