就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の下半身太りが気になる!運動や骨盤ベルトでの引き締め方

産後の下半身太りが気になる!運動や骨盤ベルトでの引き締め方

産後の下半身太りが悩みというママも多いかもしれません。妊娠前に履いていたボトムスがきつくなり、買い替えたというママも珍しくないことでしょう。そこで今回は、ママの下半身太りの原因と忙しいママでもできる下半身エクササイズ、産後の骨盤を引き締める骨盤ベルトなどについてお話しします。

ママの下半身太りの原因は出産かも

妊娠から出産で骨盤が大きく開く

出産をしてから、下半身太りが気になりだしたというママも多いことでしょう。通常、日常生活の中で骨盤の形が大きく歪むということは滅多にありません。

しかし、妊娠そして出産という過程で骨盤が大きく開くので、それが原因で歪むということはあります。出産のとき、赤ちゃんは産道を通り抜けやすくするために頭蓋骨の合わさっている部分を少し重ねるようにして、頭のサイズをできるだけ小さくして生まれてきます。

ママの体は、赤ちゃんが通り抜けやすいように恥骨の結合部分や関節などを緩めて骨盤の出口を少しでも大きくなるようにします。こうして赤ちゃんは回転しながら上手に産道を通り抜け、無事に生まれてきます。

この過程でママの骨盤は大きく開き、形が歪んでしまうのです。

骨盤が元に戻らないことでスタイルが崩れる

産後、骨盤が妊娠前と同じ状態にまで戻る人もいますが、中には戻りが悪く骨盤が左右アンバランスな状態で固まってしまう人もいるようです。骨盤が元に戻らないでいると、体全体のバランスが悪くなってしまいがちです。

骨盤が極端に前や後ろに傾いているせいで、下腹部に脂肪がつきやすくなり、お腹だけ突き出たようなシルエットになることもあります。また、骨盤が開きすぎているせいで内臓が落ち込んだり、左右のバランスが悪くなったりしていると、ウエストラインが崩れるということもありますよ。

産後きちんと骨盤のケアをすることにより、骨盤の位置を整えることができれば、余分な脂肪がお腹や腰回りなどにつきにくくなり、妊娠前のスタイルに近づけることができます。

骨盤の歪みはさまざまなトラブルの原因にも

産後に骨盤が歪むのは仕方がないと諦めてなにもせずにいると、しばらくすると後悔することになるかもしれません。骨盤の歪みは、スタイルが崩れる以外にもさまざまなトラブルの原因になる可能性があります。

たとえば、骨盤が歪んだままの状態で赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりしていると、ママの腰に大きな負担がかかり、慢性的に腰痛を感じるかもしれません。ほかにも、骨盤底筋の機能低下により、尿もれをすることもあります。くしゃみや咳をした弾みに下着を汚すことがあるので、女性としては、できるだけ避けたいトラブルですよね。

このように、骨盤の歪みによるトラブルで日常生活に支障が出ることもあるので、できるだけ解消するように心がけましょう。

忙しいママでもできる下半身エクササイズ

赤ちゃんと一緒に「ゆっくりゆーらゆら」

骨盤の歪みが気になるけれど、育児や家事に忙しいママは自分自身のケアをすることが難しいですよね。赤ちゃんと一緒に「ゆっくりゆーらゆら」エクササイズをしてみるのもおすすめですよ。ママの骨盤ケアに効果的なのはもちろん、赤ちゃんにとっても楽しいので一石二鳥です。

まず、ひざを少し曲げた状態で床に座ります。脚は開いても閉じても、ママが楽に感じる方で大丈夫です。背中は丸めず、背筋を立てながらお尻の前の方に体重がかかるように意識しましょう。

この状態で赤ちゃんをママの太ももの上に乗せます。赤ちゃんの首は両手でしっかりと支えてくださいね。赤ちゃんが床と45度の角度になるようにひざの高さを変え、ゆっくりとママの体を前後に揺らすようにしましょう。

競争すると楽しい「お尻歩き体操」

赤ちゃんがハイハイできる場合は、赤ちゃんと一緒に競争しながら「お尻歩き体操」をしてみるのもよいですね。部屋の壁から反対側の壁までというように目標を決めて始めてみましょう。

まず、足を前にまっすぐ伸ばして床に座ります。両腕は浮かせた状態で交差させ、右手で左の二の腕、左手で右の二の腕を上から持つようにします。

そのまま骨盤で歩くように、お尻を右左と交互に前に出して前進してみましょう。部屋の反対側の壁までたどり着いたら、今度はそのまま後ろに進んでみてくださいね。慣れてきたら、手を万歳の状態で上にあげ、そのままお尻歩きしてみましょう。

肛門を引き締めるように意識すると、骨盤底筋を同時に鍛えることもできますよ。

リラックスタイムに「骨盤矯正ヨガ」

妊娠前はヨガをしていた、もしくはヨガに興味を持っているというママもいることでしょう。リラックスタイムに「骨盤矯正ヨガ」をしてみるのもおすすめです。

しかし「ヨガ教室に行く時間なんてない」というママもいますよね。わざわざ出かけなくても、You tubeで「骨盤矯正ヨガ」と検索をかけると動画を見つけることができますよ。ママのニーズに合ったものを選んで、動画を観ながら実践してみてくださいね。

15~20分程度の動画が多いので、途中で子どもに中断されないよう、子どもが寝てからゆっくりと集中して行うと、より効果が実感できることでしょう。もしくはパパに、15分だけ子どものお世話をお願いしてみるのもよいですね。

産後の骨盤を引き締める骨盤ベルト3選

骨盤ベルトの老舗「トコちゃんベルト」

妊娠中から骨盤ベルトを愛用しているというママも珍しくないことでしょう。特に、骨盤ベルトの老舗「トコちゃんベルト」を知っている人も多いと思います。

「トコちゃんベルト」は、骨盤の歪みを調整し、正しい位置に戻すためのサポートをしてくれるベルトです。腰の痛みや、骨盤のゆるみや痛みなどに効果的ですよ。

ベルトは3種類あるので、ママの悩みにぴったりのものを選んでみましょう。公式サイトを見ると、各ベルトの詳細やつけ方などをチェックすることができます。使用時期のアドバイスもあるので、参考にしてみてくださいね。

また、サイズは4種類あるので、しっかりとした効果を得るためにも、きちんとママの体に合ったサイズの物を選ぶようにしましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事