就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものリラックス方法とは?イライラの原因を知って実践しよう

子どものリラックス方法とは?イライラの原因を知って実践しよう

子どもがイライラしているとき、どのように接したらよいのか悩むことはありませんか。親でも子どもがどうしてイライラしているのか原因が分からないこともあります。この記事では、イライラしている子どもの原因とリラックス方法をご紹介します。方法を知って子どもと楽しく過ごしましょう。

子どもが緊張やイライラする原因を知ろう

やりたいことがあってもできずにイライラ

お腹が空いたときや体調がよくないときに子どもがイライラしている場合は分かりやすいですよね。しかし、精神的な理由でイライラしている場合は、ママも原因が分かりにくいようです。

子どもは元気そうに遊んでいても突然怒ったりすねたりして、ママはどうしたものかと困ってしまいます。しかし、それは子どもが自我の芽生えによってやりたいことが出てくる証です。子どもは好奇心がいっぱいでやりたいことがあるけれど、うまくできないもどかしさにイライラするのでしょう。

また、言葉で伝える能力が未熟なため、やりたいことを人にうまく説明できないこともイライラの原因のようです。相手になかなか分かってもらえないのは辛いことですよね。

引っ込み思案や内向的な性格

「どうしてうちの子は引っ込み思案なのだろう」と悩むママ。実際、多くのママが子どもの積極性を望んでいます。しかし、子どもが新しい環境に入っていったり早く順応したりできるかは、たいてい生まれつきのものであるといわれています。

友だちの輪に入っていけない我が子を心配し、「頑張って」「しっかりして」と言いたくなるかもしれませんが、内向的な性格の子にすればストレスのかかることです。無理強いが精神的な負担となってイライラの原因になることも。

そのため、ほかの子と比べるのではなく、子どもの性格を理解してその子のペースに合わせた成長を見守っていくことが大切です。性格を変えるのではなく、自分の特徴を知ってプラスに持っていくことができたらよいですね。

環境の変化に不安やストレスを感じている

保育園や幼稚園に入園すると、今までずっとママと一緒だった生活から集団生活へと大きく環境が変わります。この環境の変化に不安やストレスを感じてイライラの原因になることもあります。

例えば、大人でも新しい職場など環境が変化すると緊張や不安を感じますよね。幼い子どもであればなおさら不安を強く感じることでしょう。

ママと離れて過ごすだけでも不安なのに、新しい先生やお友だちと関わっていくことは大変です。元気そうに園生活を過ごしているようでも、慣れるまではそれなりの緊張もあり疲れも出てくるでしょう。

このように環境の変化による心身の疲れから、ママに強く当たることもあるようです。できるだけ子どもの気持ちを汲み取れる対応をしたいですね。

子どもがイライラしているときの対応は?

手や口を出さずに見守ろう

子どもが「やってみたい」と言い出したら、自立に向けて成長するチャンスです。危険なことでない限り、ママは手や口を出さずに見守るようにしましょう。

「まだ小さいから無理だよ」「こうしなさい」と言って子どものやることを阻止してしまうと、子どもの意欲を奪うことになりかねません。やる前から色々言われると子どももイライラしてしまうでしょう。さらに、実際無理ではないこともママが決めてしまうことで無理になることだってあるのです。失敗しても子どもがしたいようにする方が満足いくのかもしれませんね。

失敗したらママと一緒にどうしたらよいか考える機会を持ちましょう。解決方法を考えることで、少しずつ成長することができるでしょう。ママの見守り力が子どもの心を育みますよ。

今のあなたが大好きと伝えて抱きしめよう

親は子どものできないところが気になりがちですが、視点を変えて今できているところや頑張ろうとしているところに目を向けてみましょう。結果ではなく何かにチャレンジしている取り組みを褒めましょう。

そして、子どもに「今のあなたが大好きだよ」と伝えて抱きしめてあげてください。子どもは今の自分が愛されていると確信することで、自信や意欲を持つことができます。抱きしめることで子どものイライラも落ち着きますよ。また、子どもの話をきちんと聞いて共感することも、子どもの心を満たすことができます。

ママの言葉は子どもに大きな影響を与えます。幼い子どもの心はママの対応次第ともいえるでしょう。子どもに愛を伝えて心を満たしてあげましょう。

得意なことや好きなものを褒めて伸ばそう

緊張したり不安になったりするのは悪いことではありません。緊張によって集中力が上がるプラスの面もあります。緊張をプラスにするには自信を持つことが大切なので、ママは日ごろから子どもの得意なことや好きなものを褒めましょう。

好きなものや得意なことを褒めると、子どもは自信を持つようになります。そして、どんどんチャレンジして「できた」という成功体験を増やしていきます。失敗しても諦めないことも学びます。そうしているうちに、なんでもやればできるという確かな自信を身につけていくことができるでしょう。

自信がついてくれば、イライラすることも少なくなりますよ。イライラしても自分で解決しようと前向きになれるでしょう。

子どもの緊張をほぐして自信を与える方法

親子でリラックスできるキッズマッサージ

子どもの緊張や不安を和らげるために、キッズマッサージという方法があります。キッズマッサージは親子の肌と肌が触れ合うスキンシップでありリラックス効果が期待できます。

スキンシップをすると、脳の幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されてイライラが抑えられ、心が落ち着くといわれています。キッズマッサージによるスキンシップで親子の愛情も確認できるでしょう。

マッサージは血行がよくなるお風呂上がりに、肌に優しいオイルなどを用いて行うと気持ちがよいし保湿にもなりますよ。優しく体や手足をさすって心も体もぽかぽかになりましょう。指先から腕に、足首から太ももに向かってゆっくりと流したり、肩から背中の方に流したりしてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事