就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳のユーチューバーが話題に!12億円稼いだって本当?

6歳のユーチューバーが話題に!12億円稼いだって本当?

最近子どもたちが注目する、ユーチューバーってどんな仕事?そんな疑問を紐解いていきたいと思います。ユーチューバーになるために必要な物やスキル、実際に成功しているユーチューバーはどれぐらいの年収があるかなど、子どもが「なりたい」といったときに読んで欲しいです。

ユーチューバーってどんな仕事?

華やかな仕事で子どもの将来の夢3位!

最近よく耳にするユーチューバーですが、実際どんな仕事なのか疑問に思ったことはありませんか?そして子どもの将来の夢の3位に入るほど、華やかで夢のある仕事だと、子どもたちに思われているようです。

ユーチューバーの仕事は、動画を撮影することから始まります。撮影した動画をよりたくさんの人に見てもらえるように、編集加工してユーチューブにアップロードします。

いつアップロードするかも、1カ月にどれだけの本数で、どんな内容の動画でもよいのですが、多く再生してもらうために、目標を立てて、なるべく毎日アップロードする人も多くいます。

そして、明るい昼間に撮影をして、夜に編集作業を行うというユーチューバーもいるようです。

ユーチューバーの収入源

さて、ただ動画を撮影してアップロードするだけで、どうやって収入を得ているの?そう思いますよね。ユーチューブはどれだけ見ても無料ですし、誰でも見ることができます。誰がお金を支払っているのだろう、そんな疑問が湧くと思います。

登録や審査など細かい決まりごとがありますが、簡単に説明すると、自分の動画に広告を入れることで、広告収入を得ているそうです。そのため、たくさん再生してもらえる程、収入が多くなる仕組みになります。

そのほかにも人気のあるユーチューバーになると、企業とタイアップして、企業CMや商品紹介の動画を作成する人もいます。それぞれの個性を生かして、より多くの人に見てもらえる動画を作ることで、企業から収入を得ることができます。

ユーチューバーになるために必要なもの

そして子どもが「ユーチューバーになりたい!」実際にそういわれたときに、パパやママは何が必要なの?と思いますよね。

資格は?学歴は?必要な物は?疑問はたくさんありますよね。そのあたりを見て行きたいと思います。まず資格や学歴ですがまったく必要ありません。

動画を撮ることや、人を楽しませることが好きな人なら誰でもユーチューバーになることができます。しかしユーチューバーだけで生計を立てられる人は少ないようです。

たくさんの人に見てもらうためには、パソコンで見やすく、効果音や映像を編集する技術が必要になるため、パソコンの勉強が必要になります。また、動画をうまく撮るなど、習得しなければいけないスキルも多くあります。

6歳の億万長者ユーチューバーが話題に!

6歳の人気ユーチューバーのライアン君

ここまではユーチューバーになるための方法を書いてきましたが、最近ではキッズのユーチューバーも多くいるのでご紹介していきたいと思います。

まず、世界中にいるユーチューバーの中でも、大人気なのがアメリカ在住のライアン君。6歳なので、彼とその家族が運営しているのですが、その内容は新作のおもちゃをレビューする内容です。

現在登録者数は、なんと1000万人を超えており大人気ユーチューバーとして活躍しています。今は子どもたちもユーチューブを見ることが多いので、同年代の子が最新のおもちゃを紹介したり、遊んだりする動画は面白いのでしょうね。

そして、その動画を見た子どもたちは、そのおもちゃで遊びたくなるのでしょう。

ライアン君が動画投稿を始めたきっかけ

どこにでもいる男の子だったライアン君は、初めはユーチューブを見るのが大好きでした。そしてご両親に「僕もやってみたい!」そういったことがきっかけで、キッズユーチューバーになったのです。

やりたいといった息子に、協力し一緒にユーチューバーになったライアン君のご両親もすばらしいですよね。スタートしたばかりのときは、あまり多くのフォロワーが付かなかったようですが、数カ月後に投稿した1本のおもちゃのレビュー動画が、一気に拡散されたことで一躍有名になりました。

そして今では世界が注目するキッズユーチューバーになったのです。自分の子どもが「やりたい!」そう思ったら、今すぐにでもユーチューバーになることができるのですね。

2017年のライアン君の収入は12億円!

そして驚きのライアン君の収入はなんと2017年12億円でした。この収入は、「世界で最も稼ぐユーチューバー(フォーブス調べ)」で、成人ユーチューバーの中に混じり第8位でした。

昨年末には「アメリカ国内で最も人気のあるチャンネル」「世界で2番目に人気のあるチャンネル」に選ばれるほどになりました。本当にすごいですよね。

そして、アメリカでは今、キッズユーチューバーに多くの企業が注目しています。CMよりも人気ユーチューバーにレビューしてもらうことで、遊ぶ子どもに直接おもちゃの魅力を伝えられると考えられているそうです。

確かにテレビのCMだけより、実際におもちゃの中身を知ることができるユーチューブの方が子どもには分かりやすいと思います。

日本のキッズユーチューバーも負けていない

カリスマキッズユーチューバー、がっちゃん

そして日本にも活躍するキッズユーチューバーがいます。一度は聞いたことがあるかもしれませんが、がっちゃんという小学生です。

プラレールやトミカなど身近なおもちゃで遊ぶ動画ですが、なんとすでにユーチューバー歴5年になるそうです。初登場のときは小さくて一生懸命に話をする姿が印象的でした。

今ではわかりやすくおもちゃを紹介した動画をアップしたり、おもちゃ会社のCMにでたりして大活躍をしています。動画投稿ペースを週に2本ぐらいですが、フォロワーも多く2017年の年収は2,000万円ほどあるそうです。

がっちゃんがユーチューバーになったきっかけも、ライアン君と同じでユーチューブを見て、自分もやりたいと思ったことがきっかけのようです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC