就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬服はどう選ぶ?寒い地域へ旅行するときのコーデのポイント

子どもの冬服はどう選ぶ?寒い地域へ旅行するときのコーデのポイント

寒い冬も子どもを連れてお出かけしたい!家族で寒い雪国などに旅行に行きたい!でも、子どもの防寒対策はどうしたらいいの?子どもたちが寒くならず楽しく遊べる服装やアウター選びや選ぶときの注意点など、子どもたちが雪国でも快適に過ごせる防寒対策を紹介していきます。

寒い地域へ出かけるときの冬服の選び方

動きやすく調節しやすい重ね着コーデが基本

幼い子どもを連れて寒い地域に旅行するとき、子どもの防寒対策や寒くても快適に過ごせる子ども服は?

子どもが風邪をひかないように暖かくしてあげなくちゃと、ついつい厚着させてしまいがちですよね。分厚いトレーナーやセーターの上から、さらにジャンパーやジャケットなど着せたり。

でも、子どもは動き回ります。寒いからといってあまり分厚い服を重ねて着せてしまうと、ゴロゴロして動きにくく快適に過ごせなくなります。

防寒対策に重ね着は大切ですが、動きやすく調整しやすい重ね着にしてあげることが子どもが快適に過ごせるポイントです。

肌着に長袖Tシャツ、その上に半袖やベストなど、暑くなると脱いで調整できるコーデが、子どもが動きやすく快適に過ごせる服装といえます。

吸湿性と通気性を兼ね備えた肌着を着よう

子どもの肌着、どうしようか悩みますよね。

赤ちゃんや子どもは汗っかきです。また、子どもはよく動きます。基礎体温も大人より高いので、逆に汗をかいて体を冷やしてしまう場合もあるようです。

子どもにとって肌着は重要です。汗を吸い取り、肌を守るためには、肌着は必要不可欠といえます。肌にやさしく、吸湿性と通気性を兼ね備えた肌着を心がけることが大切です。

ついつい子どもが寒くならないように長袖の肌着を着せたり、発熱効果や保温効果のある素材の肌着を着せてしまいがちですが、肌着は半袖のシャツで十分なのです。

0~3歳くらいまでは、お腹がでたりしないようにおしりまでかかる長さのもの、また全身が繋がったボタンで留めることのできる肌着もよいのではないでしょうか。

脱ぎ着しやすい帽子やマフラーを取り入れて

寒い地域に行くときの子どもの防寒対策、首から上も暖かくしてあげるとより一層体も温まってポカポカになります。

首が開いていると風が通って体を冷やしてしまうので、マフラーなどをして風をシャットアウトしてあげましょう。

ただ、マフラーを選ぶときに気を付けなければいけないのが長さです。あまり長すぎると、どこかにひっかけてしまったりして事故に繋がりかねません。

マフラーの長さは大体身長の前後1cmくらいが適切といわれています。また、今はやりのネックウォーマーなどもすぐに脱ぎ着できておすすめです。

首周りだけでなく、頭にもニット帽なども取り入れてあげるととても暖かいですね。

今はボンボンや耳当てが付いていたりと、お洒落で可愛い物もたくさんあるそうです。

冬コーデに欠かせないアウター選び

アウターは動きやすさと暖かさを重視して

寒い地域に子ども連れで行く際、子どもの防寒着に欠かせないのがアウターです。

出かける場所や目的によっても違ってきますが、外での遊びが多い場合は、動きやすいアウターを選んで着せてあげることがポイントです。

今はアウターも防寒性に優れて、着心地がよいものやお洒落なものもたくさん出ています。ただ、お洒落ももちろん必要ですが、お洒落に意識がいきすぎて、子どもが存分に遊べなくなるようなコーディネートにならないように心がけましょう。

あくまで動きやすさと暖かさを重視してアウターを選んであげましょう。

暖かさとお洒落を楽しみたいときはコート、暖かさを重視したいならダウンジャケットといったように、目的や出かける場所によって選んであげることが大切です。

つなぎのジャンプスーツならお腹も冷えない

寒い冬に赤ちゃんを連れてのベビーカーでのお出かけや、まだ歩くこともままならない0~2歳の子どもを連れてのお出かけには、子どもの防寒対策に悩むママも多いのではないかと思います。

ベビーカーで過ごすことの多い子どもは、上からタオルケットや毛布などもかけてあげたりと色々防寒対策を練ることでしょう。

そんなとき、小さな子どもに着せてあげると便利なのがつなぎタイプのものです。

ジャンプスーツやスノーコンビなどなら撥水加工や耐水性もあって、お腹も冷えず温かく過ごせます。風はもちろんのこと、雪が降った場合にも雪が入りこむこともありません。

まだ抱っこやベビーカーで過ごすことの多い赤ちゃんでしたら、手足が包まれるようになっているものもあります。

アウトドアブランドなら取り扱いが豊富

子どもにもお洒落をさせたい、でも冬服やアウターなどどこで買えばよいの?と悩むママもいるのではないでしょうか。

お洒落で動きやすく、着心地もよく保温性の高い子ども服やアウター選びなら、アウトドアブランドがおすすめです。

大人用はもちろんのこと、子ども用のアウターがたくさん発売されています。「L.LBean」「Columbia コロンビア 」「GAP」など、機能性がすぐれているだけでなくデザインも豊富です。

動きやすさや耐久性に優れていて、さらにお洒落もできるアウトドアブランドをぜひチェックしてみてください。

子どもたちも、体がぬくぬくで動きまわりやすい服やアウターがあれば、寒い冬でも外で元気に遊べることでしょう!

雪国へ旅行に行くなら冬靴も準備しよう

スノーブーツは保温性と撥水性が高いものを

スキーやスノーボードを楽しむために、雪国に旅行に行く家族も多いのではないでしょうか。普段あまり雪を見ることのない子どもたちにとっては、雪を見ること雪に触れて遊ぶことは本当に楽しみですね。

でも、雪遊びとなるとスムーズに歩けなかったり、冷たくて足を冷やしてしまったり…。思いっきり遊べないのは、子どもたちにとっても辛いですよね。

やはり、雪国では大人も子どももスノーブーツが最適といえます。

よちよち歩きの子どもも履ける、ベビースノーブーツも売られています。スノーブーツさえ履かせておけば、歩きやすく足を冷やすこともありません。スノーブーツを購入する際は、内側が暖かく、保温性と撥水性が高いものを選ぶのがポイントです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版