就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児の基礎知識を知ろう。赤ちゃんの体のことやお世話について

育児の基礎知識を知ろう。赤ちゃんの体のことやお世話について

初めての育児って分からないことだらけですよね。誰かにききたくてもなかなかきく機会もないし、小さなことでも気になるし、不安もいっぱい。新米ママの不安が少しでも軽くなるように、赤ちゃんの体の特徴やお世話についての基礎知識をまとめました。基礎知識を知って、肩の力を抜いてママを楽しみましょう。

赤ちゃんの体の特徴を知ることで不安解決!

病気ではありません!新生児黄疸について

黄疸ときくと病気ではないかと心配するママもいるのではないでしょうか。大人の黄疸とは違い、新生児黄疸は生理現象です。

赤ちゃんはママのお腹にいるときはへその緒を流れる血液から酸素や栄養をもらいます。血液の中の赤血球に含まれるヘモグロビンの色が赤色をしているため、赤ちゃんは赤色をして生まれてくるのです。

ママのお腹から生まれたら肺呼吸になりますので、赤血球はあまり必要ではなくなります。赤血球が破壊されていく途中で、体の働きが未熟な新生児の場合、ビリルビンだけがうまく処理されず残ってしまうのです。

このビリルビンが黄色をしているので、赤ちゃんの肌が黄色をしているようにみられるのです。2週間もすればきれいな肌色になりますよ。

一生残るわけじゃない!蒙古斑について

赤ちゃんの背中やお尻に薄い青色のあざのような斑があるのを気にしていませんか?それは、蒙古斑といってほとんどの赤ちゃんにあるもので、大人になったら消えるものですので安心してくださいね。

ママのお腹にいるときに赤ちゃんの体の中で発生したメラニンを作る細胞は、まず皮膚に到着します。そのあと「真皮」という皮膚の中でもやや深いところで増殖してから、表皮に近いところに移動します。

しかし、なかには移動をしないで真皮にとどまってしまう細胞があります。これが蒙古斑の正体なのです。

基本的には大人になるときには消えますが、中には大人になっても消えないものもあります。気になるときはレーザーの照射治療をすることもできますので、安心ですね。

頭蓋骨が凹んでる?大泉門と小泉門について

赤ちゃんのおでこと頭のてっぺんの間にペコペコとした柔らかい部分があるのを知っていますか?これは大泉門といいます。

頭蓋骨はいくつかの骨からできていますが、赤ちゃんは未熟でつなぎ目がくっついていない部分があるのです。それが、大泉門であり、赤ちゃんが生まれるときに、ママの産道を通りやすくするためにできています。

頭蓋骨には、もう一つ骨がくっついていない部分が、頭のてっぺんと後頭部の間あたりにあります。これが小泉門になります。

小泉門は大泉門より小さく、生後2~3カ月にはくっついてしまいます。大泉門は1歳半ぐらいにはなくなりますが、大泉門の部分が膨らんでいたり、凹んでいたら病院に行ってみてもらいましょう。

基本的な赤ちゃんのお世話をマスターしよう

母乳やミルクを与えるときの手順について

赤ちゃんを母乳で育てていますか?ミルクでしょうか?混合ということもありますよね。母乳にもミルクにもメリットとデメリットがありますので、どちらだけがよいということはありません。

母乳とミルクのどちらで育てるにしても、授乳はママと赤ちゃんの大切な触れ合いの時間になります。赤ちゃんをきちんと抱っこして、顔をみながら授乳しましょう。

母乳もミルクも清潔さを保ち、母乳はほしがるだけ、ミルクは月齢に合わせて適した量をあげましょう。

飲み終わった後のゲップも忘れないようにしてくださいね。ゲップをしておかないと吐き戻して喉に詰まらせてしまっては大変です。ゲップがでなければ、吐き出しても大丈夫なように横向きに眠らせましょう。

お風呂や沐浴は緊張しないで楽しく

生まれたばかりの赤ちゃんの沐浴やお風呂はドキドキしますよね。お湯を飲ませたりしないか、耳にお湯が入ったりしないか、風邪をひかせたりしないか、など心配になることがたくさんです。

ママやパパは緊張しますけど、赤ちゃんはママのお腹の中で気持ちよく過ごしていたときを思い出しているのではないでしょうか。赤ちゃんが気持ちよい時間と思ったらママも安心ですよね。

まずは、お風呂からあがったときの身支度を用意して、お風呂に入れてあげましょう。お風呂に入ったら、「気持ちいいね」とママの声をかけてあげたら、赤ちゃんはママの声に安心して、気持ちよく入ることができますよ。ママも肩の力を抜いて、赤ちゃんもママも楽しく入りましょう。

普段からチェックしよう健康管理

「赤ちゃんが自分の意志をきちんと表現してくれたら楽なのに」と思うことありませんか。特に具合悪そうにしていたら、どこか気持ち悪いのか、お腹が痛いのか話してくれたらと思いますよね。

赤ちゃんは具合が悪くても自分で伝えることができませんから、ママが気が付いてあげなくてはいけませんね。いつもと違う状態に気付くためにも、普段の赤ちゃんの状態を知っておく必要があるのです。

普段から知っておいた方がよいものとして、平熱はどのくらいか、普段の機嫌の特徴、食欲はどの程度なのか、睡眠はどのようなリズムなのか、肌の様子、おしっこやうんちの状態はどうか、があります。

普段の様子を知っておくと、いつもと違うときにはすぐに気が付くことができますね。

育児の新常識!今と昔の違いをチェック

抱き癖がつくのは悪いことではありません!

赤ちゃんが泣いてすぐに抱っこしたら「抱きくせがついて甘えん坊になるから、すぐに抱っこしない方がよいわよ」とおばあちゃんにいわれたことはありませんか?昔はそういわれていたようで、おばあちゃん世代の人たちはすぐに抱っこしていないことが多かったようです。

今では抱き癖がつくことはないといわれていますよ。赤ちゃんをたくさん抱っこすることは、ママとのスキンシップにとても大切なことなのです。

たくさん抱っこされた子は、強くたくましく育つといわれ、ママにとっても赤ちゃんをたくさん抱っこすることが親として成長するために大事なのです。昔のことを参考にするのは大事なことですが、本当に正しいことかは調べてみる必要がありそうです。

赤ちゃんには母乳だけで十分です!

赤ちゃんのお風呂上りには白湯や麦茶をのませるようにいわれたことはありませんか?昔は、赤ちゃんがお風呂に入った後は水分補給が必要でそういわれていたようです。

今では、離乳食を始めるまでは赤ちゃんに母乳やミルク以外はあまり飲ませない方がよいとされています。赤ちゃんにとってはお風呂上りは母乳を飲んでいたら十分なのです。

母乳はお腹いっぱいあげるべきで、足りないといけないのですぐにミルクを足すようにいわれたことがありませんか?今では赤ちゃんは母乳を遊び飲みしたり、お腹いっぱいでも泣くことが分かってきましたので、すぐにミルクをあげるようにはいわれていません。

赤ちゃんの様子をみて、しばらくしてから判断しても遅くないというわけですね。

赤ちゃんには日光浴ではなく外気浴を!

昔は「赤ちゃんには日光浴をさせましょう」といわれていましたが、現在では「外気浴をさせましょう」に変わっています。外気浴をすすめるのには、二つ理由があります。

まず一つは環境的な理由で、今の方がオゾン層が破壊され昔より紫外線を浴びやすくなっていることがあげられます。紫外線を多く浴びることは、皮膚がんの発症率が高くなります。皮膚が薄い赤ちゃんがたくさん日光を浴びるのは心配ですよね。

もう一つは栄養上の理由です。骨を作るのに必要なビタミンÐは紫外線にあたって形成されるため日光浴を勧められましたが、今では栄養状態もよくビタミンÐ不足になることはないといわれています。そのため、外の空気に触れる外気浴をするようにいわれるようになったのです。

まとめ

初めて赤ちゃんを育てるということは、喜びいっぱいの反面、分からないことだらけで不安もいっぱいでしょう。赤ちゃんに必要な基礎知識を知ることで少しでも不安が解消されるとよいですね。

ママが色々と心配したり悩んだりしながらも、一生懸命に育てていれば、その気持ちは赤ちゃんに伝わりますよ。安心してくださいね。

育児も昔の方法と違っていることもありますので、古い情報に振り回されず、正しい知識を参考にして、育児を楽しみましょう。ママが楽しければ、きっと赤ちゃんも楽しくなりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018