就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ハイハイはいつから始まる?ずりばいとの違いや簡単にできる練習方法

ハイハイはいつから始まる?ずりばいとの違いや簡単にできる練習方法

赤ちゃんのハイハイがいつから始まるのか、ママは気になりますよね。なかなかしてくれないと、心配になることもあると思います。ここでは始まる時期や、ずりばいとの違いをみていきたいと思います。またハイハイをしない原因や、練習方法なども紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

ハイハイをするまでの成長過程は?

4~6カ月頃に寝返り

赤ちゃんの成長過程の一つに寝返りがあります。寝返りとは、あお向けの姿勢から自分の力で横を向き、うつぶせの状態になることです。一般的に5~6カ月でできるようになりますが、早いと3~4カ月でできる子も。

赤ちゃんは首がすわり、背中や足腰に筋肉がついてきたら寝返りを始めます。足を手でつかんでコロコロと揺れたり、腰をひねって横向きになろうとする様子が見られたら、準備が整ってきたサイン。そのうち、寝返りができるようになるかもしれません。

しかし、成長は赤ちゃんによって違います。9カ月を過ぎてできるようになる子もいれば、寝返りをしないでハイハイをする子もいます。4~6カ月頃で寝返りをするというのは、目安として覚えておくとよいですね。

5~7カ月頃にお座り

赤ちゃんは寝返りをするようになると、お座りもできるようになります。首が座ってきた3カ月頃からチャレンジしようとする子もいますが、一般的には5~6カ月頃からできるといわれています。

この頃になると腰やお尻の筋肉がつき、寝返りで背中の筋肉も使えるようになっているので、赤ちゃんはお座りにチャレンジ。背中を丸めて前かがみになり、床などに両手をついて座っている状態になります。最初はグラグラと不安定ですが、徐々にしっかり安定してきますよ。

お座りの時期も赤ちゃんによって違いますが、早くても遅くてもその子なりの成長があるので気にする必要はありません。5~7カ月頃というのは目安ですので、この時期にできていなくても心配しないでくださいね。

5~7カ月頃にずりばい

安定して座るれるようになると、今度はずりばいをするように。ずりばいとは赤ちゃんがうつぶせの状態で、手のひらや足の裏で床を押したり引っ張ったりして、前や後ろに這って進むことをいいます。

ずりばいは寝返りをするようになってから、ハイハイが始まるまでの間に行われます。赤ちゃんによって個人差がありますので、5~7カ月頃にずりばいができるというのは目安として知っておく程度で大丈夫ですよ。

最初は後ろだけに進んだり、片足だけを蹴って進んだりと、赤ちゃんによってスタイルがいろいろあります。絶対にしなくてはいけないものではないので、できなくても問題はありません。ずりばいをしなくてもいつのまにかハイハイをしたり、歩いたりする子もいます。 

ハイハイし始める時期はいつ頃?

8カ月前後に始める子が多い

赤ちゃんがハイハイをし始める時期としては8カ月前後が多いようです。ハイハイとは両手で上半身を支え、ひざ立ちで腰とお尻を持ち上げて手足でバランスをとり、進む動作のことです。この動作によって、赤ちゃんの行動はいっきに広範囲に。

赤ちゃんは首が座ってから、ずりばいをするまでの間に足腰の筋肉や骨が発達します。そして、ちょうど8カ月をむかえる頃には背骨や体幹がしっかりしてきて、腰や足の筋肉もよりしっかりと成長します。また、姿勢も一定に保つことができるようになるため、ハイハイができるようになります。

四つん這いの姿勢で体を前後に揺らす動きが続いたらハイハイをする日も近いかもしれません。なかにはひざをつかないで、足を伸ばした状態で四つん這いになる「たかばい」をする子も。また座ったまま、お尻でズルズルと移動する赤ちゃんもいるようです。これもまた、ハイハイの一種。いろいろなスタイルがありますね。

まだ最初は動きがぎこちなく、移動もおぼつかないことが多いですが、徐々にできていくようになるので、あたたかく見守ってあげてくださいね。

ハイハイし始める時期は個人差が大きい

ハイハイをしないと、ママは「いつになったらするのだろう」「このままで大丈夫かな」と心配になりますよね。しかし、赤ちゃんにはそれぞれ成長があり、個人差があるので心配はいりません。

先ほど、始める目安として8カ月頃と書かせていただきましたが、あくまで目安の時期。お座りするのも、ずりばいをするのもみんな時期が違います。生後5カ月頃にずりばいを始めて、7カ月頃からハイハイをする子もいますし、10カ月頃から始める子も。

またハイハイをしないまま、つかまり立ちをしたり、歩いたりする場合もあります。すべての赤ちゃんが通る道ではありません。順番を飛ばして、いきなり立ったりしてしまう場合もありますよ。

子どもによって成長の段階や順序は違います。ほかの赤ちゃんより遅い場合や、しない場合でも気にすることありません。ほとんどの場合は発達に問題があるわけではないので、安心してくださいね。

子どもは、自分のペースでそれぞれ成長しています。できないことがあってもママは心配したり、焦ったりしないで、気長な目で我が子の成長や発達をみてあげましょう! 

ハイハイは必要?ずりばいとの違いは?

ハイハイの必要性とは?

ここでは、ハイハイの必要性を3つご紹介します。

1.全身の筋肉を使うことで、手足の筋肉や体幹が鍛えられます。手足の刺激も多いので握力は鍛えられ、ものをつまんだり、足のふんばりでバランスをとることも上達します。
 
2.行動範囲が広がり、さまざまなものに興味をもつようになります。好奇心を満たすために動き回ることで視覚や触覚、聴覚などの感覚を刺激して赤ちゃんの情緒によい影響を与えます。

3.ハイハイをすることで運動量が増えるので、離乳食をしっかり食べるようになったり、寝つきがよくなったりします。一日の生活リズムも整いやすくなります。

これらの点をみると、ハイハイは赤ちゃんにとって必要性が高く、大切な成長過程だといえそうですね。 

ハイハイせずにつかまり立ちする子もいる

すべての赤ちゃんが、寝返りからつかまり立ちまで順番に発達をするわけではありません。なかには、ハイハイをせずにつかまり立ちをする子もいます。

順番に発達していないからといって、おかしいということはありません。赤ちゃん自身が自分でつかまり立ちをしているのなら、問題はないですよ。無理な負担がかかっていたら、赤ちゃんも自分でつかまり立ちはしないはずです。

ハイハイせずにつかまり立ちをしたり、歩き始めたりと順序はその子によって違います。心配したり、無理にやめさせる必要はありません。

ただし腰がしっかりしていないときに長時間つかまり立ちをしていると、体に負担がかかっていることがあるので、長時間はさせないようにしましょう。

ずりばいとの違いとは?

ずりばいとハイハイは違うものです。それぞれの特徴をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ずりばいは分かりやすくいうと、ほふく前進のポーズです。ひざは伸びている状態で、手のひらからひじまでの腕が床についていて、お腹も床についています。腕の力と足で床を蹴りながら、前に進んでいきます。

ハイハイは分かりやすくいうと、お馬さんのポーズです。ひざを曲げて、手のひらを床について片方ずつ動かし、お腹は床から浮いています。腕と足を交互に動かして、前に進みます。

ずりばいもハイハイも赤ちゃんにとっては、いろいろな場所に行くことのできる大切な移動手段!どちらも腕の発達の成長には重要な役割をもっているのです。

どうしてハイハイしないの?原因は何?

ハイハイできる環境がない、興味がない

最近はハイハイをしない赤ちゃんが増えているそうです。それはなぜでしょうか?

まず動ける広さや環境が整ってないと、赤ちゃんはハイハイができません。おもちゃや家具にぶつかったり、じゃまされたりしてしまうと赤ちゃんの動きはとまってしまいます。場所が制限されていないか、動き回れる広さはあるのか確認してみるとよいですよ。

また、赤ちゃんのやる気も大切です。「あのおもちゃをとりたい!」「別の部屋にいるママの顔が見たい!」という好奇心や興味をもつことは大切です。しかし抱っこしてほしときに抱っこしたり、おもちゃをすぐにとってあげたりすると、赤ちゃんにとっては動かなくてもいい環境になるので、興味が薄くなってハイハイをしなくなることがあります。 

お座りが好き、歩行器を使っている

赤ちゃんのなかには、お座りが好きでハイハイをしない子もいます。そのような赤ちゃんはうつぶせにすると、お座りよりもつらい体勢になるので、泣いて嫌がることもあります。そうすると自然とうつぶせをしなくなり、ハイハイをする練習や時間もなくなってしまいますよね。

また、赤ちゃんが座っている周りにいろいろなおもちゃが置いてあると動く必要はないため、その場合もハイハイをしなくなります。

歩行器は、赤ちゃんが移動できる便利な器具。座らせておくと、自由に動けて転ぶこともありません。歩行器にのって楽しく遊ぶことを覚えると、ハイハイはしなくなります。

お座りが好きだったり、歩行器を使ったりすることでハイハイをする機会を逃しているのかもしれません。

まれに病気や発達障害が原因の場合も

ハイハイをしない原因として、まれに病気や発達障害が原因の場合もあります。

・股関節に問題がある…まれに股関節脱臼(大腿骨の先端が骨盤におさまらず、外れていたり外れかけている状態)が考えられます。

・知覚機能の未発達…聴覚や視覚が弱いケースが考えられます。ハイハイの時期に入る前に健診で経過観察を指示されている場合は、原因として考えられます。

・低緊張である…自分の体を支える筋肉の張りが弱いため、思うように体の動きをコントロールすることができません。

その他、筋ジストロフィー、先天性ミオパチーなどの疾患をもっている可能性もあります。しかし、すぐに病気があると自己判断はせず、心配なときは専門機関に相談してみるとよいと思います。

ハイハイを始める前に!安全対策は大丈夫?

床に危険なものを置かない

ハイハイをする時期になると、事故やけがも増えるので安全対策が必要です。部屋の中を確認してみましょう。床の上や赤ちゃんの手の届くところに危険なものは置いていませんか?口に入れそうなものや、触ったら危ないものは片づけておくとよいですよ。

例えば電池や紙くず、輪ゴムなど小さなものでも赤ちゃんは見つけて口の中に入れることがあります。誤飲防止のためにも、手の届かないところにしまっておきましょう。

コンセントを触ったり、電気コードが足に引っかかったりすることもあります。コンセントにはカバーをつけたり、電気コードはコンパクトにまとめたりして対策をしましょう。

また、ゴミ箱を倒したり、暖房器具に触ったりすることもあるので注意が必要です。 

家具の角にクッションをつける

ハイハイをする赤ちゃんは、目の前にあるものや興味をもったものしか、見えていないことが多いです。そのため近くにテーブルの角があっても、気付かずにぶつかることも。

そのようなけがを防ぐためにも、家具や家電などの角の部分にはにクッションをつけるとよいですよ。その際に赤ちゃんが簡単に取り外せるようなものは避けましょう。

今は危険をガードしてくれるコーナーガードがあります。テープタイプやシートタイプがあるので利用してみるのもよいですね。

しかしクッションやカバーをしていても、はがされてしまうこともあるそうです。そのような場合は、クッションの上から厚手のストッキングをかぶせるなどの工夫をするママもいるようです。 

階段やキッチンにガードをつける

階段やキッチンも赤ちゃんには、興味津々の場所ですよね。いつのまにか階段にのぼっていたり、キッチンではママの後ろにいたりして驚くことがあるかもしれません。

階段やキッチンなど、危険な場所に行ってほしくないときには、ガード(ベビーゲート)を設置するとよいですよ。転落やけが、事故などを防ぐことができるのでママも安心です。ガードは赤ちゃん専門店やホームセンターなどで購入できます。取り付ける幅などを確認して選ぶとよいと思います。

ガードの設置が難しい場合は、キッチンにある危険なものは赤ちゃんが手の届かない場所に置く、階段には滑り止めのマットを設置するなどの対策も行うことができます。安心して赤ちゃんがハイハイできる環境を整えてあげましょう。

簡単にできるハイハイの練習方法とは?

好きなおもちゃを使って気を引く

ハイハイをしないことに不安を感じたときには、練習をしてもよいかもしれません。練習といっても無理にするのではなく、楽しくできるとよいですよね。

例えば、手が届きそうで届かない場所に赤ちゃんが好きなおもちゃを置きます。好きなおもちゃがあると赤ちゃんは興味をもち、それを手に取って遊びたいと思いますよね。そのおもちゃを取りに行こうとして、ハイハイをしようとすることがあります。

また、おもちゃの種類としては思わず追いかけたくなるようなボール、音が鳴るもの、キラキラ光るものなども興味をひきやすいため、おすすめです。

目の前にあるおもちゃで遊びたくて、いつのまにか前に進んでいることがあるかもしれませんよ。

タオルを使ってハイハイの体勢を助ける

なかなかお腹が持ち上がらなくて、ハイハイができない赤ちゃんもいますよね。そのような場合は、タオルを使って練習する方法もあります。

腹ばいになっている赤ちゃんのお腹の下にバスタオルを敷いて、そのまま上に引っ張り上げてみます。そうすると、自然にハイハイの体勢になります。

赤ちゃんはお腹が持ち上がると、自然に両方の手足を前にだします。そして、その手足が床に着くか着かないかというところまで、下げてみましょう。その動きをすることで、赤ちゃんはお腹より先に手足を床に着くという体勢を覚えます。

この体勢のまま、ハイハイをしようとしていたら「すごいね」「じょうずだね」と言葉をかけたり、ほめたりするとよいと思います。

ママが一緒に遊びながらハイハイする

ママが一緒にハイハイをするのも効果的ですよ。赤ちゃんは興味がなくてしないこともありますので、ママが楽しそうにハイハイをしていると、赤ちゃんも興味をもつことがあります。

その際に、ママの方が赤ちゃんより先にハイハイで進むとよいですよ。赤ちゃんがママを追いかける感じになり、楽しく練習ができます。親子の触れ合い遊びとしてもおすすめです。

また、赤ちゃんはママの真似をして行動を覚えます。追いかけさせるのもよいですし、横に並んで一緒にするのもよいと思います。言葉ではまだ伝わらないことが多いので、隣でハイハイの仕方や楽しさを伝えてあげるとよいですね。

ハイハイの見本を見せる機会を積極的に作り、練習を促してみましょう! 

ハイハイを見守るママへの注意点

放置しすぎない、そばで見守る

ハイハイができるようになると、赤ちゃんは楽しくていろいろなところに行きます。しかし、まだ危険なことは察知できないので、途中で頭をぶつけたり、つまずいて転んだりすることも考えられます。

そのようなことがないように、ママはそばで赤ちゃんを見守ってあげましょう。ぶつかりそうになったときには「危ないから、とまってね」と声をかけたり、転んだときにもすぐに対処できたりします。

機嫌よく一人でハイハイしているからといって放置していると、ママが気付かないところで思わぬ事故にあう可能性もあります。

赤ちゃんにとって、やはり頼りになるのはママの存在です!赤ちゃんが安心してのびのびとハイハイできるように、そばで見守ってあげましょう。 

無理強いしない、他の子と比べない

ママは赤ちゃんがハイハイをしないと心配になり、無理強いすることがあるかもしれません。しかし、赤ちゃんにとってはそれがストレスに感じることもあるのでやめましょう。

赤ちゃんはまだ体力もなく、ハイハイにも慣れていません。その時期に無理強いさせられると、ハイハイはいやなものだと思い、楽しくできなくなります。

また、他の子と比べるのもやめた方がよいですよ。「あの子はできているけれど、自分の子はできていない」と不安に感じることもあるかもしれませんが、赤ちゃんの成長はさまざまです。できないことがあっても大丈夫。その子なりのペースでちゃんと成長しています。

自分からやろうとしたときにママは見守り、応援してあげることが大切だと思います。 

やり方が少し違っても気にしすぎない

ハイハイも赤ちゃんによって、いろいろなスタイルがあります。例えば、たかばい(ひざを伸ばした状態で四つん這いになり、足の裏を床につけて進む)する子やお尻でハイハイ(座ったままおしりでズルズルと移動する)する子もいます。また片ひざだけ立てて、もう片方はひきずってハイハイする子もいます。

いろいろなハイハイがありますが、少し基本と違っていてもあまり心配しなくても大丈夫ですよ。たまたまその形で前に進めたので、その形で動くことを覚えたのだと思います。

しかしハイハイの仕方がおかしいと、病気なのでは?と心配になることもあるかもしれません。足の形が左右で違う、足が突っ張っているなど気になることがあるときは、小児科で一度診てもらうと安心です。

ハイハイが心配な時に相談できる場所は?

市の子育て担当の部署に電話する

「ハイハイをしないけれど大丈夫かな」など心配になったときには、一人で悩まないでくださいね。身近に相談できる場所があるので、利用してみましょう。

市役所には、子育て担当の部署があるので電話してみるとよいですよ。そこで話を聞いてくれたり、ほかにも相談できる場所を案内してくれたりするかもしれません。

子育て支援センター(近くの保育園や児童センターなど)なども地域によってあるので、利用するとよいと思います。乳幼児の発育や成長などのいろいろな育児相談や、情報提供を行っているので出向いてみてもよいですね。

心配や不安があるときははひとりで悩まず、市で行っている子育て機関を利用して、ママの心配を解消しましょう!

かかりつけの小児科医に相談する

悩みや心配があるときは、かかりつけの小児科医に相談するのもよいと思います。かかりつけであれば、子どもの体の特徴や性質をわかってくれているので、その子にあったアドバイスや治療が必要な場合は最善の治療をしてくれます。ママもかかりつけの小児科医だど安心して頼ることができますよね。

多くの小児科は子どもの「心の相談」や「子育ての悩みの相談」を行っています。心配なことがあるときは「ハイハイをしないけれど大丈夫か」「ハイハイの仕方がちょっと気になる」など発育や成長で気になることなどを相談してみましょう。

小児科によっては相談日として、曜日や時間を設けているところもあります。そのあたりも確認しておくとよいかもしれませんね。 

乳幼児定期健診の際に相談する

乳幼児の定期健診は赤ちゃんの発育や栄養状態、先天的な病気を含めた健康状態などを見逃さないために実施されています。早い時期に病気が発見されれば、治療も早くでき、今後の心配も減ります。

時期として行政で義務付けられているのは3~4カ月、1歳6か月、3歳健診です。またそのほかにも、自治体によって異なる任意の健診が2歳までに5回あり、主に1歳までの期間に集中しています。

任意の時期としては1カ月、6~7カ月、9~10カ月、1歳、2歳が多いようです。健診は、普段気になっていることを小児科の先生や保健師さんに相談するチャンスでもあります。

9~10カ月健診のときにはハイハイの発達具合を診てもらえるので、心配なときには相談してみましょう。

まとめ

赤ちゃんがお座りできるようになると、今度はハイハイが待ち遠しくなるママも多いと思います。そのままハイハイする子もいれば、しない子もいます。しかし、しないからといって今後の成長に差し支えることはありません。赤ちゃんの成長はそれぞれ違うので、ママはあまり心配しないようにしてくださいね。

ハイハイの簡単な練習方法もあるので試したり、相談できる場所を利用してみるのもよいと思います。

そしていつか赤ちゃんがハイハイをするようになったら、ママは安全面に注意して、あたたかく見守ってあげてくださいね。 

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018