就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目をもつメリット、デメリットを知ろう! 経済面や家庭内の変化

3人目をもつメリット、デメリットを知ろう! 経済面や家庭内の変化

3人目が欲しくても、経済面や子育ての負担を考えると大変そうで迷ってしまいますよね。でも、3人目は1人目より補助金がもらえたり保育料がかからなかったり、育てやすい場合もあります。子どもが3人になったときのメリット、デメリットや心がまえを知り、安心して出産を迎えましょう。

3人目の子どもをもつことのメリット

児童手当が増額される

児童手当(旧子ども手当)は、中学校までの子どもを育てている人に支給されており、制度開始のころより増額されています。平成30年度の月額は以下のとおりです。

【3歳未満】
一律15,000円

【3歳以上小学生】 
第一子と第二子は10,000円 
第三子以降は15,000円

【中学生】
一律10,000円

年齢や所得の制限はありますが、上の子も3歳未満なら15,000円支給されることや、3人目については小学校卒業まで15,000円を受け取ることができるので家計が助かりますね。支給を受けるには、出生や転入した日から原則15日以内に、住民票のある役所に届け出てくださいね。出生届や転入届の手続きの際に一緒に済ませておくと便利です。

保育園や幼稚園の保育料が安くなる

子どもが多いために、働いても給料のほとんどが保育料に消えていき、なにをしているのかわからないということがあります。以前は、保育園に3人の子どもが通っているとき、はじめは3人目は無料で、上の子が小学生になると半額負担になっていました。3人兄弟でも、上の子が小学生に上がってしまい残念な思いをしたママも多いかもしれませんね。

しかし、平成28年度から上の子の年齢にかかわらず、2人目は半額、3人目は無料となりました。今は上の子が小学生になっても保育料が無料になっているので、3人目を考えている人は嬉しいですね。

年収約360万円未満の世帯、または住民税非課税で1人親の家庭という条件があること、幼稚園の場合は平成27年度から施行の「子ども・子育て支援新制度」へ移行した園についてのみ適用という条件がありますので、適用されるかどうか確認してみてくださいね。

1人目よりも経済的負担が少なくて済む

子どもが3人になるとお金が多くかかってしまうイメージがあるかもしれませんが、1人目よりは経済的負担も少なくて済むでしょう。上の子とデザインの違うベビー服や便利グッズを好みに応じて購入することはあるかもしれませんが、3人目には上の子のお下がりが使えるため、紙おむつなどの消耗品以外はほとんど費用がかかりません。

ベビーカーやチャイルドシートなど高価なものは、上の子が成長してお下がりがまわってくるので、ちょうど3人目に使うことができるでしょう。1人目のときは、出産準備品リストで購入したけれど使用しなかったものもあるかもしれません。3人目になると、だいたい必要なものがわかるので購入しても無駄にするものがなく経済的です。

3人目の子どもをもつことのデメリット

3人の子育てやお出掛けは慌ただしい

子ども3人を連れてお出掛けするのは、家では見られない子どもの表情や個性を見つけることができて楽しいものですが、とにかく慌ただしいですね。おむつは、子どもたちの成長に合わせて多ければ3種類持ち歩くことになりますし、汚れたときの着がえや、ぐずったときのおやつ、おもちゃなど、ちょっとしたお出掛けでも大荷物になってしまいます。

家族でお出掛けのときは夫婦で子どもを手分けできても、子ども2人が抱っこをせがんでくれば大変です。子どもが3人になると大人1人が2人見なければいけないので困りますね。

ママ1人で3人を連れてのお出掛けは、もし3人が違う方向へ走ってしまうと追いかけられず危険です。安全にお出掛けするには、周りの協力も大切ですね。

教育費や生活費の負担が増える

子どもが増えると、大学や専門学校などへの進学費用の負担が大きくなりますね。公立の小学校から高校までと大学に進学にかかる費用は約10,000,000円といわれています。子ども3人なら、なんと約30,000,000円もかかることになりますね。

小さいうちは食事の量も少なくて食費もかかりませんが、子どもが中学生や高校生になってくるとどれだけ食べてもお腹がすくといい、ごはんもどんぶりでおかわりするようになるかもしれません。成長期には食費が月に約100,000円かかることも珍しくありません。

教育費や生活費はかかりますが、3人兄弟は楽しいものです。3人目を出産するときは、将来のことも考えて計画的に貯金するようにしましょう。

部屋や車の乗車人数が足りなくなる

子どもが2人なら3LDKで子ども1人1部屋と夫婦の寝室が使えても、 子どもが3人になると個室が必要なら4LDKに住まなければいけなくなります。子どもが成長すると荷物も増えるため、マンションから戸建てに引っ越す人も多いものです。

また、車は4人家族ならセダンにチャイルドシートを2つ設置することができますが、5人家族でチャイルドシートが3つになると大きい車に買い替えなければいけません。子どもが多いとベビーカーや荷物も増えるため、大容量のファミリーカーが乗りやすく感じるでしょう。

家族が多いと洗濯も増えるので大型の洗濯機や、家族で座れるダイニングセットやソファの購入も検討しておいたほうがよさそうですね。

子ども3人だからこそ生まれる家庭内の変化

兄弟で小さなコミュニティーができる

子どもが3人になるともめごとも増えますが、遊びの幅も広がっていきます。ままごとやレンジャーごっこは、兄弟が多いほうが楽しく遊べますね。お姉ちゃんはお母さん、弟はお父さん、妹は子どもなど配役を決めると、遊びの中で小さなコミュニティーができて楽しいですね。

トランプやカルタも人数が多いほうが楽しいですよね。子どもたちが小学生くらいになると一緒に遊べるため、兄弟が多くてよかったと感じることでしょう。

どんなに仲のよい兄弟でも、遊んでいる最中にケンカになることもありますね。子どもが3人いると、そのうちの2人でケンカがはじまっても、もう1人が止めに入ることができます。3人いると家庭の中で、自然と調和がとれるでしょう。

上のお手本があるので育児に余裕が生まれる

3人目が生まれるころは、上の子たちが年子で生まれていても幼稚園に入る年齢になっていますね。上の子はお兄ちゃんやお姉ちゃんになったと張り切って、赤ちゃんのお世話してくれるため1人目より育児が楽だと感じるでしょう。

下の子はなんでも上の子のまねをしたがりますね。上の子がしっかりと育っていれば下の子は上の子を見て成長するので、ママも1人目のときより子育てにも余裕を持てるでしょう。

トイレトレーニングや食事前の手洗いや食事中のマナーなどのしつけも、3人目は上の子のまねをするのでママが教えるより早く覚えるかもしれません。3人目の子育てでうまくいかないことがあれば、上の子にお手本になってもらうようお願いするとスムーズに進んでいくでしょう。

我慢や協調性、社会性が身につく

子どもが多いと家庭内で協調性が身についていきます。小さいうちは、おもちゃやおやつの取り合いでケンカになることも多いかもしれませんが、基本的に大人は仲裁に入らず見守るように心がけましょう。しかし、上の子が強い力で下の子をたたいてしまうなど危険なときは間に入って、両方の意見を聞くようにするとよいですね。

中学生や高校生になると、お互い思春期で思うようにならずイライラしてぶつかることもあるでしょう。小さいときから、ケンカしても兄弟の間で我慢して話し合いで解決していれば、成長しても知らないうちに譲り合って仲よくできるものです。

ぶつかりながら協調性や社会性を身につけていくので、ケンカしてもすぐにママが出ていかないように気をつけましょう。

まとめ

子どもが3人になると、育児の負担が大きくなるだけでなく教育費や生活費も増えることになります。チャイルドシートの設置のために大型のファミリーカーへの買い替えや、成長したときのために広い家への引っ越しも考えなければいけないなど大変なことは多いものです。

しかし、子どもが3人になると家庭内で小さなコミュニティーができ、協調性や社会性も身につくというメリットもあります。子育ては周りの人に手伝ってもらい、経済面では計画的に貯蓄をすれば安心です。しっかりと心がまえをして3人目の出産を迎えましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018