就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児との過ごし方の基本知識!気をつけたいこととお世話のポイント

新生児との過ごし方の基本知識!気をつけたいこととお世話のポイント

待望の赤ちゃんが生まれてから、ママの毎日はどのように変化するのでしょうか。新生児期はどのようなことに気をつけて、どのようなお世話をすればいいか、初めて出産をむかえるママは不安と期待で胸がいっぱいかもしれません。まずは、新生児との過ごし方の基本を知って、しっかり準備を整えましょう。

新生児期とは?どれくらい成長するの

新生児期とは生後28日まで

生まれたばかりの赤ちゃんを新生児といいますが、正確には生まれたその日を0日として28日目までが新生児期、その期間の赤ちゃんを新生児といいます。この時期はまだママが赤ちゃんのお世話に慣れていないこともあり、慌ただしくしているうちにあっという間に過ぎ去っていきます。

赤ちゃんの新生児期に対して、産後1カ月までのママは産褥(さんじょく)期といいます。大仕事である出産を終え、疲労や身体のダメージが大きいため、自宅でゆっくり静養することが大事です。

赤ちゃんにとっても産後のママにとっても穏やかに過ごすことが必要な28日間を越えると、赤ちゃんは新生児ではなく乳児と呼ばれるようになります。ちょうど1カ月健診が行われる時期には、新生児期は終わっているということになりますね。

新生児はまだ体温調整が苦手で、細菌やウイルスに対する免疫も弱いため、外出を控えなければいけませんでしたが、1カ月健診が終わり新生児期が終わればお散歩もできるようになります。ママも赤ちゃんが無事に1カ月健診を終えるとほっとしますね。

新生児期の赤ちゃんの成長はめざましい

赤ちゃんの出生体重は個人差が大きく、健康であれば小さめの赤ちゃんで2500gほど、大きめの赤ちゃんで4900gほどになります。生後5日ごろまでに生理的体重減少といって、出生体重の5.0%から10.0%ほどが減少しますが、1~2週間ほどで元の体重に戻り、それ以降はめざましいスピードで成長していきます。

とくに新生児期は1日30.0g程度体重が増えることもあり、1カ月健診をむかえるころには1kgほど体重が増えることもあります。3000gで生まれた赤ちゃんが1カ月で4000gになるとすると、30.0%以上も体重が増えていることになりますので、その成長は目を見はるものがありますね。

新生児は体重だけでなく身長もぐんぐん伸びていきます。赤ちゃんは身長50.0cm程度で生まれてきますが、1カ月で4.0~7.0cmほど成長します。

生まれてすぐはまだ手足も細くか弱かった赤ちゃんは、1カ月も経つとふっくら、しっかりした体格になっていきます。体重が増えなかったり、減ってしまったりという場合は心配ですので、1カ月健診のときに相談してみましょう。

新生児の1日の生活リズムと過ごし方

新生児の1日の睡眠平均時間は16時間

新生児期の赤ちゃんは、1日のほとんどを眠って過ごしています。ですが、この時期の眠りは浅いので、ちょっとした音や刺激で目を覚ましてしまうことも。

1日の平均睡眠時間は16時間と半日以上眠っていることになりますが、その睡眠は小刻みで、昼夜関係なく短い睡眠を繰り返します。個人差はありますが、赤ちゃんが数時間まとめて眠ってくれるようになるにはもうしばらくかかります。

赤ちゃんが目を覚ましているときは、授乳やおむつ替えなどが必要なサインでもあるので、夜中のお世話が続いてママも睡眠不足に陥りやすくなります。ママは眠くてつらいですが、新生児期の赤ちゃんはどんどん成長していますので、しっかり眠れるようになるまでもう少しの辛抱です。

新生児の1日は寝るか授乳の繰り返し

新生児が1カ月に体重の30.0%も増やすことができるのは、それだけ栄養を摂取しているからです。その栄養源が母乳、またはミルクです。

そして、眠ることが成長を促し、身体をどんどん大きく、強くしていきます。そのため、新生児の1日は寝るか授乳の繰り返しとなるわけです。

まだ、笑ったり遊んだりするのは先になりますので、ママやパパにとって赤ちゃんの反応は物足りないかもしれませんが、赤ちゃんは力を蓄えながら着実に成長しています。ママの顔をじっと見つめ、その声に耳をかたむけ、多くの情報をたっぷり吸収しています。

まもなく、表情や身体を大きく動かして気持ちを表現してくれるようになりますので、楽しみに待ちましょう。

新生児の1日の生活リズム例を紹介

まだ昼夜の区別がついていない新生児期の赤ちゃんは、1日の生活リズムを作ることが難しいのですが、目安となる流れが分かると心の準備ができますね。まず、新生児には起床と就寝という概念が通用しないため、1日を通してお世話が必要ということを頭に入れておきましょう。

新生児の1日の生活リズム例

7時 授乳・ミルク、おむつ替え
  お着がえ(赤ちゃんは寝ている間にも汗をかきますので着替えさせましょう)
10時 授乳・ミルク、おむつ替え
13時 授乳・ミルク、おむつ替え
15時 沐浴 沐浴後に授乳・ミルク
18時~翌朝まで数時間間隔で 授乳・ミルク、おむつ替えを繰り返します。

これは一例で、必ずこのようになるというものではありません。

知っておきたい新生児のお世話の基本

1日におむつはどれくらい交換する?

赤ちゃんのお世話の中でも授乳と同じく頻発するのがおむつ替えです。1日に何回くらいおむつ交換することになるのかは、赤ちゃんがどれだけ排泄したかにもよりますが、何回替えなければいけないという考え方ではなく、排泄した回数分交換するようにしましょう。

新生児期の赤ちゃんは1日に15回から20回程度排尿し、うんちも10回以上することがあります。紙おむつはおしっこであれば数回分は吸収することができますが、あまり長時間放置したりうんちをそのままにしたりしていると、おむつかぶれの原因になりますので注意しましょう。

授乳後にうんちをする赤ちゃんが多いので、授乳後はうんちを待ってからおむつ交換をすると経済的ですよ。

授乳間隔は2時間から3時間程度

母乳育児をする場合、赤ちゃんが欲しがるだけ授乳をしてよいといわれますので、1日に10回以上母乳を飲ませることもよくあります。新生児期はまだ乳首をうまく吸えないことも多いので、すぐにお腹が減って授乳回数が増えてしまうのも仕方ありません。

ただし、ミルクを足す場合や、ミルクだけのときは授乳間隔を守って、飲み過ぎないようにする必要があります。一般的には母乳は消化がよく早くお腹が減りますが太りにくく、ミルクは腹持ちがよいが飲みすぎると太りやすいといわれます。

新生児期の場合は3時間おきにミルクの時間になりますが、1日の行動や直前に飲んだ量などから判断して、多すぎたり少なすぎたりしないように注意しましょう。

1日1回は沐浴を!赤ちゃんも清潔に

授乳とおむつ替えを繰り返す新生児期の赤ちゃんにとって、1日のメインイベントとなるのが「沐浴」です。新生児はまだ肌や免疫などが弱いことから大人と一緒にお風呂に入ることができませんので、赤ちゃん専用のベビーバスで沐浴しましょう。

赤ちゃんはとても汗っかきですし、おむつの中は蒸れてあせもやかぶれができやすいので、1日に1回は沐浴をします。その時間も、夕方や夜ではなく日中の暖かい時間に行うのが理想的です。

毎日沐浴する時間を変えると生活リズムが整いにくくなります。沐浴自体は10分程度ですみますし、準備を合わせても1時間はかかりませんので、余裕のある時間帯を選んでできるだけ毎日同じ時間に沐浴をしましょう。

新生児との過ごし方で気をつけたいこと

授乳の後はゲップをさせよう

母乳やミルクを飲ませた後は赤ちゃんにゲップをしてもらいましょう。赤ちゃんの食道は短くまっすぐなため、飲んですぐに横になると胃から母乳やミルクが逆流し、吐き戻しの原因となり危険です。

ゲップは赤ちゃんの胸をママの肩に少し乗せるように抱いて、優しく背中をトントンとたたきます。赤ちゃんの頭を支えて、グラグラしないように気をつけてください。

吐き戻しは、空気を一緒に飲み込むことで起きますので、上手におっぱいを吸っている赤ちゃんや空気の入りにくい哺乳瓶を使っている場合はゲップをしないことがあります。しばらく背中をトントンしてもゲップをしなかった場合は、しばらく横向きにして寝かせるなどして、万が一の窒息を防ぎましょう。

抱っこするときは首をしっかり支えよう

赤ちゃんの首はまだ頼りなく、自分の力で重い頭を支えることができません。首がすわって、頭を自力で持ち上げられるようになるのは、生後3カ月から4カ月になったころですので、それまでは抱っこをするときにはしっかり頭を支えてあげましょう。

抱っこの仕方も、首がすわるまでは横抱きが安心ですが、赤ちゃんによっては縦抱きが好きな子もいますし、授乳のあとゲップをさせるときにも必要ですね。そのときはママの手のひらで頭を支えて、ママと赤ちゃんの身体が密着するように抱きましょう。

赤ちゃんはママのお腹の中にいたときの体勢になると安心します。背中が反らないように、お尻も支えてすっぽりと腕の中におさまるように抱いてみましょう。

部屋の温度や湿度に気をつけよう

新生児はまだ自分で体温調整をすることが苦手です。外気温や室内の温度に影響されて体調を崩してしまう恐れがありますので、温度や湿度を快適に保つことが必要です。

湿度は40.0%から50.0%が快適だといわれていますが大人が感じる快適と、新生児期の赤ちゃんが感じる快適には違いがありますので、赤ちゃんの様子を確認しながら部屋の温度や湿度を調整するようにしましょう。

エアコンやストーブ、扇風機などは部屋の温度調整に欠かせないものですが、直接風が当たったり、寒すぎたり暑すぎたりする設定になっていないか気をつけなければいけません。赤ちゃんの手足だけでなくお腹や背中も触ってみて、汗をかいていないか、冷たくなっていないかをチェックしてくださいね。

新生児期の過ごし方で大切な三つのポイント

無理に生活リズムを整えようとしなくてよい

新生児期にもメリハリのある生活を送ることで、その後の生活リズムを整えやすくなるメリットがありますが、2、3時間おきに授乳や睡眠を繰り返す新生児には昼夜の区別がまだありません。ママとしては早く夜まとめて寝るようになってほしいのですが、新生児の時点では無理に生活リズムを整えようと焦らなくても大丈夫です。

朝日を浴びることや夜は静かに過ごすことで、生後3カ月ごろから徐々に生活リズムが感じられるようになります。新生児のうちはできることだけ実践して、あとは赤ちゃんのペースに合わせて生活しましょう。

生後3カ月を過ぎたら、早寝、早起き、お散歩の時間を決めるなどメリハリのある生活を心がけ、一日のリズムを整えていきましょう。

たくさん抱っこをしてスキンシップを取ろう

一時期、ママの間では「たくさん抱っこをすると抱き癖がつく」といい、あまり赤ちゃんを抱っこしない方がよいという風潮がありました。ですが、現在ではできるだけたくさん抱いて、スキンシップをとった方がよいという説が主流になっています。

お腹が減ったとき、おむつが濡れて不快なとき、眠いとき、赤ちゃんは泣くことで意思を表しますが、強い要求があるときだけでなく、つまらない、ママが恋しい、遊んでほしいときにも大いに泣いてママを呼んでいます。

そこで抱き上げ、たくさんスキンシップをとることで、赤ちゃんは安心し親と子の絆や信頼関係を築くことができます。抱っこしてほしいと泣いている赤ちゃんを抱っこしない理由はそこにありませんよね。

赤ちゃんが寝ている間にママも睡眠を取ろう

新生児期の赤ちゃんは24時間お世話が必要なので、ママも一緒に昼夜関係なく活動しなければいけなくなります。小刻みの睡眠では疲れが取れず、一日中睡魔に襲われるということも産後ママのよくある状況です。

ですが、そんな状況で家事や日々の仕事をすべてこなそうとしてはママの体調が崩れてしまいます。産後1カ月は産褥期で、もっとも身体を大事にしなければいけない時期です。

赤ちゃんが眠っているときはママも一緒に睡眠を取って、少しでも体力の回復を助けましょう。家事が少し手抜きになっても、今はまだそこを頑張るときではありません。

睡眠不足は最悪の場合、産後うつを招く可能性があります。笑顔のある子育てをするためにもしっかり休んでくださいね。

まとめ

新生児期はほんの短い間ですが、実際にお世話をしているママにとっては1日が本当に長く、夜が永遠に終わらないように感じることさえあるものです。ですが、この最初の28日間を乗り越えれば、赤ちゃんもママも成長し、お世話が少しずつやりやすくなってきます。

そこからは、つい1カ月前のことを懐かしみ、小さかった赤ちゃんのしぐさを懐かしむ子育てがはじまります。今この瞬間は二度ともとには戻りません。

新生児期は大変ですが、その大変さも新生児の可愛さも胸に刻んで、一瞬一瞬を大切にしてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018