就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の子はなぜ育てやすいの?男の子と女の子の育てやすさの違い

2人目の子はなぜ育てやすいの?男の子と女の子の育てやすさの違い

子どもが2人いるママたちに聞いてみると、2人目は育てやすいとよく耳にします。その根拠は、どこからきているのでしょうか。また、男の子や女の子によって育てやすさの違いがあるのでしょうか。上の子が異性、同性の場合でどう違うのか見ていきたいと思います。

2人目が育てやすいといわれる理由は?

上の子の子育ての経験をいかせる

一度でも育児を経験しているかしていないかで、大きな差があります。抱っこもおむつ替えも授乳も、毎日何度も繰り返すことなので上の子で経験しているということは、何十回何百回と繰り返したことになります。

たとえ、期間が空いていたとしても体に染みついているでしょう。2人目の育児では、上の子の子育て経験をいかすことができます。

また、一度経験しているからこそ、色々な予測を立てられます。例えば、よく食べるようになってきたので離乳食を2回から3回食に変えようとか、おむつをテープタイプからパンツタイプに変えようといったことです。子どもの成長に合わせてスムーズに変えることができます。

また、病気になったときも慌てず行動することができるでしょう。

周囲に振り回されず、心理的に余裕がある

上の子のときは、何か悩みがあると誰かに相談をしていませんでしたか。また、母や義理の母、保健師さんから子どものことについて指摘されると、すごく気になっていませんでしたか。

テレビや雑誌で子育てについての情報があると、試してみたりやめてみたり周囲の情報に振り回されることもありましたよね。2人目では、情報の取捨選択がうまくできるようになります。

上の子のときは、何もかもが初めてで何が正解なのか分からなかったですよね。しかし、2人目では一度経験しているからこそ、その経験をいかして自分の子どもにとって有益な情報なのか見分けることができるようになります。

アドバイスについても必要ないと思えるものは聞き流すことができるでしょう。

上の子と比べてあまり手がかからない

上の子で一度経験しているからこそ、ママの子育てスキルもアップしています。下の子に手がかからないというよりは、ママの手慣れた手つきが子どもに安心感を与えるのではないでしょうか。また、家の中で上の子の声が聞こえることによって、安心する点もあげられます。

上の子のときとは違い、2人目は上の子に合わせた生活を送ることになります。上の子に合わせて生活することによって、必然的に規則正しい生活が送れますよね。お昼寝し過ぎて夜眠れなくなることも少ないでしょう。

下の子は上の子のすることをよく見ています。一緒に寝起きしたり遊んだりしながら生活を送ることによって、同じようにしたいと思う気持ちがわき、自然と色々なことができるようになる後押しとなります。

2人目が男の子のメリットとデメリット

「兄弟」の同性きょうだいの場合

同性の兄弟の場合、上の子が使っていた洋服や靴、おもちゃを下の子へ使うことができるので経済的です。上の子と一緒に遊ぶことができるので、男の子らしい遊びを一緒に楽しむことができますよね。

しかし、幼稚園くらいになると遊びが激しくなります。その子にもよると思いますが、靴やズボンに穴が空いたりしてお下がりに使えない場合もあります。

身近な遊び相手、そして喧嘩相手になるので毎日人との関わり合いを学ぶことができるでしょう。どのくらいの力で叩いたら痛いとか、身近な兄弟という仲で学ぶことができますよね。

また、同じ習い事ができるためママの送り迎えが一度で済む上に、身近なライバルになるので切磋琢磨しながら成長することができるでしょう。

デメリットは、男の子なので元気で体力がありあまっていることです。お友達のママの家では、階段を飛び降りたり、壁をよじ登ったり、飛んだり跳ねたりとても激しいそうです。

仲にはおっとりした男の子もいるので、一概にはいえませんが、男の子は体力がありあまっているため激しい遊びになりやすいでしょう。

「姉弟」の異性きょうだいの場合

「姉弟」の異性きょうだいは一姫二太郎といわれ、おばあちゃん世代には育てやすいといわれますよね。これは、女の子のほうが一般的に育てやすいといわれているため、最初は女の子が理想という意味です。女の子は早いうちから小さいママとなって色々手伝ってくれるため、ママはとても助かりますね。

また上が姉の場合、優しい男の子に育つ可能性が高いです。お姉ちゃんのおもちゃで遊んだり、アニメ番組などもお姉ちゃんに合わせるためプリキュアが好きになったりするかもしれません。

ママ友の子も、アイドル戦士が大好きでした。幼稚園へ入園する頃には、お友達との関わり合いが増え、少しずつ男の子の遊び、アニメに移行していきますので、心配はいりません。

デメリットは、姉が小さなママになりやすいことです。しっかりものの姉に弟のお世話を頼むことによって、姉が弟のすべてをコントロールしてしまう可能性があります。

また、関係が希薄になる恐れがあります。小さいうちは一緒に遊んでいても、成長するにしたがってそれぞれの性別に見合った遊びへ移行していくからです。

2人目が女の子のメリットとデメリット

「兄妹」の異性きょうだいの場合

上が兄の場合、遊びが男の子寄りになるため活発な女の子になりやすいと思います。家にあるおもちゃなども男の子のものなので、遊びが男の子寄りになりやすいでしょう。

小さい頃はおもちゃも洋服もお下がりが使えますが、幼稚園くらいになると好みも出てきますので購入する必要が出てきます。お下がりは使えませんが、それぞれの物や洋服を選べますので、ママとしては選ぶ楽しみが広がりますね。

下が妹の場合、女の子として接するのでライバルではなく守ってあげる存在になりやすいでしょう。力では兄が強いということは分かっているので、気持ちの上で兄らしく振る舞ってくれます。例えば、優しく接したり世話を焼いたりして、兄であるポジションをアピールします。

また、妹のほうは兄の様子をよく見て自分がどのように行動したらよいのか学習しています。このように、利害関係が少ないためよい関係になりやすいでしょう。

デメリットは、兄として男としてのプライドがあるので妹に負けてしまったときにひどく傷ついてしまう可能性があることです。妹には絶対に負けたくないと思っています。

「姉妹」の同性きょうだいの場合

兄弟の場合と同様に、上の子で使っていた洋服や靴、おもちゃを下の子へ使うことができます。しかし女の子の場合、男の子と比べて持ち物や洋服への関心が高いため、「お姉ちゃんばっかり、新しいのずるい」というようになる可能性があります。

友人の子どもは、気に入ったもののお下がりは受け入れても、気に入らないものは絶対に使わないそうです。上に新しいものを買うと、必ず下の子もほしがってしまうと悩んでいました。買うときは、こっそり買ったり、貰いものだよと伝えたりするといっていました。

姉妹の場合、よい意味でもわるい意味でもとても結束が強くなります。遊びや習い事が同じものになる可能性が高いため、仲よく一緒に過ごすことができるでしょう。

その反面、口が達者な女の子が喧嘩をすると激しい言い争いがおきるのがデメリットでしょうか。また、妹は姉と同等の扱いを求めるため、同じものをほしがったりします。

妹は、姉の振る舞いや言動などを一番近くで見ています。そのため要領がよく、うまく立ち回ることができるようになるでしょう。

まとめ

2人目が育てやすいのは、一度育児を経験しているからです。余裕をもって子どもに接することができるため、その安心感が子どもにも伝わるのだと思います。ママの気持ちを子どもは敏感に感じ取ります。また、上の子の声が聞こえることも下の子への安心感に繋がるでしょう。

2人目が、男の子でも女の子でもメリットもありデメリットもあります。どのきょうだい関係がよいとは一概にはいえません。

ママやパパの子どもへの接し方によって、よいきょうだい関係が築けるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018