就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るときのおもちゃをご紹介!おもちゃの効果や注意点

赤ちゃんが寝るときのおもちゃをご紹介!おもちゃの効果や注意点

生まれて間もなかったり夜泣きの時期だったり、そうでなくても眠るのが苦手な赤ちゃんだったりすると、寝かしつけるのは大仕事ですよね。ママは抱っこしたりあやしたりしますが、毎日それが長時間続けば疲れてしまいます。そこで、寝かしつけに役立つおもちゃをご紹介し、使うときの注意点についてご説明します。

寝かしつけにおもちゃを使う効果

一人でも寝られるようになる

セルフねんねという言葉をご存知でしょうか?これは赤ちゃんや子どもが親の寝かしつけなしに、一人でも寝られることを指します。赤ちゃんだけで寝られるようになると、ママにとっては嬉しいですよね。

しかし、「今日から一人で寝るんだよ」と言っても、一人で寝られる子は少ないでしょう。まして赤ちゃんは言葉をまだ理解できないので、急にママが一緒に寝なくなってしまうと不安に思うかもしれません。

そんな赤ちゃんのセルフねんねを手助けしてくれるのが入眠グッズです。中でも赤ちゃんのお気に入りのおもちゃは赤ちゃんに安心感を与えてくれるアイテムです。ママがいないという不安をおもちゃが和らげてくれるので、一人でも寝られるようになりますよ。

ママの睡眠不足が軽減される

赤ちゃんが眠ってくれるまでつき添っていると、その間ママはほかのことができませんし、寝かしつけが長くなればママ自身の寝不足が心配になります。実際、赤ちゃんの寝かしつけにストレスを抱えるママも多いようです。また、赤ちゃんの夜泣きに頭を悩ませているママもいますよね。

ママのストレスは赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんの脳の発達や情緒の安定に影響を与えることが様々な研究でわかっています。ママの睡眠不足はママにとっても赤ちゃんにとってもよくないので、しっかり睡眠が取れるように工夫したいところですよね。

一人でも寝られるようになると、ママは十分な睡眠時間を確保することができるようになるので、寝不足からくるストレスも軽減するでしょう。

自立心を育むことができる

赤ちゃんを一人で寝かせてもよいの?と疑問に思うママもいますよね。ですが、アメリカやフランスなどの海外では、赤ちゃんに一人部屋を与えて、そこで一人で寝かせることが当たり前のようです。

これは赤ちゃん自身のプライベートを尊重するという考えからきており、一人で寝る習慣は自立心を育むためにも大切なことといわれています。自立心を育むためと思って、少しずつセルフねんねできるように練習していけるとよいですね。

また、赤ちゃんとママ、パパでは生活リズムが違いますよね。そのため、ママとパパの寝室と赤ちゃんの寝室を同じにすると、生活習慣が乱れやすいともいわれています。ママパパの寝室と赤ちゃんの寝室を分けた方が、赤ちゃんの生活リズムも整いやすくなりますよ。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

赤ちゃんが寝るのに最適なおもちゃ三つ

赤ちゃんが口に入れても安心な猫のおもちゃ

小さな赤ちゃんは、暗く静かなところで眠ることが不安だと思うことがあるようです。眠ること自体が苦手な子も多いでしょう。

ママは一生懸命いろいろな方法であやしますが、あまりやりすぎると、長時間相手をしないと寝ないようになってしまうかもしれません。そこで眠ることが楽しいと思えるように、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを枕元に用意してみましょう。

たとえば、オーガニックコットンでできた猫のガラガラはいかがでしょうか。ドーナツ型で赤ちゃんが握りやすく、口に入れても安心な素材なので、握ったりくわえたりできて赤ちゃんが安心してくれますよ。

音色もやさしい鈴の音で、手洗いすることができます。まだ握ることができない新生児には手首などにつけられるものもありますよ。

可愛い映像を見ながら寝られるおもちゃ

まだ遊びたくて布団に入るのを嫌がったり、暗い寝室が苦手だったりする赤ちゃんには、暗くした部屋の天井や壁に可愛い映像が映し出されるおもちゃがよいかもしれません。

このようなおもちゃは寝かしつけ用に作られているものが多いので、最初は楽しくてキャッキャと喜んでいても、やさしい音楽や映像に、だんだんと眠りにおちてゆく場合が多いです。

0歳児から年長児くらいまで長く楽しめるのも嬉しいですね。映像や音楽が流れる本体とともに、動物や電車、ディズニー、アンパンマン、機関車トーマスなど子どもの好きなキャラクター映像のディスクが豊富なので、年齢や興味に合わせて選べます。

海の音色などもあるので、ママも癒されて赤ちゃんと一緒に眠ってしまうかもしれませんね。

ふわふわな抱き心地が魅力な羊のぬいぐるみ

お気に入りのタオルやぬいぐるみで眠れる子もいますよね。この羊のぬいぐるみは、ふわふわな触り心地で赤ちゃんのお気に入りになるかもしれません。

内部にサウンドユニットが入れられて、ママの心音、穏やかな春の雨音、波音、鯨の鳴き声の4種類の音を選んで流せます。これらの音は、赤ちゃんを落ち着かせ眠りを誘うように考えられているそうですよ。

オンオフスイッチとボリュームコントロールがついているので赤ちゃんの様子を見ながら音の調整ができますし、23分、45分と2種類のタイマーつきで便利です。

ぬいぐるみの後ろのストラップをベビーベッドの柵に付けて固定すれば、赤ちゃんに覆いかぶさりにくく安全に使えます。ママの心音を覚えている低月齢の子に効果的かもしれませんね。
41 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND