就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティママに必須のアプリ!賢く使って妊娠期を乗り切ろう

マタニティママに必須のアプリ!賢く使って妊娠期を乗り切ろう

マタニティ期は不安や悩みをたくさん抱える時期ですが、どのように過ごしているでしょうか。「誰かに相談したい」、「体調管理はしっかりやりたい」などのニーズを満たし、快適なマタニティ期をサポートしてくれるスマホのアプリをご存知でしょうか。ここでは、マタニティ期に使える便利なアプリをいくつかご紹介します。

赤ちゃんの状態などが分かる成長系アプリ

医師監修でママをサポートする「妊婦手帳」

「妊婦手帳」は、産婦人科医や専門家が監修した情報が分かりやすく書かれていて、妊娠中の胎児の様子が分かったり、ママの体調を管理したりすることができる便利なアプリです。

たとえば、毎日の体重や気分などのデータを記録できますので、「便秘が続いていたな」「1週間前から脚がむくんでいるけど大丈夫かな」など、ママ自身が気づくことができます。自分の体のことでも、意外に忘れてしまうこともありますので、記録しておくと安心です。

ほかにも、胎児の成長が分かるコラムや、「妊娠中に運転しても大丈夫かな」「妊娠中だけど歯の治療はできるのかな」などの妊娠中に気になる疑問、管理栄養士考案の妊婦向けおすすめ料理レシピなども配信設定することができます。

出産までの日数や週数が分かる「二ナル」

「二ナル」は、はじめに出産予定日を登録すると、今日が妊娠何週目なのか、予定日まで何日あるのかなどを、いつでも確認できます。

妊娠の週数に合わせて、妊娠中のトラブルや妊娠中の食事などの気になることを、カテゴリから探すこともできるので知りたかった情報を見つけるのが簡単です。

出産予定日通りに出産できるママはわずかで、早まったり予定日を過ぎてもなかなか生まれなかったりと不安に過ごすことも多いでしょう。

「二ナル」を利用すれば、臨月のときの過ごし方や、入院準備に必要な持ち物リストなどを確認できたり、時期に合わせたで胎児の様子やママの体の状態が毎日違うメッセージで届いたりします。出産までの心の準備ができ、不安な気持ちを軽くすることもできますよ。

毎日サポートがある「まいにちのたまひよ」

「まいにちのたまひよ」は、毎日見たくなるような赤ちゃんのかわいいイラストや、専門家監修の情報、妊娠に関する最新ニュース配信などで、妊娠生活をサポートしてくれます。

はじめに出産予定日を登録しておくと、妊娠の周期に合わせて胎児の様子や、ママの体調管理についてのアドバイスを毎日伝えてくれます。また、出産後も引き続き2カ月まで、育児のアドバイスやママへの励ましメッセージなどが毎日伝えられるので、出産直後の悩みも解消できるかもしれません。

ほかにも、妊娠に関する不安や悩みを医師専門家監修のQ&A形式で、よくある質問ごとにまとめられていたり、妊娠中に食べてよい食べ物、よくない食べ物などをチェックすることができます。

マタニティ中の生活を支えてくれるアプリ

パパと日記を共有できる「トツキトオカ」

「トツキトオカ」は、お腹の中にいる赤ちゃんの様子やママの体調を夫婦で共有しながら、妊娠記録、妊娠日記を夫婦でつくって楽しめるアプリです。

はじめに赤ちゃんの名前や出産予定日などを登録したあと、招待コードでパパとつなげば、パパとママがお互いに同じ画面を共有することができます。

「Diary」には、パパとママがそれぞれ日記と写真を記録できるようになっています。妊娠期間中に2人で過ごした思い出を記録したり、ママの体の変化や感じたことなどを記録したりしましょう。

赤ちゃんが生まれてくるということに、なかなか実感が湧かないパパも多いですが、ママの日記や体調などを共有することで、赤ちゃんが生まれてくる日に向けて心の準備ができますよ。

妊娠中のお金の疑問に「妊娠なうマネー」

妊娠中や出産には、どれぐらいのお金がかかるのか不安に思うこともありますよね。「妊娠なうマネー」は、妊娠や出産のタイミングでもらえるお金の情報がまとめられていますので、役立つ制度や手続きをチェックしてお金の負担を減らしましょう。

はじめに、専業主婦なのか、出産後退職するのか、出産後仕事復帰するのかなど、ママのタイプを選ぶと、もらえる金額をすぐに計算してくれるので、だいたいのイメージがしやすく安心です。

「妊娠中にやること」と「赤ちゃんが生まれたらやること」に分けて、やることがリスト形式で表示されています。また、申請場所や問い合わせ窓口、どういう手続きなのかについても詳しく書かれていますので、まったくなにも知らないママでもスムーズに手続きできますよ。

体重管理の相棒に「にんぷ体重ノート」

「にんぷ体重ノート」は、はじめに妊娠前の体重と身長を入力すると、BMI値と出産までの目標体重をチェックすることができます。

妊娠中は、お腹の中にいる赤ちゃんの分まで食べて栄養を摂ろうとしたり、つわりで食べ物の嗜好が変化して食生活が偏ったりで、気付けば妊娠中の適正体重をオーバーしてしまい焦るママも多いようです。

「にんぷ体重ノート」で毎日体重を記録すれば、10カ月ごと、1カ月ごと、1週間ごとの体重の変化をグラフで確認できますので、増えすぎるとすぐに気づくことができ体重管理しやすくなるでしょう。

また、最初に決まった「このぐらいまでなら太ってもよい」という目標体重が、常にグラフに表示されているのも、毎日体重を意識するきっかけになります。

不安が多いマタニティ期にぴったりのアプリ

プロに直接質問できる「ベビーカレンダー」

「ベビーカレンダー」は、離乳食あんしん基準にそった離乳食レシピや管理栄養士が監修した妊娠中の食事レシピ、専門医が監修した妊娠・出産・育児の「基礎知識」などを知ることができるアプリです。

さらに、妊娠中や育児中の悩みを、産師や管理栄養士などのプロに相談することもできますよ。たとえば、「妊娠初期で風邪をひいてしまいましたが大丈夫でしょうか」「子どもが哺乳瓶を嫌がってミルクを飲んでくれません」「生後10カ月の子どもにはどのぐらいの量の離乳食をあげればよいか」など、多くの悩みが寄せられています。悩みがあれば気軽に相談してください。

すべての記事が、産婦人科の先生や助産師、保健師、管理栄養士などの専門医監修付きで、安心の情報を得ることができます。

先輩ママが疑問に答えてくれる「ママリ」

「ママリ」は、ママや妊娠を考えている女性が、妊娠・出産・子育てや不妊などでの悩みを、匿名で相談できるアプリです。

「なかなか妊娠できない…先輩ママがどうやって妊活したのか知りたい」「臨月で出産が不安なんですが、里帰り出産にしましたか?」など、疑問があれば相談してみましょう。ほかのママたちの相談や回答も見ることができますので、自分で相談しなくても解決策や情報が見つかるかもしれません。

また、妊娠・出産だけでなく、子育てに便利なグッズや子育てにかかるお金、保険、妊娠中の仕事、家事のアイデア、おすすめのお出かけ場所などについても相談できますよ。おすすめ記事の紹介ページもありますので、読むだけでも楽しめます。

後期に入ったら「陣痛、胎動カウンター」

妊娠後期に入ったら、もうすぐ赤ちゃんに会えるという期待とともに、お腹の中にいる赤ちゃんが元気にしているか不安に思うこともあるでしょう。そんな不安を解消する手段の一つとして「陣痛、胎動カウンター」(iPhone対応)を利用してみはいかがでしょうか。

胎動は赤ちゃんの健康状態を知るための目安になりますので、自分でチェックできれば安心感がありますよ。また、臨月になり出産が近くなると陣痛がきますが、どのぐらいの間隔で陣痛がきてきるのかを陣痛カウンターを利用して計ると便利です。

ここで、iPhone/Android両方で利用できる、ほかの陣痛アプリもご紹介します。

・たまひよの胎動・陣痛カウンター
・胎動~陣痛時計
・妊娠・Sprout

まとめ

マタニティ期に利用すると便利なアプリをいくつかご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。妊娠中の日記や体重の変化などをノートに書くのは大変ですが、アプリなら簡単で毎日記録するのも楽しみになりますよ。

また、アプリを利用することで、妊娠中や出産の知識を増やしたり疑問を解決したりできます。ちょっとした体調の変化や周りの人たちの意見などで、すぐに不安になってしまうマタニティ期を、楽しく過ごすために役立つでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018