就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが退院するときの服装は?秋は気温差に気をつけて準備しよう

赤ちゃんが退院するときの服装は?秋は気温差に気をつけて準備しよう

暑い夏から寒い冬になる間の秋は日中と朝晩の気温差がありますから、服装をどうするか迷いますよね。温度調節ができない赤ちゃんの服装を決めるのは、さらに難しいでしょう。秋に生まれた赤ちゃんが退院するときに、適した服装ができるように服装選びのポイントをご紹介します。

秋生まれの赤ちゃんが退院するときの服装

基本の服装は肌着とカバーオール

9、10、11月生まれの赤ちゃんは秋生まれといわれますが、9月はまだ暑い日も多いですし、11月の後半はかなり寒くなっています。朝晩と日中でも気温差がありますから、退院する日と時間で気温がかなり違ってきますね。

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節機能が未熟ですから、自分で体温調節することができません。ママが気温に合わせてどのような服装にするか決めなくてはいけませんね。

病院の中は一定の室温にしていますし、自宅に戻っても室温を適温に調節するでしょう。そのため、赤ちゃんには肌着とカバーオールの服装がよいですね。

肌着は暑ければ半袖、寒ければ長袖と調節ができます。外が寒ければおくるみでくるむなどして調節しましょう。

記念写真を撮るならセレモニードレス

病院から退院するときに、赤ちゃんに着せる服として一番多いのがセレモニードレスでしょう。赤ちゃんが病院から自宅に帰ることを祝う気持ちを込めて着せているのですね。

退院する記念に撮る記念写真のために着せているママもいるかもしれません。その一方で、ほかに着る機会が少ないので、セレモニードレスを購入しない場合もあるようです。

セレモニードレスよりは着せる機会が多くなる白いカバーオールを着せることもあるようですよ。後々のことを重視しているのでしょうね。

セレモニードレスは退院するときだけでなく、お宮参りやお食い初めなどにも着せることができますよね。赤ちゃんがセレモニードレスを着た姿は本当に可愛いですよ。素敵な記念写真が撮れるでしょう。

急な気温変化にはおくるみがあると安心

秋は時間帯によっても気温が違いますし、日の当たり方でも寒さの感じ方が変わってきます。まだまだ暑く日差しが強い日には、薄手のおくるみを赤ちゃんの上にかけたら紫外線対策ができます。

反対に外に出て寒かったら厚手のおくるみをかけるとブランケットのように使えますし、赤ちゃんをくるんだら防寒着になりますね。おくるみ一枚でいろいろな使い方ができるのですね。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ体がしっかりとしていませんから、おくるみでくるんで抱っこしたら抱っこしやすくなります。赤ちゃんも全身を包まれると安心するでしょう。

秋は急な気温変化をすることもありますから、暑くても寒くても使い道のあるおくるみを一枚持っていくと安心ですね。

赤ちゃんの秋の服装は素材選びが大切

吸水性と保温性が高い素材を選ぼう

赤ちゃんの肌は乾燥しやすくとても敏感です。赤ちゃんの肌に直接身につける服は肌触りがよく、赤ちゃんの肌に優しいものがよいですね。ママが実際に触って心地よいものなら間違いないでしょう。

また、赤ちゃんの体温は高く、汗をかきやすいですよね。汗が吸収されないと汗で体が冷えたり、あせもができたりしますから、汗を吸収してくれる吸水性の高い素材がよいでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節も未熟ですから、服で温度調節をする必要があります。服を着て温かさを保つように保温性が高い素材であれば心地よく過ごせるでしょう。

赤ちゃんが気温差を不快に感じないように、吸水性と保温性が高い素材を選ぶとよいでしょう。秋の服装は素材選びが大切ですね。

重ね着しやすいコットン素材がおすすめ

赤ちゃんの肌は敏感ですから、肌触りがやさしく吸湿性や放湿性、通気性にすぐれているコットン素材がおすすめです。洗濯にも強いからうれしいですよね。

赤ちゃんの肌に直接着る肌着は、コットン素材にしておくと汗をかいても吸収してくれ、蒸れないでしょう。秋は一日の寒暖の差がありますから、重ね着をしておくと気温にあわせて脱ぎ着で調整できます。

重ね着は服と服の間に空気の層ができますから、保温性が高まります。寒くないようにと着せすぎるとあせもができるとか、汗が蒸発するときに体温を奪い、風邪をひく原因になるかもしれません。

調整しやすいように肌着とカバーオールを重ね着すると、肌着は汗取り、カバーオールは保温という違う役割を果たしてくれるでしょう。

暖かい素材の服も1~2枚あると便利

秋といっても11月になると冬を感じるほどの寒い日もあります。室内は暖かくしていても、外に出たら寒いという日もあるでしょう。

そのようなことも考慮して、暖かい素材の服も1~2枚用意しておくと便利です。赤ちゃんの体で冷やさない方がよいとされる、お腹と肩を暖かくしてくれるベストも重宝します。

肌着自体を保温性の高い素材でできたものにしてもよいですよね。その上にセレモニードレスを着て退院してもよいでしょう。

退院後1カ月間は母子ともに外出は控えないといけませんから、暖かい素材の服を着ないまま冬になることもあるかもしれません。しかし、買いにいくのも難しいでしょうから、出産する前に1~2枚用意しておくと便利ですね。

秋の寒暖差対策に!退院後の便利アイテム

こまめな体温調節に使えるベビーベスト

体温調節が未熟なまま生まれてくる赤ちゃんですから、こまめに体温調節ができる服があると便利です。袖のないベストは赤ちゃんの温めるべきところだけを温めてくれますし、素材によっては一年中利用することもできます。

ベスト型のセレモニードレスもありますから、退院のときが肌寒い日であれば、普段も使える白いカバーオールを着せてからセレモニーベストを着せてもよいですね。生まれたばかりの赤ちゃんはまだ体がやわらかく、服を着せるのも一苦労ですが、ベストは袖がない分脱ぎ着させやすいですよ。

前ホックでとめるベストは着せやすく、外出するときやお風呂上がりに湯冷めしないように着せる機会もありますから、ベストがあると便利ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC