就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの歌がうるさく感じる。大きな声で歌う原因と対応法

子どもの歌がうるさく感じる。大きな声で歌う原因と対応法

子どもの歌声が気になったことはありませんか?騒音問題で保育園が建てられないというニュースもありますし、実際に自分の子どもの声で困った経験のあるママもいることでしょう。また、大声の出し方によっては自閉症などの発達障害が心配になるママもいますよね。今回は子どもが大声で歌う原因と対処法を紹介します。

子どもの声がうるさくて困った事例

子どもの声が原因で建設が進まない保育園

保育園不足が社会問題になっていますが、保育園建設に反対するニュースも聞きますよね。建設を反対する理由の一つに、子どもの大きな声があります。

2014年の東京都の調査では、約7割の市区町村が子どもの声に対する苦情を受けたとのことです。また、2016年の朝日新聞の調査では、4月に開園予定だった保育園のうち、住民との問題による開園中止や延期が、15自治体で13園あったという結果も。

家を買う立場に立ってみると「閑静な住宅街」という言葉は心惹かれませんか?しかし子どもの声が騒音に聞こえる人にとって保育園の近所は「閑静」とはいえませんよね。

防音を考えた建設や園庭で遊ぶ時間の限定など、保育園側が配慮をしても、共存が難しいのが現実なのです。

子どもの歌声が耳障りに感じる音量

隣にある保育園の子どもの声を不快に感じる人もいれば、そうでない人もいますよね。ADHDとアスペルガー症候群の男の子のいる両親が経験したエピソードから、その理由の一つが分かります。

朝から上機嫌な息子が大声で歌っていました。音量は大きく音程はめちゃくちゃで、それは両親にとって不快なものでしかありません。しかし幼稚園に通う妹は「お兄ちゃんが笑っていてくれて嬉しい」といったのです。

両親は、機嫌がよくて心地よさそうに歌う息子と、それを見て喜んでいる娘がいることだけで十分幸せだと考えました。すると息子の声を不快に感じなくなったのです。

子どもの声が耳障りに聞こえるかどうかには、子どもに対するその人の考えが影響している場合もあるようです。

静かな場所でも気にせず大きな声で歌う

子どもは、病院や図書館などの静かな場所でも気にせず大きな声で歌うことがありますよね。

ママが「静かにして」といっても声が小さくならない子どももいることでしょう。静かになっても、再び大声で歌いだすこともありますよね。また、「やめなさい」と怒ったら不機嫌になって暴れてしまい、歌うよりも大騒ぎになって収拾がつかなくなってしまった経験を持つママもいるのではないでしょうか。

ママがきちんと子どもをしつけしても、すぐに結果が出るわけではありません。子育ては、1回注意すれば大丈夫という簡単なものではありませんよね。

しかし、ママが大声で歌う子どもを放置するのはよくありません。ママがきちんと対応しているかで周りの人の不快感も変わるのです。

子どもが大きな声で歌う原因は?

子どもは本来大きな声で歌うのが楽しい

子どもは、声を出すことや自分の声が耳に入ることを楽しんでいます。お風呂の中などで響く声や、カラオケのマイクを通したときのエコー、扇風機の羽にあたって震える声など、声が変化するのも大好きですよね。声を出したときの周囲の反応を楽しんでいる子もいます。

また、子どもは歌うことが大好きです。小さい頃からママと歌い、幼稚園や保育園に入ったらみんなで歌うようになります。

手拍子をしたり体を動かしたりしながら歌い、大きな声で歌えたら先生が褒めてくれますよね。そして褒められると子どもはもっと歌いたくなります。

歌が好きな人が、思いっきり声が出せるカラオケで気持ちよく歌うように、子どもも大きな声で歌うことが気持ちよいと感じているのです。

声の調整や言葉の発音が難しいため

声の調整や発音は、呼吸量の調整がうまくいかなかったり、口から呼吸器官に問題があったりすると難しいものです。上手に声を出すには、口や舌を思いどおり動かさなければなりません。

会話ができるようになっても、大きすぎたり小さすぎたりと声の調整ができていない場合は、専門家に相談してみましょう。

声の調整や発音がうまくできないと、話していることが周りの人に伝わりません。意味のない言葉は意味のある言葉より目立ってしまい、大きな声に思えることもあります。

また、自閉症や発達障害のある子は、静かにしなければならない状況を理解するのが難しいといわれています。静かにする場所で声をセーブできないと目立ってしまい、必要以上に大声に聞こえてしまうのです。

無意識に出る歌声はコミュニケーション手段

自閉症の子は、思ったことが言葉に出やすいようです。普通、その場で発言しないようなことを突然いうので、脈絡のないことをいっていると思われてしまいます。歌が大好きな子どもは、心から歌いたいと思ったときに歌うので、普通の人が歌わないシーンでは目立ってしまいますよね。

大きな声を出している人がいたら見てしまうのが普通の反応ですよね。自閉症の子はみんながおしゃべりしているのと同じ感覚で話しているのに、場にそぐわない大声を出すために周囲の人はびっくりしてしまいます。

中には、このように周りの人に見られるうちに、わざと大きな声を出して周囲の反応を楽しむことで、コミュニケーションを取っている子もいるようですよ。

うるさい声を上手にコントロールする方法

騒音問題がないフィンランドの保育園

寒いフィンランドの建物は、一般の家屋でも厚い壁と二重窓を使用しているので、防音効果も高くなっています。日本は寒さより暑さ対策が重要で二重窓の家が少ないため、音が聞こえやすいのです。

また、フィンランドの子どもは静かだといわれています。フィンランド人は「子どもはシャイでよい」といい、そこに住む日本人は「子どもに覇気がない」と感じるそうです。

フィンランドの親は、家で子どもが大声を出すと叱りますし、遊んでテンションが上がってくると「寝つきが悪くなる」と静かな遊びに切り替えます。保育士は、子どもが大声を出すと、近所への配慮ではなく自分が不快に感じて注意するのです。

日本で「子どもはうるさいもの」だという認識なのは、元気な子どもを育てている証拠なのです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC